お知らせ

2022/01/22新入荷!!!! Iron Bonhead LP便!!!


20220122-5.jpg
Infernal Curse - Apocalipsis LP (ブックレット付き/シルバービニール) 2400円
アルゼンチン Iron Bonhead Prod
二度の来日、さらにこの2016年2ndアルバムはObliteration Recordsから日本盤CDも出てるし、
みなさんチェック済みですよね?
日本盤CDのみならず、ギリシャ盤CDも在庫有るし、ここはやっぱりLPも揃えてコンプートしちゃえ!ということで入れてみました
Sarcofago、初期Sepultura直径の南米ウォーフェア・ノイズなんですが、音が似てるという意味ではなく、例えばFlame、Nifelheim、Goat Semen、Tormentor、Expulserあたりが好きならこれ絶対!
EPとかsplitとかプレス枚数の少ないのも出すし、バージョン違いのアルバムも出すし、リリース方法も非常に面白いやり方ですが、
やはり特にアナログは見かけたらゲッツするのが正解です
オススメ!
@Metal-Archives
Facebook
Infernal Curse - Apocalipsis by Iron Bonehead Productions

20220122-7.jpg
Abhor - Occulta ReligiO LP 2400円
イタリア Iron Bonhead Prod
2018年7thアルバム
このアルバムに至るまで1stから聴きなおしたので順番に行ってみましょう。
哀愁のメロディが炸裂する2001年の1st「I.gne N.atura R.enovatur I.ntegra」はSighのInfidel Artや葬式劇場をもっとそっち方面に押し進めたような感じ。
その感じを踏襲しつつこれはもう和なのでは?みたいな大胆なメロディをも取り入れた2nd「Vocat Spiritum Morti」。
3rd「Vehementia」はそういうメロディ部分は若干後退し演奏のタイトさが増したアルバム。
4thアルバム「In Nostrum Maleficium」はもうIn The nightside Eclipseとまでは言わないけど、キーボードは鳴りを潜めて、中々にノルウェーブラックメタルやフィンランドのプリミティブブラックに接近し度肝を抜きます。
5thアルバム「Ab Luna Lucenti, ab Noctua Protecti」は再びキーボードがグッと前に出てきますが、前作からの凶暴性もあってギリシャのバンドに接近、フィードバックしあってるのが伺えます。
鬼のようにシビーっすね。
2015年6thアルバム「Ritualia Stramonium」は、ジャケットがすでに内容の良さを保証していますが、路線としては5thアルバムの延長上にあるものです。
キーボードを使ったギリシャのブラックメタル、そして同郷のMortuary Drapeなどに強く影響されたリチュアリスティックなブラックメタルですが、それだけでは片付けられないハイクオリティな世界観!
そしてこの2018年7thアルバム「Occulta Religio」となりますが、前作も音楽的な高みはかなり凄かったんですが、ここまで来るとため息が出るというか、1stとかから比べると演奏もそうですが総合力がものすごいです!
録音とかプロデュースという部分がさすがベテラン、わかっていらっしゃる!
6thアルバムのさらに上へ、上へですね。
前作からなんとなくボーカルがAttilaを思わせるような表現力なんですが、こーれは凄いですわっ!

@Metal-Archives
Facebook
Abhor - Occulta religiO by Iron Bonehead Productions

20220122-6.jpg
Embrace Of Thorns - Scorn Aesthetics LP 2500円
ギリシャ Iron Bonhead Prod
見開きWジャケット
2018年5thアルバム

このバンドは2004年のデモの頃から入荷してたんですが、デモはちょっと置いといて、
今回、改めて1stアルバムから聴いて整理してみましょう!

2007年の1stアルバム「...for I See Death in Their Eyes…」は、あーそういえばKill Yourself ProdのCDとか入荷してたな〜
途中NWN!がリリースするようになってちょっとそっちのイメージ強いですけどね
私は割とウォーブラック的な捉え方してたんですが、今聴くとかなりレイジングなアンダーグラウンド暗黒デスメタルですね。
ただこの黒さはブラックメタルを通過しないと、もっと違うデスメタルになっていたでしょうね

2009年2ndアルバム「Atonement Ritual」は1stから続けて聴くと、重心がグッと下がったのがわかりやすいです。
スタイルは1stと同じでも体幹がしっかりしているのがわかります。
それはテンポが下がってもブレないですしね。
ジャケットも内容もさすがにNWN!から出るだけはある内容です。
かなり名盤ですね。文句のつけようがありません。

2011年3rdアルバム「Praying for Absolution」はボーカルがより低音化して、テンポダウンするところはより顕著にテンポダウンしますが、
これが鋼のような硬質さで、これは勝手な想像だけど2nd〜3rdアルバムの時期に行われ、Embrace of Thornsも参加したのがあのNuclear War Now! festだったわけです。
そこら辺がかなり刺激になったのでは?と想像させる内容ですね。

2014年4thアルバム「Darkness Impenetrable」もNWN!のフルサポートでリリースされたわけですが、
これはギターが変わったということもあるかもしれないけど、前作の低音、暗く深い地獄感からより奥行き感に変わったとでもいうのでしょうか?
前作がフルスロットル全開だったのが、今作はベテランの存在感的なものが凄いです。
シンプルなのに誰にも真似出来ない領域に達していて、1stなどと比べると10年もたたないでここまで進化するのか!?と驚愕します。
しかし1stのレイジング感がここに来て再び前に出てきています。

さぁそしてこの2018年5thアルバム「Scorn Aesthetics」となります
リリースがIron Boneheadとなり、ジャケットの感じもちょっと変わりました
急転直下の出だしで完全ノックアウト!なんですが、このバンドもやはり他の油の乗り切ったバンドと同様、
ここまで来るとバンドの実力もすごいんですが、録音やプロデュースというサポートやエッセンスが入ると旨味成分が全部溶け出してとんでもないことになっておりまっす!
おい、このドラム!おい、ドラム!最高かっ!
あー、このドラムは2015年からのメンバーなのか!
お父さん、これ聴いた方がいいっすわ!
いやー、凄い!
@Metal-Archives
Facebook
Scorn Aesthetics by Embrace of Thorns

20220122-8.jpg
Pentacrostic - The Pain Tears + Demos 2枚組LP(ポスター付き/黒盤) 3500円
ブラジル Iron Bonhead Prod
確か前にCDも入荷してた南米ブラジルの90’sドゥームデスバンドで、92年の1stアルバムとデモを収録した2枚組LPバージョンです
ドゥームデスと言っても、ドゥームメタルとデスメタルをくっつけたわけではなく、これはRotting Christに代表されるようなギリシャのバンドの影響によるものですよね
だってCathedralの1stだって91年なんだから、世界的にドゥームメタルバンドがどんどん出てきたのはもっと後だし、さらにストーナーじゃなくてデスメタルと直接結びついたのはさらにもうちょい後だしね
しかし、今だからこれはドゥームデスとカテゴライズされるけど、デスメタルがグロウルとブラストというステレオタイプ化されるまでは、本当に多様な音楽性を内包していたんだから、当時はおそらくこういうデスメタルとして演ってたんだろうし、扱われていたでしょう
Hellion RecのオリジナルLPは日本では探すのちょっと大変だから、とりあえずこの2枚組で溜飲を下げておきましょう!
ジャケも内容も最高っ!
@Metal-Archives
The Pain Tears by Pentacrostic

20220122-1.jpg
Moonblood - Moonblood 2枚組LP 3800円
ドイツ Iron Bonhead Prod
94年の4月から6月にかけて録音されたものをまとめたもので、94年当時限定166本でリリースされた「Moonblood」(self-title)のオフィシャル2枚組LP化!
@Metal-Archives

20220122-2.jpg
Moonblood - Worshippers of the Grim Sepulchral Moon 2枚組LP 3800円
ドイツ Iron Bonhead Prod
97年の5月から12月にかけて録音されたものをまとめたもので、Rehearsal 11としても知られる音源、Worshippers of the Grim Sepulchral Moonのオフィシャル2枚組LP化!
@Metal-Archives

20220122-3.jpg
Moonblood - Domains of Hell 2枚組LP 3800円
ドイツ Iron Bonhead Prod
Rehearsal 12としても知られる98年のDomains of Hellのオフィシャル2枚組LP化!

20220122-4.jpg
Moonblood - The Evil Rules 2枚組LP 3800円
ドイツ Iron Bonhead Prod
Rehearsal 2としても知られる94年The Evil Rulesのオフィシャル2枚組LP化!

ウェブストア
2022/01/21新入荷!!!! Unpure Records便 from ポーランド!極悪!極悪!!極悪!!!
20220121-1.jpg
Burning Winds - Return to Hell CD 1600円
アメリカ Unpure Records
今回のUnpure Records便のこれが大メインクライマックスっ!!
もー全部最高っ!!しかしリリースを全然追いきれていないんですよ(涙)
デモとかオリジナルで欲しいなぁ〜!
この編集盤は約72分も収録している親切盤です
このバンドのリリースはどれも流通をかなり絞っているので、未聴の方もいるかもしれませんが、
Beherit、Havohej、Profanatica、Goatvomit、Sadogoat/Sadomator、Blasphemy、Impurity、Mystifier、Abhorあたりを臓物と一緒に煮込んで腐らせたような強烈なやつでっす!
おそらく今年の入荷オブ・ザ・イヤーの一つでしょう!
極悪!極悪!!極悪!!!

Tracks 1-10 "Altar of the Goat" / "Blessed By Hell" Demo's different mix recorded 2001
Tracks 11-12 Split with Nocturnal Evil recorded 2010
Track 13 "Return to Hell" 2001
Tracks 14-16 Split with Sloth, 2015
Tracks 17-20 "Kill, Destroy, Burn" Demo 2019
Tracks 21-24 3-way split with Misanthropy and Kerberos, 2003
Tracks 25-34 "Cease to Exist" LP only tracks 2005
Tracks 35-36 Demo #1 1999

@Metal-Archives

20220121-3.jpg
Gha'agsheblah - Demo(N) MCD 1300円
オーストリア Unpure Records
2020年1stデモ(3曲入り、約15分)のCD化バージョン
カルト臭のかなり強いブラックメタルで、プリミティヴかつアヴァンギャルドなスタイルで、
どうなんだろ、これに似てるバンドって有名なのであるのかな?
アヴァンギャルドっぽいのはあまりチェックしていないのでわかりませんが、もしかするとちょい大きめのレーベルから出てるそういうバンドがあるのかもしれません
録音がわざとなのかどうなのか、ちょっとデモっぽさを感じさせる録音で、これがこれからどうなっていくのか、
個人的にはもう最初っから2枚組のアルバムとかにチャレンジして欲しい世界観ですね
デモって僕らこんな感じですけど、どうでしょ?みたいな意味合いがあると思うんだけど、こういうのはむしろ聴く側が試されているような気がします
@Metal-Archives
Demo(N) by Gha’agsheblah

20220121-4.jpg
Corpsehammer - Sign of the Corpsehammer CD 1600円
スウェーデン/チリ Unpure Records
収録内容は:
Song 1-4 taken from "Sacrilegio"
Song 5-10 Taken from "Posesión"
Song 11-14 taken from “Perversión"
ってことなんだけど、上記は全部テープリリースだし、要するに最初のデモ3本をまとめたと言ってもいいのかな?
でもレコーディングはちゃんとしてるので、デモ3本と言い切っちゃうのもちょっと悪い気がします(笑)
楽曲は鋼鉄感の強いブラッケンド・メタル・オブ・デス!という感じのかなり硬派だけど、
好みが分かれるのはボーカルかもしれません
歌メロ、もうちょっとどうにかならんか?と思わせる一方、リフに引っ張られすぎでないかい?で、
これは強烈なカルト臭ですね
よく言うと近年のDarkthroneのような朗々とした表現方法というのかな?
あー、そういうと楽曲もそれに遠くないかも?速い部分はもっともっとベスチャルですけど。

@Metal-Archives
Facebook
Sign of the Corpsehammer by Corpsehammer

20220121-5.jpg
Morbid Sacrifice - Communion of the Unholy CD 1600円
イタリア Unpure Records
はい、来たっ!
こういうのが聴きたいんだろぅ?
ブラック/デスメタルとしか言いようがないし、バンドで例えると同じイタリアのDemonomancyなんだな、これが。
これって2020年の1stアルバムなんだけど、未チェックだったな〜
その前にデモが3本、このアルバムの後にsplit1枚、デモ1本を出してるんだけど、
このアルバム、凄いクオリティですね
今現在は未LP化、このCDも限定500か…..10年位して再発されてなかったら、うちから声かけるかもねという内容です
かなりオススメ!
@Metal-Archives
Facebook

20220121-8.jpg
Imperium - Hatred Incarnate CD 1600円
アメリカ Unpure Records
2021年の1stアルバムで、これ以前にも後にもリリースがありますが、恥ずかしながら未チェックでした
これが日本でも人気出そうな感触で、Revenge、Black Witcheryあたりが直接的な影響だと思いますが、
かなり冷徹で無慈悲な感触で、この病的なアートワークとこの内容は混ぜるな危険そのものでっす!
わかりやすいのはmetal-archivesのバンド写真でメンバーがSatanic Skinhead PropagandaのTシャツ着てることですかね
ここまで行ききっちゃうと、ウォーブラックというよりも、そっち系マニアの方にアピールしそうな気もします
モンのスゴイですよ、悪い子というより極悪人向け!
なんだかわかんないけど聴いてて、ゾクゾクするやつ!
@Metal-Archives
Facebook
Hatred Incarnate by Imperium

20220121-10.jpg
Genocidal Sodomy - Bestial Quintessence MCD 1300円
タイ Unpure Records
2020年のSavage Necromancyとのsplitが激かっこよかったので、どうしても手に入れたかったのがこの2018年のミニアルバム(4曲入り/12分)でっす!
出だしのドーン!一発で、おっさん思わず一人でため息出ましたよ(笑)
スゴイですわ、ゴイスーですわ!
3年前?4年前?なんでもっと話題にならないんだろ?まぁ大体、世間なんてセンス無いですからね(笑)
チェーンと五寸釘のフル武装で、そりゃ聴かずに死ねないっしょ?
Surrender of Divinity、Zygoatsisをやはり思い起こすけど、その関連メンバーはいません
Black Witcheryのカバーもやってるし、ウォーだベスチャルだ、南米だアジアだと言ってる方は完全必聴としか言いようがありません
Youtubeに2018年のライブ動画も有りますが、なるほどバンド全体としてもかーなりイイんだけど、ギターが非常にいい音してるんだな、これがっ!
@Metal-Archives
Facebook
Bestial Quintessence by GENOCIDAL SODOMY

20220121-6.jpg
Savage Necromancy - Savage Necromancy MCD 1300円
アメリカ Unpure Records
2020年のGenocidal Sodomyとのsplitが激かっこよかったSavage Necromancyの2019年ミニアルバム(6曲・15分)
おいおい、これも最初の出だしの音一発で、オヤジ、悶絶っ!!
バンド最初のリリースでこれなのか!?
スゴイな!
BlasphemyとかArchgoatとか大御所聴いて、スゴイとこ大体押さえたら当然、じゃあ新しいバンドでこういうのは無いのか?となるわけですが、
例えば大御所バンド関連のDeath WorshipとかBlasphamagoatachristとかがスゴイのはそりゃ当然と言えば当然で、
もう本当に新しいバンド、続く世代はどうなの?というと、こういういい若い衆がおりますよっ!
全体の極悪感もいいけど、ギターのドライブ感もこりゃたまんねーな!
ウォー/ベスチャルなダイハードさんたち、絶対チェックしてくだっさい!

@Metal-Archives
SAVAGE NECROMANCY by SAVAGE NECROMANCY

20220121-9.jpg
Savage Necromancy - Feathers Fall To Flames CD 1600円
アメリカ Unpure Records
2020年のGenocidal Sodomyとのsplitが激かっこよかったSavage Necromancyの2021年1stアルバム(10曲・27分)
2019年のミニアルバムも2020年のsplitも、おっさん、思わずため息のカッコ良さで、ハードルが上がりきっていましたが、
ご安心下さい!スゴイ仕上がりでっす!
ネタバレになるので詳細書きませんが、プロデュース力というかまとめ、全体の絵を描くことが出来ています
レコーディングも凄いので、思わずスタジオ名で検索してサイト見ました(笑)
音が悪い=かっこいい、では無いんですよね
クリアな音でもちゃんとバンドの意図と合ってて、力を100%引き出せてくれたら、それに越したことはないんですもん
わずかな差ですが、前2作よりも整合性が出てると思います
フルアルバムが出たばかりで次を期待するのはちょっと酷ですが、ここからどうなっていくんだろ?と期待せざるを得ませんね
あ、そうか、この整合感というかクリアな邪悪さは近年のArchgoatを感じさせますね!
凄い仕上がりでっす!
@Metal-Archives
FEATHERS FALL TO FLAMES by SAVAGE NECROMANCY

20220121-2.jpg
Goatscrote - We Shall Orgy Upon the Blood of Angels CD 1600円
カナダ Unpure Records
2020年1stアルバムで、これはまた無かったスタイルで、曲調はベスチャルな感触のブラックメタルで、バンド名にGoatが付いて確かに納得出来る下品さなんだけど、衝撃なのはこのスタイルなのにボーカルがピッチシフトボーカル(ですよね?)!
ゴートにガスマスクにミリタリーモチーフにと、皆さんの好きなとこ、ガッツリ押さえてるんだけど、問題はやはりこのボーカル。
よくわかんないんだけど、ザラッザラの邪悪声のメインボーカルとピッチシフトボーカルが二重になってる?
ピッチシフトのゴアグラインドとか全く守備範囲外なんだけど、こういう使い方はスゴイね!
聴く前に文字で言われたら、あ〜結構ですとなったかもしんないけど(笑)、これは非常に面白いし、かっこいいじゃないですか!
アルバム扱いだけど8曲24分とちょっとだけ短めなのは、やはりグラインドからの影響というか流れを感じさせるものがあります
腕に覚えのある方、ぜひチェレンジしてみてください!
@Metal-Archives
We Shall Orgy Upon the Blood of Angels by GoatScrote

20220121-7.jpg
Necrostuprum - Infernal CD 1600円
ポーランド/フィンランド Unpure Records
過去の3つ全てのリリースを収録した編集盤CDで、内容は:

"Aeons of Witching Madness (Demo 2009),
"Goetes" (Split with Satanic Torment, 2013),
"Voids of Belial" (Demo 2015).

ポーランドとフィンランドのギターレス2人バンドで、それぞれ、ああっ、あのバンドか〜という色々経歴有りですが、
これは中々、奇天烈で怪奇なドロドロしたやつで、パッと聴きはハードル高いかも?と思わせますが、
いや、これは口に入れてみると広がる美味!
フィンランドのミュージシャンってこういうことやると、ホントに凄いんですよね
意味のわからないベース、意味のわからないボーカル、なぜそれ以上やらないのか、おい、ドラム!
それは全て意図的ですね、確信犯ですよ、引き算ですよ
江戸川乱歩とか夢野久作と思い浮かべて、待て待て、それじゃあADKのバンドみたいなのか?と自問しましたが、
昭和っぽさが無いのでそういうわけでは無いですね
それからどうしてもと言われれば、ポルトガルのDefuntos(大好きです!)が思い浮かぶなぁ、ギターレスでベースがボインボイン言ってるとことかね
でもADKのバンド/リリースが好きという人にもチャレンジして欲しいなぁ
@Metal-Archives
2022/01/10新入荷!!!! Sex Messiah - Metal del Chivo CD
20220110-1.jpg
Sex Messiah - Metal del Chivo CD 2200円
日本 Sex Desire Records

(インフォメーションより)
Moenos-Guitar&Vocal, Abaddrums “SEXXX” Grinder-Drumsの2人体制で2020年に録音された新曲4曲、同体制にて2020年11月に行われたFareast Death Cultでのライブ音源5曲を収録!
Abaddrums “SEXXX” GrinderはRitual de Muerteというバンドやボリビアアンダーグラウンドメタルシーンに属する数々のバンドで活躍した人物で、2018年日本への移住とともにSEX MESSIAH加入となったモンスタードラマー。
Moenosのユニークなリフワーク、作曲センスが彼の南米スタイルのドラムと化学反応を起こし、オールドスクールでありながら完全に唯一無二のサウンドに進化!
新曲は全てAbaddrums “SEXXX” Grinderによるスペイン語詞!Goat SemenのボーカリストErick Neyraに"狂った魔女"と言わしめたMoenosのベスチャル&サヴェージな咆哮をより邪悪に昇華させている。
ライブ音源は新体制になってからの2回目のライブで、荒削りながらも怒りとパワーに満ちた内容となっている。
アートワークはIMMORTAL DEATH/Blood Church KommandoのHellstorm, レイアウトはex-SEX MESSIAH、disturdの072。
スタジオ録音のレコーディングは関西アンダーグラウンド随一のエンジニアであるLM Studioの須田一平氏、ライブ録音のマスタリングはdin-i-ilahiが担当。

まずスペイン語による半狂乱のボーカルに感銘を受けた。サヴェージなサウンドはMasacre, Blasphemia, Morbosidad, Beherit、Impurity, Sarcofagoの影響を感じる。ワグナー・アンチクライスト(Sarcofago)スタイルのMoenosのハイピッチボーカルは狂った魔女のように凶悪!セックス・メサイアの作品は以前のものもブルータルだが、今作は間違いなくセックス・メサイア最高傑作だ!
by Erick Neyra (Goat Semen)

@Metal-Archives
Facebook
2022/01/08新入荷&再入荷!!!! Archgoat CD, Teitanblood CD
20220108-2.jpg
Archgoat - Worship The Eternal Darkness CD (再入荷・通常盤) 1800円
フィンランド Debemur Morti Productions
Angelcuntやライブをカウントしないでスタジオフルアルバムで数えると5thアルバムとなる2021年最新アルバム!
@Metal-Archives
Facebook

20220108-3.jpg
Archgoat - Whore Of Bethlehem CD 1800円
フィンランド Debemur Morti Productions
2006年1stフルアルバム
@Metal-Archives
Facebook

20220108-1.jpg
Teitanblood - The Baneful Choir CD 1800円
スペイン Norma Evangelium Diaboli
2019年3rdアルバム
@Metal-Archives
Facebook
2022/01/07新入荷!!! Average Misanthropy/Dark Fog Eruption split CD-R
20220107.jpg

Average Misanthropy/Dark Fog Eruption split CD-R 1300円

日本/日本 Pale Sunrise Records
限定50枚
入荷枚数も限られているので、煽りません
お早めに!

Average Misanthropy@Metal-Archives
Dark Fog Eruption@Metal-Archives
2022/01/04新入荷!!! Thy Rites CD / Necrophile CD
20220104-2.jpg
Thy Rites - Necrolatria CD 1600円
ブラジル Satanath Records/The Ritual Productions/Vrykoblast Productions
2021年4thアルバム
@Metal-Archives
Facebook

20220104-1.jpg
Necrophile - From Obscurity CD 1600円
日本 Vrykoblast Productions
88年のThe Terminal Derangementデモ、89年のBeyond the Truthデモ、そして91年のAbhorerとのsplit LPの音源を収録した編集盤CD!
@Metal-Archives
Facebook
2022/01/03新入荷&再入荷!!!! Nuclear War Now! Prod
2021/12/24新入荷!!! Scorn (South Korea/Japan) - Pure Blood Metal テープ+ Sewerhermit - demo 2021 テープ
20211221-2.jpg
Scorn (South Korea/Japan) - Pure Blood Metal テープ 800円
日本/韓国 Signal Rex
Grizzly Fetish, Reek of the Unzen Gas Fumes, そしてThy Sepulchral Moonなどと一緒に四死帝国を形成するバンド、Scornの2021年1stデモです
少量入荷だし、すぐ売れちゃうだろうし、こういう方向性のバンドだから、細かく説明したくないし、煽りませんが、これは内容、最高に極悪っ!!
一瞬でも、おっ!?と思ったら押さえた方がいいですよ
バンドさんからの直卸しなので、今回はこの値段ですが、ポルトガルのレーベルから入荷したら絶対にこの値段では出せませんしね
限定100本リリースです
@Metal-Archives

20211221-1.jpg
Sewerhermit - demo 2021 テープ 800円
日本 War Vellum
2021年の1stデモで、本来はレーベルのWar Vellumのみでの取扱のようですが、バンドさんから極少数のみ卸していただきました!
時々言いますが、正直、日本のバンドのリリースや取り扱いは決して積極的では有りません
しかし、やはりこういうのはサンプルで聴いて、こちらこそお願いします!となりますよね
ギターレスのブラックドゥームという事なんですが、これが非常に面白くて、若い人にはどういうふうに聴こえるんだろ?
ブラックメタルファン、暗黒系ドゥームファンだけでなく、後期Deviated Instinct、Prophecy of Doom、Sin(split音源とデモとで編集盤、出ないかな〜)、さらにそこから私は通ってないのでわかりませんが、インダストリアルからノイズ系まで一網打尽にしてまいました!みたいな人にも聴いてほしい内容です
@Metal-Archives
2021/12/10新入荷!!! Orochi - Promo 2021 テープ
20211210.jpg
Orochi - Promo 2021 テープ 900円
日本 - (self release)
1stデモCDRもまだ在庫有りますが、これは最新作2021年のリハ音源(と言っていいかな?)のデモテープ
録音のせいもあって、前作よりもより太くロウな感触が全面に出てきています
Diocletianのカバーもやっていています
ステッカーとダウンロードコード付き
A4フライヤーが付きますので、レターパックor佐川急便での発送となります
@Metal-Archives
Facebook

1stデモCDRもまだ在庫アリ!
or∞chi - demo 2016 CD-R
2021/12/09新入荷!!!! The Meads of Asphodel、The Wolves of Avalon
20211209-3.jpg
The Meads of Asphodel - Sonderkommando CD 1600円
イギリス Godreah Records
オリジナルは2013年にCandlelightからリリースされた5thアルバムですが、これはメンバー自身のGodreah Records盤でジャケが変わっています
ん?オリジナルは12曲入り?
これはボーナストラックが2曲追加されてて14曲入り、なのですが収録時間が79分強、ほぼ80分収録という度が過ぎた親切盤で、
うちではイケましたがプレーヤーによっては再生どうでしょう?
数あるThe Meads of Asphodelのリリースの中でも日本で知名度が高いのはMayhemとのsplitと、このSonderkommandoでしょうか?
このアルバムは内容の良さも有りますが、なんといってもSighのMirai氏とAmebixのBaronが各1曲づつ参加しているのが大きいでしょう!
ペイガン方面に振れたエクスペリメンタルブラックと言っていいと思いますが、この複雑な展開や壮大な世界観はプログレというキーワードを出した方が伝わりやすいかも?
私も含めた一部の方はBaronの参加が気になりすぎると思いますので、ちょっとだけ整理すると、このアルバムの録音が2011年12月-2012年12月で、それをAmebixに当てはめてみるとSonic Massの発売が2011年なのです、はい。
ただ元々The Meads of AsphodelのボーカリストMetatronさんと、Sonic Mass期のBaronの声が似てるので、その曲を聴いてもそこまであー!Baronだ!とはならないかもしれません(笑)
ただAmebixのメンバーが他に参加しているというのもあんまり聞かないので、No God No Masterの人はこれもコレクションに差しておきたいですね
@Metal-Archives
Facebook

20211209-1.jpg
The Meads of Asphodel/ Rethro - Imperial East-West Onslaught CD 1600円
イギリス/中国 Godreah Records
先攻はThe Meads of Asphodel、これも深い!
全部聴いてるわけではないThe Meads of Asphodelだけど、聴いた中ではこれが一番好きかも?
かなり感覚的な感想ですけど
エクスペリメンタルでどこを掴んでいいかわからない部分もあるんだけど、これは比較的流れがいいんだと思うなぁ
中国のRethroは近年のバンドだけど、ボーカルのハーシュさとか、激しさとアトモスフェリックなバランスが90年代のブラックメタルのようにも聴こえます
これまた凄い組み合わせで、まぁレーベルというかThe Meads of Asphodelの懐の深さが際立ちます
The Meads of Asphodel@Metal-Archives
The Meads of Asphodel Facebook
Rethro@Metal-Archives

20211209-2.jpg
The Meads Asphodel/ Forefather - English Steel split CD 1600円
イギリス/イギリス Godreah Records
先攻は自らアングロサクソン・メタルを名乗るらしいForefatherから
Folearthのメンバー二人のバンドのようです
1999年から7枚もアルバムを出していますが、すいません、未チェックのバンドでした
一般的にざっくり言うとペイガンメタル/ヴァイキングメタルということでしょう
The Meads Asphodelは霧が立ち込めていますね!
しかし核を維持しながらのキテレツさは天下一品です、Desasterのカバーはわかりますが、The Saints、Sham69、そしてなんとCandi Statonのカバーまで完璧に調理してしまいます
このCandi Statonのカバーは女性ボーカルバージョンと、Metatron氏のデモバージョンも収録されていて、この対比もものすごく面白いです
Sham69のカバーはENTもカバーした曲ですが、何となく猥雑さというかそういう部分ではChaos UKのイギリス的センスを思い起こすし、
消化の見事さはThe Saintsのカバーでしょうか?
https://www.facebook.com/forefatherofficial/ The Meads of Asphodel@Metal-Archives
The Meads of Asphodel Facebook
@Metal-Archives
Facebook

20211209-5.jpg
The Wolves of Avalon - Boudicca's Last stand CD 1600円
イギリス Godreah Records
The Meads of Asphodelのボーカル他メンバーによるペイガンメタルバンド、The Wolves of Avalonの2014年2ndアルバム
ざっくり言うとペイガンメタルなんですが、正直日本人にはハードル高いですよね
マンドラやフィドル(も入ってますよね?)などを導入したやつで、これで笛がピロピロのやつだったらもう入荷させなかったけど、
そういうのじゃないし、これは色々別の楽しみ方があるはずだという自己暗示して入れてみました
アコースティック楽器によるペイガンパート以外は近代のペイガンメタル/ヘヴィロックなのですが、これがだからThe Wolves of Avalon→ Meads Asphodelという流れなんだから、やっぱり復活以降のAmebixとか、まぁちょっと違うけど比較という意味ではParadise Lostなんかとも対比させて聴いてみると面白いです
デカい音で聴きたい一枚です
Enslavedのカバーも収録!
@Metal-Archives
Facebook

20211209-4.jpg
The Wolves of Avalon - Across Corpses Grey CD 1600円
イギリス Godreah Records
The Meads of Asphodelのボーカル他メンバーによるペイガンメタルバンド、The Wolves of Avalonの2016年3rdアルバム
タイトルトラックが約30分の長尺トラックで、その他にNokturnal MortumとVenomのカバーを収録。
出だしは前作よりペイガン色強め?音もかなりキレイで、ちょっとさらにハードル上がってるのか?と思いましたが、
ギターがドーン!と入ってくると、見事!の一言で、完全にその世界に引き込まれます!
もうプレグレというかオペラというか、そっか叙事詩のような重厚な世界観が圧巻です
カバー曲の消化の仕方も好みはあると思いますが、完全にキレイな1本が決まっています!
@Metal-Archives
Facebook
2021/12/07新入荷!!!! Savage Deity、Bllizard他
20211207-2.jpg
20211207-1.jpg
Savage Deity - Decade of Savagery LP(ブルービニール) 2500円
Savage Deity - Decade of Savagery CD 1500円
タイ Inhuman Assault Productions
2021年3rdアルバム!
裏ジャケの配色がAltars of Madnessでおっさんはすでにビンビンのはずで、内容も今までよりもさらにMorbid Angelなのですが!
ちょっと指摘しておきたいのは、あのAltars of Madnessの前のめり感に対して、これはよりデスメタルの重心が下がった感触が全体を占めている点でしょう
ただ重心が下がっている、重い、というのはチューニングを下げてるとかそういう事でなく、あくまでテンポや間の取り方の問題です
つまりAltars of Madnessの方法論を核にして、バンド、そしてメンバーの持つバックグラウンドを一つの塊にした鬼のようにシビ〜アルバムに仕上がっています!
演奏、楽曲、録音も文句無し!
アジアン・デスメタルのスマッシュヒット的1枚だと思いまっす!
オススメ!!
@Metal-Archives
Facebook

20211207-4.jpg
Blizzard - Disengaged from Life CD 1600円
ハンガリー Death Trap Productions
1stアルバムから15年ぶりの2021年2ndアルバム!
1stアルバムもまだちょっとだけ在庫有りますが、1stからの進化というかバンドの充実ぶりは注目に値します!
改めて1stアルバムから聴いてみましたが、2006年の1stの段階でかなり出来上がってる感はあるんですよ
シンプルながらも単なるモノマネに終わらないセンス、世界観、中々の仕上がりだと思いますが、この最新作と比べると例えばスネアの音とか、唐突な展開とか指摘出来る隙というと怒られそうだけど、突っ込みポイントはありましたよね
ギターワークやボーカルなど、それをカバーしてもおつりがくるクオリティではありましたが。
さてこのニューアルバムですが、特に1stを覚えてる方は結構感動的です!
こ、こんなに凄くなるのか!ですよね
メロディックかつ攻撃的なブラックメタルで、ヨーロッパ、ノルウェー、スウェーデンなどのバンドにこういうのを求めてる方は多いでしょう!
もうほんとね、余計なことしなくてもいいんだよ、と。
オリジナリティとかそういうのはそういうバンドがやればいいわけで、シンプルなかっこいいブラックメタルが聴きたいという方、是非これを聴いてみてください!
Deathrash Armageddonのリリースでは、Mourning Forestが好きな方、ああいうのもっとないかな〜という場合は、これを強くオススメいたしまっす!
@Metal-Archives
Facebook

Malediction - Reductio ad Absurdum CD 1600円
ハンガリー Death Trap Productions
ハンガリー Blizzardのベーシスト在籍のデスメタルバンド、Maledictionの2009年1stアルバム
かなりブッチギリでレイジングなデスメタルだけど、ちょっとだけブルータルデスを感じさせる部分アリという感じかな?
ブルータルデスは苦手なんだけど、こういうのはレイジングな感触が上回ってるので、凄いなぁ!と思います
@Metal-Archives
Facebook
2021/11/18本日発売!! Doomslaughter CD / Black Grail Demo 2021
DA13-086.jpg

アーティスト:Doomslaughter (ドゥームスローター)
タイトル:Followers of the Unholy Cult + Anvil of Demonic Genocide
フォーマット:CD
レーベル:Deathrash Armageddon
カタログナンバー:DA13-086
バンド出身国:ベラルーシ
発売日:2021年11月18日(木)
定価:1500円(税別)
JAN : 4580518510582

ベラルーシのブラック・デスメタルバンド、ドゥームスローターの2012年発表のミニアルバム「フォロワーズ・オブ・ザ・アンホーリー・カルト」(初CD化)と、今まで未発表だった「アンヴィル・オブ・デモニック・ジェノサイド」(ブラスフェミー、サバトのカバー含む3曲入り)をカップリングした編集盤!


Doomslaughter@Metal-archives
https://www.metal-archives.com/bands/Doomslaughter/3540333867

試聴
https://deathrasharmageddon.bandcamp.com/album/followers-of-the-unholy-cult-anvil-of-demonic-genocide
https://www.youtube.com/watch?v=gNUNIfR90KE


BlackGrailTape.jpeg

アーティスト:Black Grail
タイトル:Demo 2021
フォーマット:カセットテープ
レーベル:Deathrash Armageddon
カタログナンバー:-
バンド出身国:チリ
発売日:2021年11月18日(木)
定価:800円(税別)
JAN :-

南米チリのオカルト・リチュアル・ブラックメタルバンド、Black Grailの2021年最新デモ!
アルバムやNuclear War Now!からリリースされたYsengrinとのsplitではアヴァンギャルドな印象さえあったその独自の音楽性は
ここに来てより明確に姿を表してきました
奇天烈な印象は僅かに影を潜め、よりザラ付いた感触や攻撃性はReencarnacionを彷彿させます!
当初バンド自身によって限定100枚のCDRとしてリリースされていましたが、日本盤はテープフォーマットで限定60本のみ!


Black Grail@Metal-Archives
https://www.metal-archives.com/bands/Black_Grail/3540265391


試聴
https://grialnegro.bandcamp.com/releases
2021/10/24新入荷!!! Dark Fog Eruption
20211024-1.jpg
Dark Fog Eruption - Cold Silver Moon and Phantasmagorias CD (Pro-CDR) 1200円
日本 (self release)
ジャパニーズ・アンダーグラウンド・ブラックメタルバンド、Dark Fog Eruptionの2019年1stアルバム
メロウなトレモロリフが吹き荒れるスタイルで、これでボーカルが例えばSatanic Warmasterみたいな感じだったら良くも悪くもそういうヨーロッパのバンドみたいになりますが、うめきを絞り出すようなボーカルワークがポイントになっていると思います
個人的にはCelestiaやMortifera、Mourning Forestあたりのフレンチ・ブラックメタル、そして日本の中でもフランスのバンドの影響が濃いバンドに近いものを感じます
楽曲、録音、アートワーク、中々隙がなく作り込んでいます!
Pro-CDRなんだと思いますが、こういう自主盤は一度逃すと少々厄介なので、こっち系好きはちゃんと押さえておきましょう!
@Metal-Archives


20211024-2.jpg
Dark Fog Eruption - 忘却と絢爛の幻想 CD 1500円
日本 (self release)
ジャパニーズ・アンダーグラウンド・ブラックメタルバンド、Dark Fog Eruptionの2021年2ndアルバム
基本的には1stのスタイルを踏襲しつつ、録音具合も試行錯誤でここに辿り着いたであろうことが想像出来ます
メロウなトレモロリフとうめきで歌い上げるスタイルですが、この2ndはメランコリックというかちょっと眩暈に似た感覚を覚えます
この2ndはプレスCDになっていますが、これもバンド自身による自主盤で、1stと一緒に差しておきたいところです
将来的に例えば海外から再発などがあったりした場合には、自主盤のオリジナル、という有り難み10倍になりますので。
フレンチ・ブラックメタル、日本のブラックメタルバンドの中でもフランスのバンドの影響が強いバンドなどが好きなら絶対オススメ!
@Metal-Archives
2021/10/16というわけで在庫アリ!Svartfell
先日のDrakkar CD大量入荷で個人的に一番楽しみにしていたのがSvartfellの新作だったのですが、
コピペミスで在庫の有る2ndアルバムをダブりで入荷させてしまいました(笑)
というわけで、在庫のあるSvartfell CD2種類を再度ご案内しておきます
内容はどちらも最高なので、未チェックの方、この機会にどうぞ!

実は同様のミスをVermyapre Kommandoでもやっていまして、2ndデモのCDを入れたつもりが、前にブートのCDが入荷してたから今回はパスでいっか、と思った1stデモのCDを入れてしまいました(笑)
ま、内容、最高なので、こんなん家になんぼあってもいいですからね〜というあれです

20211016-2.jpg
Svartfell - Apocryphe Apocalypse CD
フランス Hass Weg Prod
アルバムごとに違うレーベルから出てますが、今回はHass Wegからです。
ここはちゃんとしてるので、安心して入荷できました。
今作も前作あたりと基本的な路線は同じですが、もうちょっとファズ感の強い音になってます。
再生した途端、ほー!と声を上げそうになりましたが、やはりもうガシャガシャに暴力的な音で、やっぱりかっこいい仕上がりです。
このバンドに関しては、毎度同じ事書いてますが、Vermeth、HellraperのValhgarmの一人バンドでVermeth、Silexaster、初期Mayhemあたりを彷彿させるドシャっとノイジーなブラックメタルで、これは燃えまっす!
オススメ!
Metal-Archives

20211016-1.jpg
Svartfell - Day of the unholy massacre CD
フランス Drakkar Prod
2009年2ndアルバム!
この次のデモも素晴らしいのですが、このアルバムもイイんでっす!
Vermeth、HellraperのValhgarmの一人バンドですが、Vermeth、Silexasterあたりを彷彿させるドシャっとノイジーなブラックメタルで、
これは燃えまっす!
オススメ!
Metal-Archives
2021/10/11新入荷!!!! Drakkar prod便 最終回
3回に分けてアップしているDrakkar prod便の最終回です

20211011-8.jpg
Bomber - Black Ultra Anarchy デジパックCD 2000円
チリ Drakkar Prod
SabbatやAbigailとsplitを出していたし、Old Cemeteryの編集盤CDも入荷してたので、チェック済みの方も多いでしょう
splitを結構連発してきましたが、2021年1stアルバムが登場!
録音もバッチリで、あれ、こんなにちゃんとしてたかな?
ギターの刻みが思いのほか気持ち良くて、ドラムもしっかりしてるし、レコーディングもうまいです
Drakkarがリリースするのも頷けるほど内容いいですね!
スラッシュというイメージはそんなに無いかもしれませんけど、これは好きな音楽はスラッシュです!というような人にも試してほしい一枚です。
う〜ん、今後のリリースも俄然楽しみになりましたね!
@Metal-Archives

20211011-2.jpg
Celestia/Black Draugwath - split 666 CD 1600円
フランス/ロシア Drakkar Prod
98年リリースのsplitテープのCD化ですが、Celestiaは97年の1atデモを収録しています
このCelestiaのデモはかなりデモテープという感触のザラついた音で、後の高水準のアルバムからは想像出来ないRAWなやつです
90’ブラックメタルの初期衝動全開です
ロシアのBlack Draugwathはこのsplitの後、Blackdeathとなります
これはCelestiaのデモの後に聴いても、インパクト十分なロウブラックメタルで、シケシケのガシャガシャです
Black LegionsやMoonbloodあたりが好きなら絶対聴いてほしいですね!
Celestia@Metal-Archives
Black Draugwath@Metal-Archives

20211011-5.jpg
Genocide Kommando - Black metal supremacy CD 1600円
フランス/ポルトガル Darker Than Black
Celestia他のNoktuと、Corpus Christi他のKommander Horrendusによるユニットの唯一のリリースとなる2002年アルバム!
まぁ、Noktuさんのバンドでハズレは無いので、これもコレクションに加えときましょう
オリジナルは2002年のMoribund盤、これはDarker Than Blackからの再発盤です
CelestiaとかMortiferaとか抒情性が高いバンドが得意なNoktuさんですが、こういうスタイルも最高です
もっとアグレッシヴな、攻撃性の高いスタイルで、そこはKommander Horrendus氏の力が大きいのかな?
@Metal-Archives

20211011-4.jpg
Grand Belial’s Key - Kosherat CD 1600円
アメリカ Drakkar Prod
2005年3rdアルバム
ブラックメタルというよりエクストリームメタルとして物凄く高水準なアルバム、というのが印象です
メジャーみたいなのとは別物なので、そこはお間違えないように
音楽としてウルトラ渋いところをついています
かなりデスメタルの方法論に基づいたブラックメタルなんですが、そのブラックメタルの部分が別に誰の真似でも無いという感じかな?
このアルバムのリリース後、メンバーの死去により活動を停止、2009年にライブのために再結成とのことだけど、そこから音源出てないですしね
バンドとしてここまで音楽的に到達したということで、聴いてひれ伏すしかありませんね
内容、凄いです
@Metal-Archives

20211011-6.jpg
Graveland - Following the Voice of Blood デジパックCD 2000円
ポーランド Drakkar Prod
97年3rdアルバム!
これはデモから1st、2ndアルバムを経て、色んな意味でやりたいことが明確になったアルバムなんじゃないかと思っています
ジャケも最高、中身も最高!
大名盤!
@Metal-Archives

20211011-7.jpg
Graveland - In the Glare of Burning Churches デジパックCD 2000円
ポーランド Drakkar Prod
93年のデモですが、何度もCD化LP化が繰り返されているので、ほぼアルバム扱い状態で大名盤状態ですね
このタイトル、このジャケット、最初のSEから不穏なアルペジオ、ドカドカのドラムに強烈なイヴィルボーカル、出し抜けなキーボード、何度聴いても鳥肌が立ちますね!
オススススメ!!
@Metal-Archives

20211011-1.jpg
IRAE - Rites of unholy destruction CD 1600円
ポルトガル Tenebrd Music
2013年3rdアルバム
ポルトガルのthe Black Circleバンドの一つです
@Metal-Archives

20211011-3.jpg
Mortifera - Alhena's tears CD 1600円
フランス Apparitia Recordings
Tracks 1-4 taken from Complainte D'une Agonie Celeste MCD '2002.
Track 5 taken from Mortifera / Blackdeath split, recorded during Vastiia Tenebrd Mortifera studio session in 2003.
Tracks 6-8 taken from Mortifera / Be Persecuted. Tracks 6-7 were recorded in 2004, track 8 was recorded in 2009 during the Maledictiih album recording session.
Tracks 9-10 taken from Catacomb Mysteries CD, both from an old unreleased Mortifera' Reheasal demo (2001/2002).
@Metal-Archives
2021/10/10新入荷&再入荷!!!! The Black Legions (Les Légions Noires)
昨日はVlad Tepesをまとめてアップしましたが、今日はその他のBlack Legionsをまとめてどん!します
全部極悪!全部オススメ!
何か邪悪なのないかな〜?って方、どうぞ!


20211010-3.jpg
Dzlvarv - Dzlvarv CD 1600円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
バンド唯一のリリースとなる1996年のデモ音源
恥ずかしながら今回初めて聴きました
録音はいかにもBlack Legionsなんだけど、これは今聴くと近年で言うところの鬱系の匂いがしますね
リフワークや曲の持っていき方にそういう匂いがします
ボーカルがああいうのとは違いますけどね
これもBlack Legionsの奥底の狂気が垣間見れる一枚となっています
@Metal-Archives


20211010-4.jpg
Seviss - Et pleure le batard CD 1600円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
バンド唯一のリリースとなる1996年のデモ音源
恥ずかしながら今回初めて聴きました
モロBlack Legionsな感じだけど、ボーカルはちょっと病的なスタイルですね
しかしこれでもかっこいいなぁ!
これを誇張したような病的なスタイルとかはもう無理だけど、こういう天然モノは最高です
@Metal-Archives


20211010-5.jpg
Torgeist - Devoted to satan MCD 1400円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
1994年の1stデモ音源
もうBlack Legionsとしか言いようのないスタイルで、オカルティックでぶっきらぼう、オブスキュアでノイジーです
@Metal-Archives


20211010-6.jpg
Torgeist - Time of sabbath MCD 1400円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
1995年の2ndデモ音源
1stデモよりパワーアップしています!
ぶっきらぼうさよりもちょっとMoonbloodに近い感触が出てるかな?
いや、もうちょっとハーシュです
これはかなり内容凄いです!
Torgeistは1stと2nd(それぞれでも音源ですが)を並べてコレクションしましょう!
@Metal-Archives


20211010-7.jpg
Vermyapre Kommando - Vermyapre Kommando CD 1600円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
1995年1stデモ
中々な数が出てるBlack Legions関連は、そんなに隅々まで聴いているわけではないけど、その中で好きな音源の片手に確実に入るのがこのVermyapre Kommandoの1stデモですね
ドシャドシャのガシャガシャで、今改めて聴くとバシャバシャ具合がちょっとだけBeheritのAt the Devil’s Studioみたいな感触だったり、
思いのほかハードコア/パンクみたいなぶっきらぼうさが強いですね
フランスとかはあんまりな?みたいなノイズメタルや南米、東南アジア、言ってしまえばウォー・ベスチャル系ファンにも、
近年のDunkelheitがリリースしてるようなバシャバシャなノイズブラックとの比較でもかなり楽しめるのではないでしょうか?
ま、普通にこのままストレートで味わっても極上なんですけどね
最高です!極悪です!
@Metal-Archives


20211010-2.jpg
Mutiilation - Vampires of black imperial blood CD 1600円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
1995年1stアルバム!
基本中の基本、名盤中の名盤!なので、私如きの解説はいらないかと思いますが、Vlad Tepesと並ぶBlack Legionsの最も有名なバンドですね
Black Legionsと言ってもスタイルはそれぞれ微妙に違うわけですが、Mutiilationの武器はザラッザラの感触と同居する奇跡の抒情性だと思います
楽器の音色(ドラムとかね)や録音がBlack Legionsなので、有名どころを中心に聴いている人は驚いちゃうかもしれませんけど、
アンダーグラウンドものや南米とかを聴いてる人には全然大丈夫というか、こういうのが聴きたいですよね
スタイルとしてはDrowning The LightやSatanic Warmasterが近いですね
Black Legions入門としてもこの辺りから入るといいと思います
@Metal-Archives


20211010-1.jpg
Mutiilation - Remains of a ruined, dead, cursed soul CD 1600円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
1999年2ndアルバム
驚くのはやはりこの狂気的なボーカルですね
後の鬱系にも影響は大きかったのでは?と想像します
ギターワーク、楽曲に抒情性は完全に保たれていますが、アルペジオっぽい持っていき方、テンポの取り方、ボーカルの狂気、その後世界中に拡散されていくデプレッシヴブラックの兆しが見えます
こういうことを真似しようとしているバンドは世界中にいくらでもいますが、本家本元は流石に違います!
背筋が凍るほどの狂気と絶望感が充満しとります!
@Metal-Archives
2021/10/09新入荷!!! Vlad Tepes CDs from Drakkar Prod
20211009-1.jpg
Vlad Tepes - Winter CD 1600円
フランス Drakkar Prod
93年の1stデモのCD化!
The Black Legions (Les Légions Noires)
@Metal-Archives

20211009-7.jpg
Vlad Tepes - Celtic poetry CD 1600円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
94年4thデモのCD化!
@Metal-Archives

20211009-3.jpg
Vlad Tepes - The return of the unweeping CD 1600円
フランス Drakkar Prod
95年デモのCD化!
The Black Legions (Les Légions Noires)
@Metal-Archives

20211009-5.jpg
Vlad Tepes - Dans notre chute CD 1600円
フランス Drakkar Prod
95年デモのCD化!
The Black Legions (Les Légions Noires)
@Metal-Archives

20211009-6.jpg
Vlad Tepes - Into frosty madness CD 1600円
フランス Drakkar Prod
95年デモのCD化!
Bathoryのカバーもやってます
The Black Legions (Les Légions Noires)
@Metal-Archives

20211009-2.jpg
Vlad Tepes - Morte lune CD 1600円
フランス Drakkar Prod
96年デモのCD化!
The Black Legions (Les Légions Noires)
@Metal-Archives

20211009-4.jpg
Vlad Tepes - The drakksteim sessions 2CD 2000円
フランス Drakkar Prod
The Black Legions (Les Légions Noires)
えーとDrakkarの説明では未発表曲集ということなんですが、Discogsを参照するとTorgeistとのsplitの曲や、Black Legions Metalデモの曲が収録されていて、他に他のアーティストによるカバーが収録されてるのかな?
The Black Legionsの他のメンバーによるトラックだったり、日本のArkha SvaやInfernal Necromancyもクレジットされています
別々で集めたりするのはほぼ無理だし、これにしか入っていないのもあるようなので、やはりThe Black Legions系はある時に確実に手に入れてじっくり研究するしかありませんね
@Metal-Archives

20211009-8.jpg
Vlad Tepes/Belketre - March to the black holocaust CD 1600円
フランス Drakkar Prod
オリジナルはEmbassy ProdからリリースされたCDでした
これはDrakkarバージョンのCD、大名盤でっす!
The Black Legions (Les Légions Noires) の2バンドによるsplitアルバム!
@Metal-Archives
2021/10/08新入荷!!!! Godz ov War Productions
20211008-1.jpg
Black Ceremonial Kult - Crowned in Chaos CD 1600円
チリ Godz ov War Productions
一応ミニアルバム/EP扱いなんですかね?
イントロだ、アウトロだが入ってますが37分収録です
いやー、しかし今作も凄いっ!!
このバンドは何だろ、メンバーの中に録音技術とかマスタリングに詳しい人がいるのかな?
そういう部分での仕上げというか、プロデュース力が凄いですね
とにかくヘヴィで深いんですよね
空間系を非常にうまく使っていて、崩壊するギリギリの絶妙なところを狙い撃ちしています!
バスドラがペタペタしてたりするいわゆるオーバープロデュースとは別物です
フルアルバムがまだだし、例えばNuclear War Now!やそれ以上の大きなレーベルからリリースしていないので(Iron BoneheadからのLPがありましたが)、知名度的にはもう一歩でしょうか?
でも内容としてはNWN!とかそれ以上に大規模なレーベルから出してても全く不思議ではありません
Profound LoreとかInvictus Prodなどから出てもおかしくないと思うけど、本当はこういうのはあんまり有名になってほしくないかな(笑)
デカいレーベルだとうちは入りづらいですしね(笑)
ウォー/ベスチャル、デス/ブラックメタルファン、完全必聴のバンドですよ!
この作品もお見逃しなく!
*ゴールドCD仕様となっておりまっす!
@Metal-Archives
Facebook




20211008-2.jpg
Gnosis - Omens from the Dead Realm CD 1600円
アメリカ Godz ov War Productions
同名バンドが多いですが、これはアメリカ/フロリダのGnosis
2015年の1stアルバム「The Third-Eye Gate」はNuclear War Now!からのリリースでした
2nd経て、これは2021年3rdアルバムです
1stもかなり渋かっこよかったんですが、これもイイです!
かっこいいのはボーカルだけど、より方向性を確実なものにしてるのはドラム、というよりもうスネアですね
音とか打ち込む感触が一気にギリシャ方向に引っ張ってくれます!
ボーカルの声はNecros Christosに近くて、バックの演奏はVarathronやRotting Christなどのギリシャのバンドを思い起こします
あれ?Metal-archivesではLPバージョンがNWN!からになってるけど、それってまだ出てないですよね?
このバンドは確かにLPでも欲しいですわ!
ギリシャのバンド、その影響下のバンドって結構理解するのに時間かかったんだけど、こういうギリシャのバンドに影響を受けたバンドから遡ってイイすね!と思えるようになりました
Apochryphal Revelationとかと一緒にこういうスタイルも掘っていきましょう!
Gnosis - The Third Eye Gate CDはこちら

@Metal-Archives
Facebook

2021/10/08とりあえず再入荷分アップ!God of War Prod
おっと!
DrakkarからのCDどっちゃりもやらなやいけないのに、Godz of War便が届いてしまいました
とりあえずデータが残ってた再入荷分だけアップ&ウェブストアでは在庫復活しています
新入荷分はDrakkar便より前にやらなきゃダメかな、こりゃ

20210223-1.jpg
Bestial Warfare - Desecrating Goat Assault MCD 1400円
ドイツ Godz ov War Productions
2020年5曲入りミニアルバム
こういう名前でSicknessのこのアートワークですから、ビビビン!と反応する方も少なくないでしょう。
ドス黒いブラックデスメタルなんですが、鉄を舐めたような生臭い冷徹感が有り、東南アジアや南米のバンドとの比較は非常に面白いですね。
そうか、冷徹感で言うとRevengeに寄ってると言えるかもしれませんね。
でも問題の立て方、方法論が違います。こちらはもっとデスメタルを感じさせますよね。
バンド自身はBlack WitcheryやTeitanbloodの名前を出しているようです。
名前とジャケで反応した人は押さえたほうがいいと思いまっす!
Facebook
@Metal-Archives



20210223-6.jpg
Putrid - Antichrist Above CD 1600円
ペルー Godz ov War Productions
あら!ペルーPutridっていつの間にこんなにリリースしてたの!?ってくらいmetal-archives見て驚いています。
これは2020年2ndアルバムなんだけど、1stアルバムも未チェックだったし、他のリリースもかなり見逃してるなぁ
基本的にはAnal VomitやGoat Semenなどに通じる手数の多いリフやフィルインを多用したカオティックなペルヴィアン・ブラックデスラッシュで、
あとはImpietyとかにも共通するものが多いですよね。
Facebook
@Metal-Archives



20210223-7.jpg
Kommando Baphomet - Blood Gospels of Satanic Inquisition CD 1600円
ポルトガル Godz ov War Productions
2019年1stアルバム
二人組バンドという事で、かっこいいフォーマットの一つですね
Metal-archivesの近いバンドとしてArchgoat、Beherit、Blasphemyが挙げられると、こちらのハードルも上がりきっちゃいますよね(笑)
でもこれが本当のその3バンドのうまいミックスのように聴こえますね
ただそこまでのクオリティを期待するのはちょっとかわいそうで、正直いってそういうの専門の人にしか勧められませんね
それらの大御所バンドにない感触でいうと、ちょっとギシギシした部分もあるのでそういう部分を煮詰めていくと独自色が出てくるかもしれません。
2020年の2ndアルバムも同時入荷していますので、次はそっちを聴いてみましょう。
@Metal-Archives



Kommando Baphomet - Under the Deathsign CD 1600円
20210223-8.jpg
ポルトガル Godz ov War Productions
はい、2020年の2ndアルバムです
2019年の1stアルバムも同時入荷していますので、出来れば順を追っていきましょう。
ジャケットは2ndの方がいいですね。より音のスタイルに合っています。
ほほぅ〜、スローなリフからスタートしますか!重心、下げてきたのかっ!
1stとは見ている方角が全く別です。まず深いリバーブ、特にボーカル。そして重心の下がった演奏と楽曲。
1stが自分たちが好きなバンドのような音楽をやりたいと思ってやったとしたら、2ndは自分たちのやりたい音楽をやっています。
たった一年にこんなに違うかっ!
もう何々に似てるという次元ではなくなっています。
これだから面白いし、やめられないんですよね!
@Metal-Archives
2021/10/01新入荷!!!! Old Temple
20211001-2.jpg
Morbosidad - Muerte De Cristo En Golgota CD (Old Temple) 1600円
アメリカ Old Temple
2013年4thアルバム
CDとしては3回目で他のバージョンで持ってるかと思いますが、Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
将来的に再発が繰り返されると思いますが、このゴールドCD仕様は有り難みがあります
内容はもう説明入りませんよね?
基本中の基本、大名盤でっす!
@Metal-Archives
Facebook

20211001-3.jpg
Morbosidad - Cojete A Dios Por El Culo CD (Old Temple) 1600円
アメリカ Old Temple
2004年2ndアルバム
CDとしては4回目で他のバージョンで持ってるかと思いますが、Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
将来的に再発が繰り返されると思いますが、このゴールドCD仕様は有り難みがあります
内容はもう説明入りませんよね?
基本中の基本、大名盤でっす!
@Metal-Archives
Facebook

20211001-4.jpg
Impure Declaration / Nekus - Malevolence Evocations CD 1600円
ポーランド/ドイツ Old Temple
まずImpure Declarationは2019年のミニアルバム(まだ在庫有ります)のレビューでも言ったように、ヘソの下に来る重さを持ったドゥームデスで、
これは早くフルアルバムが聴きたいなぁ!
ミニアルバム、ミニアルバムと来てこのsplitですから、次はアルバムをお願いしたいですね
黒光りしてトグロを巻いたドゥームデスだけど、ギターワークにレイジングな感触が光ります!
Nekusは初めて聴くバンドだけど、これの前にBlood Harvestからミニアルバムが出てるんですね?
これもデロデロのドゥームデスで、こっちはレイジングな感触なく、拷問感と言いますか、Nekusだけで約20分、どこまで続くんだ!?という地獄感です
妄想だけど、こういうバンドはもう1stから金太郎飴みたいなアルバムを2枚組とかで出すと面白いんだけどなぁ
こういうロゴだし、アンダーグラウンド思考なんだろうけど、ロゴやジャケをもっとアートっぽくしたら一気に別次元に行ってもおかしくないと思います
かなりゴツいsplitに仕上がっておりまっす!
Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
Impure Declaration@Metal-Archives
Impure Declaration Facebook
Nekus@Metal-Archives
Nekus Facebook

20211001-6.jpg
Quo Vadis - Quo Vadis CD 1600円
ポーランド Old Temple
あー、これって2002年にもポーランドのレーベルからCD再発されてるんですね!
知らなかった〜!
2ndの解説にも書きましたが、昔、ポーランド人からForca Macabraのボーカルがこれ聴いてめっちゃ興奮してたから手に入れとけ!と言われたのが、最初かな
これ聴くとForca Macabraにも遠からずですよね
正直この再発は羨ましいな(笑)
メンバーがSodomのTシャツ着てますが、まぁSodom路線なのかな〜、でももっと東欧メタル臭が有ります
東欧メタルは独特の感触があるので、まだわかんないなぁという方もいるかと思いますが、このくらいのはやっぱりコレクションに加えて欲しいですね
世界各国の汚いメタルを聴くということは、間違いなくこれも入ってくるということです
基本&名盤!
Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
@Metal-Archives
Facebook

20211001-10.jpg
Quo Vadis - Politics CD (Old Temple) 1600円
ポーランド Old Temple
Huangquan Records盤も在庫あるのに、調子こいてOld temple盤まで入れてしまいました
汚くてロウなメタルを掘っていくと、今のようにブラックメタルとかブラックメタル以降のスラッシュ/デスの前は、ポーランドというとこのバンドの91年の1stアルバムをよくオススメされたものです。
私が1stをオススメされた時はポーランド人からForca Macabreのボーカルがこれ聴いてめちゃ興奮してたやつだから、手に入れとけ!という事で、
その時はじゃあトレードするかみたいな感じで入手した覚えがあります。
1stはForca Macabre云々をうなずけるロウかつムチャクチャなスラッシュ/デスメタルで、この手の基本アイテムという認識でしたが、恥ずかしながら2ndアルバム以降は未チェックでした。
あ、そうか、今調べてわかりました。この2ndは未LP化なんですね!多分だから未チェックだったのか〜!
基本的な路線は1stの延長線上にあって、1stが好きな人はこれもイイでしょう。
個人的にはRDPのCada Dia Mais Sujo e Agressivoあたりのスラッシュメタルを思い起こします。
Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
@Metal-Archives
Facebook

20211001-1.jpg
Holy Death - The Knight, Death And The Devil 2枚組CD 2000円
ポーランド Old Temple
2005年3rdアルバム
Polish Black Metal legendというレーベルの説明ですが、すいません、今まで未チェックでした
ディスク1は2005年バージョンのアルバム本編と他のバージョンに収録されていたインスト6曲、ディスク2はアルバム本編とカバー曲、インダストリアルミックスってややこしいなぁ(笑)
初めて聴いたんだけど、これ、凄いですね!
これの前のアルバムも聴いてみたいなぁ!
SamaelやVarathronの名前が挙げられていますが、確かにブラストでドーン!じゃなくて、ドロドロで邪悪、だけどだるいやつじゃなくてボーカルがかなり邪悪っ!
カバーはBathory、Hellias、Accept、TSA、そしてSabbatをやっています
やはりギリシャのバンドを上げて説明すべきなのかなぁ、ポーランド、東ヨーロッパという先入観かもしれませんが、チェコやもちろんポーランドの東欧メタルファンは完全必聴かと思います
尋常じゃなく独自の世界観です!鳥肌立ちますよ!
ジャケはChris Moyen!
Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
@Metal-Archives

20211001-7.jpg
Whipstriker / Hate Them All - Strike Of Hate CD 1600円
ブラジル/ポーランド Old Temple
どちらのバンドもオリジナル2曲+カバー2曲を収録していて、気になるカバー曲はWhipstrikerはKreatorとEntombed、Hate Them AllはInpaled NazareneとSkid Rawです
Whipstrikerもsplit連発で追いかけきれませんね(笑)
基本は最初から変わってませんが、Dischargeに寄ったりVenomに寄ったりしていて、別にどれでもいいからフックの効いた曲を聴きたいですよね
BathoryやWarfareあたりもネタ元にしてそうです
Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
Whipstriker@Metal-Archives
Whipstriker Facebook
Hate Them All@Metal-Archives
Hate Them All Facebook

20211001-8.jpg
Magnanimus(Magnanimvs) - Impure Ways Beyond Shadows CD 1600円
チリ Old Temple
2018年2ndアルバム
オリジナルCDはチリのRawforceから出てて、これはポーランドOld Temple盤
あー、そうなんだ!
Magnanimvsと言えば、Hades Archer他の超絶ドラマーさんだったんだけど、このアルバム前のsplitから新しいドラムが入ってるんですね
ただこれもテクニック的には負けず劣らずの超絶ドラマーです!
同じチリのDiabolical MessiahやUnaussprechlichen Kulten、Totten Korpsなどが好きなら絶対オススメなブッチギリにレイジングなデスメタルでっす!
Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
@Metal-Archives
Facebook

20211001-9.jpg
Throneum - Organic Death Temple MMXVI CD 1600円
ポーランド Old Temple
2016年8thアルバム!
オリジナルのCDはDeathgasmからでした
2000年代初頭はハードコアメタルファンを中心に日本でも大注目を浴びたバンドです
splitを連発するのでついていくのがなかなか大変ですが、特にフルアルバムは出来るだけ入荷させようと思ってますが、それでも追いつきません
ちょっと前に2020年のアルバムが入荷してて、それは結構鬱ブラックっぽくなってて驚きましたが、なるほどこの辺のアルバムが間に入ってるので、
その変化も頷けますね
決して鬱っぽいやつじゃないんだけど、やはり初期から比べると徐々にサウンド、特にボーカルスタイルが変化していっています
どちらかというと、もっとオブスキュアでヒステリックになったというのかな?
それでも演奏は十二分に暴力的なやつです
Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
@Metal-Archives
Facebook

20211001-11.jpg
Death's Cold Wind - Subyugador – In Goat We Trust CD 1600円
エクアドル Old Temple
Old Templeでエクアドル、ウォーブラックかな?と思ったらこれはガッツリかっこいいブルータルかつレイジングなデスメタル!
2014年の1stアルバムの再発盤と言っていいのかな?
正直に言ってしまうと決して専門分野のスタイルではないので、これでエクアドルじゃなかったらパスしてるかもね
こういうスタイルが好きな方、もしくはエクアドルと聞いて黙っていられない方、どうぞ!
内容、クオリティはかーなり高いでっす!
Old Temple、いつものゴールドCD仕様です
@Metal-Archives
Facebook
2021/09/24新入荷!!!! Pathogen!!
20210924.jpg
Pathogen - Ravages of the Tyrant MCD 1400円
フィリピン Bestial Invasion Records
やっとCD化!
だってそのうち絶対CD化すんじゃん….という読みだったので、テープバージョンは入荷させてませんでしたが、
これでササっとコレクションに加えておきましょう!
フィリピンのズルズルベッタリのデスメタルですが、これはSamaelやCentic Frostからの影響を強く感じさせるウルトラ渋いやつなんでっす!
フィリピンのバンドというのは個人的にちょっと思い入れがあるのですが、それ抜きにしてもこのバンドはイイですね!
1stアルバムからすでに複数バージョンリリースされたり、その後のリリースも世界中いろんな地域のレーベルからリリースされることからも実力は折り紙付きですね
Celtic Frostなんてそりゃみんな好きに決まってるんですが、そこをルーツの一つと仮定すると、じゃあPathogenとBucther ABCとの類似性や違いなどでゆっくり飲みながら語り合えますね
もしPathogen未チェックの方がいても、最初の方から聴くでも、最近のから遡って聴くでも、どっちでも楽しめると思います
オススメ!
@Metal-Archives
Facebook
2021/09/22新入荷&再入荷!!!! Dystopian Dogs+more!!
20210922-6.jpg
Cruthu - Arthu Crutha CD 1600円
アメリカ Dystopian Dogs
ミシガン・ドゥームメタル、Cruthuの2020年2ndアルバムです
1stはLPでまだ在庫有ります
1stアルバムのうちのレビューではPentagramを引き合いに出してましたが、この機会に聞き直して他店さんのコメントも見るとCandlemassの名前が上がってて、あれ、今聴くと本当にCandlemassのエピックな部分も大きいですね
でもやはり私はTroubleやPentagramなどのアメリカのバンドからの影響も感じるので、ヨーロッパのバンドとアメリカンドゥームの中間とでもいうのかな?
でもそのアメリカのドゥームバンドを感じる部分というのも結局、ブラックサバスのある部分だったりするので、その境目は非常に曖昧ですね
ただ言えるのはこれは単に何々みたいで終わるタイプじゃなくて、一つのバンド、一つの作品として非常に高水準です
まぁメンバーはThe SwillやDungeon Beastとか、他のバンドも多くやってるので、その実力は折り紙付きかと思います
ドゥームメタルって遅いやつでしょ?という普段ドゥーム系を聴かない人にもチャレンジしてほしいかな?
というのは歌が入ってる部分はダルダルの遅いやつじゃなくて、ちゃんと音楽的なんですよ
ズルズルベッタリはちゃんと必要なところでしか使っていません
かなり好内容でっす!
@Metal-Archives
Facebook

20210922-5.jpg
Sentinels - Trasciende CD 1600円
チリ Dystopian Dogs
1曲目のイントロ/インスト曲がめちゃカッコいいスピードメタルチューンで期待はマックス爆上がりですが、
これが本編もスゲー!
完全鋼鉄なリフと女性ボーカル、性急なリズムセクションの組み合わせで、これ、最高っ!!
カセットでのリリースだったのをDystopian DogsがCD化したようですが、これ、LPでも出してほしいなぁ!
女性ボーカルも見た目とか話題性だけじゃないですよ、ハイトーンの最後の最後までキッチリ伸びます&歪みます!
歌メロとかサビのフックの効き具合もこれぐらいがいいよね
これ以上メジャーっぽいと守備範囲外になっちゃうから
ああっっっ!!
聴いててちょっと鳥肌来るな!くらいやるんですが、ギターがMayhemicもやってる彼ですよ!
なるほどね!どうりでやると思ったよ〜!
これは内容、凄いな!
オススメ!
@Metal-Archives
Facebook

20210922-2.jpg
Isenblast - Unleashing the Demon Scourge MCD 1400円
アメリカ In Satan's Custody/Demon Breath
ミシガン・ブラックメタル、Isenblastの2014年4曲入り約20分のミニアルバム!
メンバーが色んなスタイルのバンドをやっていますが、このIsenblastはスラッシュのブルタリティをキープしたままベスチャルなブラックメタルにスピード違反で突入するんですが、どことなく北欧やドイツの同様のスタイルのバンドを感じさせます
これも好内容ですね
1stアルバムもCDとLPでまだ在庫有ります!
@Metal-Archives
Facebook

20210922-1.jpg
Isenblast - DEMO MMXVIII Eradicating the Great Cosmic Consciousness of Existence Demo 2018 MCD 1300円
アメリカ -
2018年の2曲入りデモがCD化、1stアルバムが2017年なので、アルバム後の音源を聴けるのは非常に興味深いです
さらに同時入荷のUnleashing the Demon Scourgeとはドラムが異なります
そんでこれが以前のスタイルを踏襲しつつ、本当に凶暴さが増してて、ちょっと感動的ですらある仕上がり!
ギターも凄いが、ボーカルも凄い!完全に振り切れています!
@Metal-Archives
Facebook

20210922-5.jpg
Ophicvs - Machine Gun Reaper CD 1600円
アメリカ Austenitized Records
2017年3rdアルバム
Venom、Sabbatからの影響をかなり強く感じさせるバンドですが、割とミドルテンポというかダラっとしてるというか、
こういうのを聴くとあれ?ジャーマンBlizardってどんなだっけ?と思って思わず聞き返してみました
なるほど、別に似てないけど、必ずしも遠からず
Blizardは演奏は目が据わってて、ボーカルが飲み過ぎという感じだったけど、このOphicvsは演奏もボーカルも飲み過ぎ感が有ります
metal-archivesのにてるバンドリストはMidnight、Venom、Abigailか〜
1-2枚しか聴いたことないけどMentorsなんかも近いですよね?
MentorsがMotorhead方向に振れたみたいなね
ちょっと上級者向けアイテムの気もしますが、ビビらずに手を出していきましょう!
@Metal-Archives
Facebook

20210922-4.jpg
Ophicvs - Steel Horned Gas Masked Metalhead CD 1600円
アメリカ Austenitized Records
2018年4thアルバム
3rdよりR&R的要素と同時にSabbat的ヘヴィメタル要素も強まっていますが、基本的な路線は変わらずにもっとクレイジーになっています!
Midnight、Abigail、Motorhead、Mentors、Venomをミックスしたような独自路線で、これ、ハマる人はドストライクだと思いますが、少数派でしょう(笑)
普段こういうの聴かない人もぜひチャレンジして腰砕けになってほしい一枚でっす!
むしろオススメ!
どーだっ!
@Metal-Archives
Facebook

20210922-7.jpg
Infectenator - Brainfuckers MCD 1200円
アメリカ Arcane Metal Arts
あれ、再入荷だけど前のデータが残ってませんでした
では改めてですが、ミシガン・メタルシーンの顔役が集まったバンドで、この音源だけ残して活動は停止しちゃったようです
Darkthroneのカバーもやっていますが、再生するとレコーディング自体は割といかにもデモという感じですが、
火の出るようなスタートダッシュがインパクトのある暴走スラッシュメタルです!
Bandcampのプロフィールでは自分たちでSadus, Hellwitch, Recalcitrance, Nasty SavageとCoronerという名前を出していますが、
これは見事に私の通っていないバンドばっかりなので、そうなのかわかりません(笑)
かなり性急なベスチャルスラッシュにハーシュな吐き捨てボーカルの組み合わせが非常にかっこいいやつです
@Metal-Archives

20210922-8.jpg
Xuthal - The Reclusive Dynasty テープ 900円
アメリカ Dystopian Dogs
5曲入り約22分で、これが最初で今の所唯一の音源となるようです
アメリカのバンドですが、ジャケから想像するようなプリミティヴ・ブラックメタルで、演奏もボーカルも楽曲もギシギシする緊張感が中々かなりスタイルです!
ヨーロッパ、またはフィンランドのバンドですって言われても信じちゃいそうな感じですね
トラディショナルやSauronあたりのスラッシュのイメージが強い現行ミシガンだけど、この手のスタイルとしてはミシガンのバンドの中でもちょっと群を抜いているのではないでしょうか?
ヨーロッパのブラックメタルを中心に聴いてる人も、これは完全要チェックでっす!
テープでのリリースというも大変よくわかっていらっしゃる!
デジタルは今の所、CDRのようなので、それならテープですよね
@Metal-Archives
2021/09/18新入荷!!! メキシコ便!!! Tenebrous Aberrations Prod
新入荷!!! メキシコ便!!! Tenebrous Aberrations Prod

20210918-2.jpg
20210918-3.jpg
Genocidal Sodomy / Savage Necromancy - Savage Genocide MCD 1500円
タイ/アメリカ Tenebrous Aberrations Prod
あー、これね、いわゆる8cmCDの周囲に透明盤で延長されてて普通のCDサイズになってるやつ(画像参照)
うちでもこれやりたいんだけど、今お願いしているプレス屋さんではやってないんだよなぁ
それはさておき、Savage Necromancyが3曲、Genocidal Sodomyが1曲、合計4曲の約10分収録
先攻Savage Necromancyはこれは皆さんドストライクでしょう!
ArchgoatやNocturnal Damnationに近いデロッとしたミドルをぶち込んでくるBlasphemyを源流とするウォー/ベスチャルブラックメタルでっす!
これ、ただ単にそういうスタイルというだけでなく、かーなりヤリますよ!
やってることはかなりシンプルですが、フレージングというか楽曲自体にキラリと光るものがあります
1stアルバムももう出てるようなので、ちょっとチェックしたいところですね
後攻は1曲だけのGenocidal Sodomy、あっ、こっちがタイか〜!
こ、これもやりますわ〜!
速くないテンポから始まったので、もしかしてこのまま?と思ったけど、ちゃんとベスチャルでバーバリックなやつで、しかもこれもアリます!
メンバーはいろんなバンドをやってるみたいだけど、SODivinityとかZygoatsis関連のメンバーはいないようで、私のわかるのはDark Mysteryかな
でもこれとはスタイルが違いますね
いやー、このかっこよさで1曲というのは殺生ですよ〜(笑)
ベスチャルブラック、ウォーブラックメタルファンはこの2バンド、今後完全要注目だと思います!
できればマイナーなところからsplitとか連発せずに、ちゃんとしたところからアルバム出して欲しい!
完全要チェックでっす!!
Genocidal Sodomy@Metal-Archives
Genocidal Sodomy Facebook
Savage Necromancy@Metal-Archives

20210918-6.jpg
Vomit - Desecrated Souls MCD 1500円
チリ Tenebrous Aberrations Prod
2017年のDesecrationデモと、同じく2017年のRegurgitated Soulsデモを収録した編集盤
ボーカルの感じとかちょっとAbigailを思い起こしましたが、全体的なスタイルはもっとドロッとしたブラック・デス/スラッシュで、
ぶっきらぼうというかいわゆるFuck You!アティチュード感が非常に強い音です
あーそうか、AbigailがVonのカバーやった感じではなく、逆にVonがAbigailのカバーをやってしまったような感じと言ったら乱暴かな?
思いっきりVonスタイルではないけど、共通するものは多いです
ただVonは単調すぎてあんまりという方も、これはもっと曲として成り立ってるので、ビビらずにチャレンジして欲しいところです
リリースも続いてるし、聴くと確かにこれはダイハード向けという感じも充満してるので、注目されるのも十分うなずけます
@Metal-Archives
Facebook

20210918-1.jpg
Cremation Pyre - Cremation Pyre スリップケース付きMCD 1600円
チリ Tenebrous Aberrations Prod
7曲入り約25分
おっと!これはEjecutorのドラムが参加するブラックメタルで、収録がどうなってるんだ、これ?
本編は多分新録音で、2018年のデモも収録してるんだけど、デモに収録のはずのSchizoのカバーは本編の方に含まれて記載されています
しかしまぁ毎回毎回言いますが、チリのブラックメタルシーンの充実ぶりは底無しか!?
まだこんなの出てくるかね、しかし!
ブラッケンドなデスメタルなんだけど、やはりこれはEjecutorが一番近いですよね
あとはチリChainsawとかですかね、ボーカルはAmmitにも近いかもね
まぁしかし、これも内容、素晴らしいです
これだからやめられませんね
チリのシーンもいろんなスタイルのバンドが登場していますが、こういうのはやはり例えばProselytismのリリースは手に入れたいというようなダイハードな方は絶対気に入ってくれる内容だと思います!
本編は録音、特にドラムが凄いね
フルアルバムを作ってくれー!!
@Metal-Archives

20210918-5.jpg
Astaroth (メキシコ) - Hailing in the Sign of Satan CD 1600円
メキシコ Tenebrous Aberrations Prod
同名バンドも多いのですが、これはメキシコのAstaroth
2015年にデモを出しているようですが、これは2019年1stアルバム
まぁこんな名前でこんなロゴやジャケだから、悪い子のみんなは当然アンテナに引っかかりますよね
さて内容を見ていきましょう
これは想像どーりベスチャルブラックメタルとしか言いようのないやつで、中南米やアジアのこういうの、いわゆるバンド名にゴートが付くと気になって寝られないという方、
これはバンド名にゴートが付いていませんがロゴがそうですしね、お気に召していただけると思います
録音も演奏もわずかに危ういのが、これまたドストライクじゃないでしょうか?
@Metal-Archives

20210918-4.jpg
Sadomortuary - Consecrated in Rot & Blasphemy CD 1600円
イタリア Tenebrous Aberrations Prod
2019年のSadomortuaryデモ、2020年のFestering Evil Worshipデモ、2020年のRehearsal Abominationsデモを収録した編集盤
初めて聴いたバンドですが、これがバンド名とかから想像するとーりのスタイルで、先入観無しで聴いたら完全に南米かタイあたりのベスチャルブラックメタルにしか思えません
まず最初のデモは音質も若干こもり気味だし、スタイルや楽曲はいいけど少々もっさいけど、これがいいという病的な人も少なくないでしょう
2020年以降のは基本的には同じなんだけど、レコーディングの具合とおそらく演奏自体も少しアップデートされてるかな?
重さを増していて、あーこれは切れ味じゃなくてこういう重さとか鈍さを押して行った方がいいよね、というやつです
違うスタイルだけど、例えばデスメタルってテクニカルとかブルータルとかオールドスクールとか色々有りますよね?
このSadomortuaryはベスチャルブラックメタルとかウォーブラックメタルの中でも、デスメタルでいうところのCianide的な位置付けと言いますか、
例えばDeath Worshipみたいなカミソリエッジスタイルとは真逆になりますね
今後できればsplitとか連発するんじゃなくて、単独作品をやってみて欲しいなぁと思います
@Metal-Archives
Facebook

20210918-7.jpg
Altar Of Blood / Vlad - Procesiones Obscuras 7インチ 1200円
メキシコ/ペルー Tenebrous Aberrations Prod
冷徹なデスメタルにベスチャルブラックメタルを足したようなAltar Of Bloodと、以前のデモではAnal Vomitなどのペルヴィアン・ベスチャルブラック直系の音を聴かせていたVladのsplit7インチ!
同時入荷のこのレーベルのリリースが気に入ったor気になる方は、絶対オススメな一枚!!
Altar Of Blood@Metal-Archives
Altar Of Blood Facebook
Vlad@Metal-Archives
Vlad Facebook

20210918-8.jpg
Rotting Grave / Leprophiliac - Profecias De Condenacion Y Carrona 7インチ 1200円
メキシコ/スペイン Tenebrous Aberrations Prod
デスメタル創世記からメキシコのバンドというのは決して外せないモノでしたが、このRotting Graveを聴くとやはりその思いを強く感じますね
いわゆるスウェディッシュデスの影響が濃いバンドですが、リフや演奏、ボーカル、全てがバリっとエッジが立ってるんですよ
これもフルアルバムで聴きたいなぁ!
こういうのは昔だったら薄い紙にインクだけ厚盛りのジャケットで出てたんだろうなぁと思っちゃいますね
Leprophiliacは二人バンドで、そのうち一人はDishammerやMachetazoのメンバーなんですね
こっちはもっともったりベッタリなスタイルで、楽曲や演奏はAutopsy、ボーカルはもっと時代が後のGoreなバンドの影響も表れていると言っていいでしょう
要するにデスメタルマニアは要チェックちゅーことでっす!
Rotting Grave@Metal-Archives
Rotting Grave Facebook
Leprophiliac@Metal-Archives
Leprophiliac Facebook
2021/09/16新入荷!!! ヨーロッパ便その4/最終回
ヨーロッパ便のアップはこれで4回目、最終回となります

20210916-1.jpg
20210916-2.jpg
Helgedom - Svartkonst MCD (Original 1st press/Mystery of Death Productions) (シールド)  2000円
スウェーデン Mystery of Death Productions
2010年デモのCDバージョン
このデモはテープとCDと同時にリリースされたようで、2016年にDarker Than BlackがCD再発していますが、
これはMystery of Death Productionsのオリジナル盤となります!
おーっと!これはメンバーがやってる他のバンドよりも一歩も二歩もハードなエッジを持つスタイルですね!
一般的な意味ではSvartritがファストでメロウでハードエッジに思うかもしれないけど、このバンドはBlack Legionsとかそういう意味でのハードなエッジです!
スタイルもドン底感はメンバーのやってるバンドの中でもピカイチ!
録音もモロにそういう音で、一般には理解不能でしょう
@Metal-Archives

20210916-3.jpg
20210916-4.jpg
Helgedom - Svartkonst MCD (Darker Than Black)  2000円
スウェーデン Darker Than Black
2010年デモのCDバージョン
オリジナルは2010年のMystery of Death Productions盤ですが、これは2016年にDarker Than Blackからの再発盤
おーっと!これはメンバーがやってる他のバンドよりも一歩も二歩もハードなエッジを持つスタイルですね!
一般的な意味ではSvartritがファストでメロウでハードエッジに思うかもしれないけど、このバンドはBlack Legionsとかそういう意味でのハードなエッジです!
スタイルもドン底感はメンバーのやってるバンドの中でもピカイチ!
録音もモロにそういう音で、一般には理解不能でしょう
@Metal-Archives

20210916-5.jpg
Hadanfard - Vederstyggelsens Uppvackelse Part I デジパックMCD  2000円
スウェーデン Blut & Eisen Productions/Ancient Records
バンド最初のリリースとなる2012年の5曲入りミニアルバム
これは同じメンバーのやっているGravとかなり共通する音楽性を持つバンドで、どう使い分けてるのかな?
歌詞とかそういう部分なのかな
ノイズでドーン、スピードでドーン、ブラストでドーンではなく、ディストーションかなり少なめでアトモスフェリックだけどやはり独特のペイガンというか土着のモノへの憧れが窺い知れます
これも深いよ
@Metal-Archives

20210916-6.jpg
Hadanfard - Vederstyggelsens Uppväckelse Part II デジパックMCD  2000円
スウェーデン Blut & Eisen Productions
2012年のVederstyggelsens Uppvackelse Part Iに続く2013年のPart IIがこれで、ミニアルバム扱いなんですが、
これが44分収録です
Part Iよりもわずかにディストーション成分は増してるけど、他のバンドに比べたらほかなり少ないスタイルです
これは冬というよりも秋の冷たい雨が降ってる暗い午後に聴きたい一枚、というかバンドですね
いつ聴いてる音源も何周もしちゃって、何か違うの無いかな?と棚をゴソゴソしたときに聴くとこれは効くでしょうね
こんなスタイルなのにぶっきらぼうなボーカルが極悪です!
@Metal-Archives

20210916-7.jpg
Acerbitas - Urtkaosets Svarta Vredesdom MCD  2000円
スウェーデン Mystery of Death Productions
今のところAcerbitasの唯一のリリースとなる2011年の7曲入りミニアルバム、ということですがこれが42分収録なんです
metal-archives見ると色々経緯のあるリリースのようです
今回入荷分は再発とはジャケットの違うオリジナル盤で、シールドはされていませんが、当然新品です
メンバーが多くやる他のバンドと比べると、グッとスピードと重心を落としたスタイルで、
ミュージシャンとしての幅の広さを見せつけます
これは「ながら」聴きじゃなくて、夜更けに一人でじっくり聴きたい仕上がりです
@Metal-Archives
2021/09/15新入荷!!! ヨーロッパ便その3
3回目はSvartrit CDです
こーれは凄いでっす!!

20210915-1.jpg
Svartrit - Svarthetens Rida デジパックミニCD (Darker than Black Records) 2000円
スウェーデン Darker than Black Records
オリジナルは2010年にMystery of DeathからリリースされたCDで、2004-2005の2本のデモテープを収録した編集盤とのことなんですが、そのデモ、一般流通したのでしょうか?
Metal-archivesにもDiscogsにも無く、この編集盤のテープ盤も2011になってからのようですが?
同時入荷のメンバーが他にもやってるバンドよりも録音にクセの無い、非常にシンプルですがハイクオリティな北欧メロディック・ブラックメタルです
デモ音源ですが、音質も全くデモテープという感じでは無く、全然普通のアルバムレベルです
Arckanumか、そうか、確かにそういったバンドに通じる部分も多いんですが、印象のせいかな?
こっちの方がわずかにアングラ臭が強い気もします
@Metal-Archives

20210915-2.jpg
Svartrit - Svarthetens Rida MCD (Original 1st press/Mystery of Death Productions) (シールド) 2000円
スウェーデン Darker than Black Records
2004-2005の2本のデモテープを収録した編集盤で、Darker Than Blackからの再発盤デジパックも同時入荷していますが、これは2010年のMystery of Death Productionsオリジナル盤で、シールドでの入荷!!
いいとこ入りましたね〜!
2004-2005の2本のデモテープを収録した編集盤とのことなんですが、そのデモ、一般流通したのでしょうか?
Metal-archivesにもDiscogsにも無く、この編集盤のテープ盤も2011になってからのようですが?
同時入荷のメンバーが他にもやってるバンドよりも録音にクセの無い、非常にシンプルですがハイクオリティな北欧メロディック・ブラックメタルです
デモ音源ですが、音質も全くデモテープという感じでは無く、全然普通のアルバムレベルです
Arckanumか、そうか、確かにそういったバンドに通じる部分も多いんですが、印象のせいかな?
こっちの方がわずかにアングラ臭が強い気もします
@Metal-Archives

20210915-3.jpg
Svartrit - I デジパックCD 2000円
スウェーデン Avantgarde Music
2010年1stアルバム(録音は2009年末)
Svarthetens Ridaを聴いてからこれを聴くと、Svarthetens Ridaに収録されているデモの方がまとまりがあるな?という印象です
こっちの方がカオス感が強いというのかな?
アルバムになってリフの手数、トレモロの複雑な絡み、スピードのコントロールが非常に多彩となっています
こういうの聴くとブラックメタル聴き始めを思い出すなぁ
Emperor、Burzum、Mayhem、Ulverとか聴いていくと、それぞれスタイルは違っても共通するのはこのバンドも同じで、
もっともっとそういうの聴きたい!と思って、新しいバンドに手を出してもシンフォニックだったり、アヴァンギャルドだったりで、こういうのじゃなくてもっとEmperorとBuzrumとDarkthoneのいいとこ取りみたいなのを聴きたかったですよね(笑)
メンバーは多くのバンドをやっているようだけど、このSvartritがメインバンドと言っていいのかな?
いやー、ちょっと圧巻の内容です
細かいカテゴリーは置いといて、ブラックメタル好きはチェックして欲しいバンドです
@Metal-Archives

20210915-4.jpg
Svartrit - II デジパックCD 2000円
スウェーデン Avantgarde Music
2010年2ndアルバム(録音は2009年末)
1stと同時期に録音されたようで、もうほぼ一緒と言ってしまえばそれまでですが、
出だしからケツまでいや、本当にすいません!とひれ伏すしかない仕上がりです
ウォーブラックも南米もいいけど、こういうのが聴きたい夜もあるじゃないですか?
メロディアスなギターワークと、ギシギシのファストパートの連打!連打!で、これは凄い!
メンバーは単に多彩という言葉だけでは表せない才能を感じますね
バンドも複数やって、アルバムもガンガン出して、しかも一気に3枚とか出すのに、一つ一つの楽曲がイチイチフックが効いてるんですよ
1stから3rdまではタイトルがI、II、IIIなので是非並べてコレクション&聴いて欲しい!
オススメ!
@Metal-Archives

20210915-5.jpg
Svartrit - III デジパックCD 2000円
スウェーデン Avantgarde Music
2010年3rdアルバム(録音は2010年初頭)
1stから3rdまでタイトルがI、II、IIIという3部作のラストがこれ!
イントロに続く1曲目頭から号泣!号泣!で邪悪!邪悪!連打!
プログレッシブとか、3枚のうち1枚がフォークアルバムとかそういうのではなく、門外漢には金太郎飴かもしれないけど、
我々にはどこを切ってもキラーチューン連発で、これは凄いですね!
順番に聞いていってこのIIIが何だかトータル感というか、〆感があるのは先入観ではないはず
絶対意図していますね
そしてその意図がもう炸裂!
1st、2ndであんなに打ちのめされたのに、この3rdで立ち直れないくらいの大メインクライマックでっす!
最後はどうなるのかネタバレは書きません!
3枚というかデモ音源のCDから続けて聴いて、ガッツリ感動しました!
オスススススメ!!
@Metal-Archives
2021/09/14新入荷!!! ヨーロッパ便その2
2回目はGrifteskymfningのCD 2タイトル+α、Grav CDです
再入荷はおそらく無いかな?と思います

20210914-3.jpg
Grifteskymfning - Demo 08 CD (Mystery of Death Productions) 2000円
スウェーデン Mystery of Death Productions
Grifteskymfningの最初のリリースとなるDemo 08なのですが、当時、おそらくテープとCDと両方でリリースされたということで良いんですかね?
で、これは1枚だけ入荷のMystery of Death Productions盤のオリジナルです!
早い者勝ちです!
同時入荷のDarker than Black Records盤デジパックは複数枚有ります
それでこれがデモと言っても5曲入り約44分で、しかも当時からCDでもリリースされているので、アルバムだけ押さえるというのはNGですね
あー、そうか、これは全曲インスト(ボーカル無し)なんですよ
なので、デモ扱いというか、まぁ実際デモなんでしょう
メンバーが非常に多彩で、他にも色々バンドをやっていて、それがイチイチ凄いんですが、このバンドは基本的なところは踏襲しつつも、
テンポを若干落としてるというか、アトモスフェリックな感触をちょっと前に出してると言いますかね?
こっち系をガッツリ追っかけいない私が聴くと、あぁこのバンドではDrowning The Lightとかと割と近い方向性なんだなと思います
まぁ正直、このバンドを1枚も持ってないけど、これだけ持っておくというのはオススメ出来ません
他のリリースと合わせて持っておくということの方が、より聞き応えがあるんじゃないでしょうか?
ということで1stアルバムのDjavulens Boning デジパックCDも同時入荷していますので、合わせてどうぞ!
@Metal-Archives

20210914-1.jpg
Grifteskymfning - Demo 08 デジパックCD (Darker than Black Records) 2000円
スウェーデン Darker than Black Records
Grifteskymfningの最初のリリースとなるDemo 08なのですが、当時、おそらくテープとCDと両方でリリースされたということで良いんですかね?
それでこれがデモと言っても5曲入り約44分で、しかも当時からCDでもリリースされているので、アルバムだけ押さえるというのはNGですね
あー、そうか、これは全曲インスト(ボーカル無し)なんですよ
なので、デモ扱いというか、まぁ実際デモなんでしょう
メンバーが非常に多彩で、他にも色々バンドをやっていて、それがイチイチ凄いんですが、このバンドは基本的なところは踏襲しつつも、
テンポを若干落としてるというか、アトモスフェリックな感触をちょっと前に出してると言いますかね?
こっち系をガッツリ追っかけいない私が聴くと、あぁこのバンドではDrowning The Lightとかと割と近い方向性なんだなと思います
まぁ正直、このバンドを1枚も持ってないけど、これだけ持っておくというのはオススメ出来ません
他のリリースと合わせて持っておくということの方が、より聞き応えがあるんじゃないでしょうか?
ということで1stアルバムのDjavulens Boning デジパックCDも同時入荷していますので、合わせてどうぞ!
@Metal-Archives

20210914-2.jpg
Grifteskymfning - Djavulens Boning デジパックCD 2000円
スウェーデン Darker than Black Records
これの前のDemo 08では音質のせいもあってDrowing The Lightの名前を出しましたが、この1stアルバムを聴くともうちょっと違うかな?
もうちょっとハイが出てて、スピードも出してきました
そうか、やはりこっちは北欧ブラックメタル感が有りますよね!
でも何だろうなぁ、この感じ、ちょっとあれだけど初期ポーランドのブラックメタルも思い起こす感じは、Darker than Blackからリリースということもあって、
あながち外れていないと思うんだけどなぁ
アトモスフェリックに傾く時もあるんだけど、ザラザラした部分はGravelandとかThalliumとかを思い浮かべたので、Hammer of Damnationのこの手のリリースが好きな人にもオススメ出来ると思います
@Metal-Archives

20210905-5.jpg
Grav - Dit Inget Ljus Kan Na デジパックMCD 1600円
スウェーデン Blut & Eisen Productions
2011年6曲入りミニアルバム
Blut & Eisenのリリースですが、ジャケットの背にはAncient Recの名前も入っています
当時、Ancient RecがLP盤でも出してたんですね?
これの後はほとんどがDarker than Black Recordsからのリリースとなります
メンバーがやる他のバンドと比べるとこのバンドはギターの歪み成分をグッと抑えた表現方法で、メンバーの他のバンドと比べるとこの引き算のアイディアは中々凄いですね
普通は足し算したくなりますから、ああいう要素を入れてみよう!とか
もちろんストレートなブラックメタルもかっこいいけど、個人的にこういうチャレンジ精神というか創造性みたいなものは非常にストライクです
トレモロリフのテンポの取り方が初期Burzumを思わせるんだけど、メンバーはどの程度意識しているのか….
非常に面白い一枚です!
@Metal-Archives
2021/09/13新入荷!!! ヨーロッパ便その1
ヨーロッパ便その1

このヨーロッパ便のアップはおそらく3〜4回に分けてとなります
まず1回目はKaos SacramentumのDarker than Black Records盤4タイトル
再入荷はおそらく無いかな?と思います

20210913-3.jpg
Kaos Sacramentum - Avgrundens konst デジパックCD 2000円
スウェーデン Darker than Black Records
2010年1stアルバム(録音は2008年末)、オリジナルはスウェーデンのAncient Recordsからでした
メロディックでファストというブラックメタル好きなら誰でも好きなやつですが、過度にメジャーっぽくもなく、度が過ぎたアンダーグラウンドな作風でもなく、
ど真ん中の直球ストレートでっす!
ネット検索するとDissectionを引き合いに出されていますが、もっとブラックメタルです
スウェーデン語タイトルなので、歌ってるのもスウェーデン語だと思いますが、やはり語感的にノルウェーブラック、まぁつまりそういう意味での北欧ブラックの感触も大盛り!
Deathrash Armageddonではあまりリリースしたり入荷するタイプではないけど、その中でもMourning Forestが好きな方、UlverのBergtattやNattens Madrigalが好きな方、
Judas Iscariot、Moonbloodなどで反応する方、はい、どうぞ!
@Metal-Archives

20210913-4.jpg
Kaos Sacramentum - Bloodcurse Stigmata デジパックCD 2000円
スウェーデン Darker than Black Records
2010年2ndアルバム(録音は2009年夏)、オリジナルはスウェーデンのAncient Recordsからでした
完全に1stを踏襲するファストでメロディックなブラックメタルですが、わずかながら殺傷力がアップしている気がします
その殺傷力の増大はおもにドラムですね
ボーカルもわずかに太くなってる気もするし、楽曲自体も本当にわずかながら重心が下がっている気もしますが、まぁこのバンド全ての録音が2008-2009年に集中しているので、基本的な所は一本筋が通っています
1stよりももっと力でねじ伏せられます!
@Metal-Archives

20210913-2.jpg
Kaos Sacramentum - Scars of Revelation デジパックCD 2000円
スウェーデン Darker than Black Records
2010年3rdアルバム(録音は2008年夏)、オリジナルはスウェーデンのAncient Recordsからでした
これはやはり面白い変化です
1stから2ndでは力でねじ伏せる感触が出ていましたが、3rdではさらにアクセルを踏み込んでいます!
いやー、これは1stから順番に聴いてほしいなぁ!
メンバーはバンドも色々やっているようなんですが、こういう作品の重ね方は凄いですね!
凡人はどうしても次は〇〇ぽっくやってみようとか、ああいう要素を取り入れてみようとブレが出ますからね
まぁここまでやると、多少違うこと入れてもブレじゃなくて、幅になるというかな?
そこはここまでのアルバム3枚で完結させたセンスというのもイイですしね!
@Metal-Archives

20210913-1.jpg
Kaos Sacramentum - Forneka den fysiska lekamen デジパックCD 2000円
スウェーデン Darker than Black Records
2010年リリースの編集盤、録音は2008年夏、オリジナルはスウェーデンのAncient Recordsからでした
それで結局、このバンドというのは2008-2009年に録音したものを、2010年に一度に3枚のアルバムと1枚の編集盤(このCDです)をリリースしたということなのかな?
この編集盤の詳細がわからないのだけど、2008年の録音ということで、アルバムと比べるとそこまで速くない曲が中心となっています
ということで、このバンドの中でも1stに近いメロディックなギターワーク、檄大盛りでっす!
1st-3rdを聴いたら絶対欲しくなる一枚だし、聴いとくべき一枚だと思いますので、やはり1st-3rdとこれをまとめ買いということで行きましょう!
@Metal-Archives
2021/09/12新入荷!!! Warhate 2LP/CD, Atrocity MLP/MCD from Dark Archives
20210912-3.jpg
20210912-4.jpg
Warhate - Thrash Invasion CD 2000円
Warhate - Thrash Invasion 2枚組LP 5400円
ブラジル Dark Archives
メインは88年のThrash Invasionデモ音源で、さらにそれ以前の87年Thrash Invasionリハ音源も収録しています
デモ以外は1990年にFucker Recからリリースされた7'インチのみで、他は今までCDRとかだったようです
うーん、7インチは持ってないというか、このバンド自体、このリリースまで未チェックだったので、
いつかその7インチも入手したいと思います
そんで内容ですが、スタイル自体はそれほど南米を感じないものですが、突撃型ジャーマンスラッシュのような感じで、
SodomやPoisonでしょうか?
私はやはりこういうのは初期Witchtrapを思い起こしてしまいますが、それは時代が逆ですね
いかにもデモテープといった感じの音質だけど、最後まであっという間に聴けてしまうのは、演奏、楽曲の高いポテンシャルのせいでしょう!
ちなみにこの時期、同じブラジルのSepulturaがどの時期かというと、2ndのSchizophreniaが87年、3rdのBeneath the Remainsが89年です
Warhateは演奏はMorbid Visions期のSepulturaよりもっとObsessed by CrueltyやPersecution Mania期のSodomに近いんだけど、
方向性や楽曲は4:6でObsessed by Cruelty/Persecution Mania:Morbid Visionsかな?
いや、これが要するにミラクル級にかっこいいちゅーことなんです!
さすがにLPをこんなにド級豪華な作りにするだけありまっす!
LPは今回、抜け防止の為、開封されて届いております。
CDは今回入荷分、シールドで届いています
@Metal-Archives

20210912-1.jpg
20210912-2.jpg
Atrocity - To Be... ...Or Not To Be MCD 1600円
Atrocity - To Be... ...Or Not To Be MLP 2800円
スウェーデン Dark Archives
スウェーデンのデスメタルというものを割とスルーしてきたので、改めてこのバンドも今回初めて知りました(笑)
88-89 年はこのAtrocity、その後Rosicrucianとなって92と94年にBlack Markからアルバムを2枚リリース、さらにその後Slapdashと名前を変えて96年にNuclear Blastからアルバムをリリースしていたようです
で、このAtrocityはその3つの時期の最初で、一番初めはIs This Heavy or What?というTribulationも参加したオムニバス7インチ出てるんですね
この7インチも知りませんでした
その後、Atrocityは88年と89年にデモをリリースするのですが、これはその89年の2ndデモTo Be... ...or Not to BeをCD/LP化したものです
CDは今回入荷分、シールドで届いています
@Metal-Archives
2021/09/05新入荷&再入荷!!!! 南米!!!! Tanatofobia Productions
20210904-6.jpg
NB-604 - One Day of Psychopatmetal in the Hell CD 2200円
エクアドル Tanatofobia Productions
ついにCDも出たっ!
もうこのタイトル音源は好きすぎて、2013年にDeathrash Armageddonから片面LPまで作ってしまいましたが(まだ在庫有ります)、
当然CDもチェック&コレクションしましょう!
で、これはタイトルはデモのタイトルなんですが、Armada Xaathanna splitとSouthern Storm of Evi LP提供曲も収録した10曲入りとなっておりまっす!
個人的にまず気になるのは、デモの音がどうなっているか?なんです
説明しますと、LPを作るときにオリジナルCDRマスターを送ってもらってるんですよ
オリジナルマスターで聴くとデモテープよりもちょっとだけおとなしい音と言いますが、
テープの持つコンプレッション感とかドライブ感とかが無いんですよね、当たり前ですけど。
なのでマスターからいつも大変お世話になっている東京のサザンサウンドスタジオで独自のマスタリングを施したのがLPバージョンとなります
そのマスタリングした新しいマスターはバンドにも送っていないので、このCDは当然LPとは別マスタリングとなります。
今聴きながら書いていますが、これはそんなに手を加えていないんじゃないかな?というか、これ、もしかしてテープ起こし?
ワウフラッター感というか、オリジナルマスター(とかLP)はもうちょっと違うような気がします
マスターCDRからだとしたらあんまり手を加えていないでしょう
仮に同じマスターを使っていたとしてもLPもCDもテープも揃えるべき音源なので、引っ張り出してきて聴き比べてません
正直、これだったらデモ音源の部分はLPで聴いてほしいなぁ
LPだCDだのフォーマットがどうのじゃなくて、マスターからちゃんとリマスタリングしてあるから。もしくはオリジナルのテープで。
でもArmada Xaathanna splitはオリジナルもCDフォーマットだったし、日本ではほぼ流通もしなかっただろうし、Southern Storm of Evil LPの曲も一緒に入ってるし、それだけでも十分ありがたい一枚となっておりまっす
Southern Storm of Evil LPの1曲は、近年の同エクアドルのドシャドシャのノイズメタルにかなり影響を与えてるのでは?というドシャドシャのもーのすごいやつですので、これも完全必聴でっす!
いやもう、本当に大好きなバンドです!
このCDも持ってて欲しいけど、うちから出したLPを聴いて欲しい(笑)
V.A/SOUTHERN STORM OF EVIL LP
NB-604 - One Day of Psychopatmetal in Hell LP
@Metal-Archives

20210904-2.jpg
Grave Desecrator - Sign of Doom CD 1600円
ブラジル Tanatofobia Productions
2008年発表1stアルバムの2020年Tanatofobia Productions盤
@Metal-Archives
Facebook

20210904-1.jpg
Grave Desecrator - Insult CD 1600円
ブラジル Tanatofobia Productions
2010年発表2ndアルバムの2020年Tanatofobia Productions盤
@Metal-Archives
Facebook

20210904-8.jpg
Destroyer Attack - Solve Et Coagula CD 1600円
エクアドル Tanatofobia Productions
再入荷!!!
出だしのレイジングなリフで一発ノックアウト!
これもやっベーぞ!
2018年の2ndアルバムなんですが、あれ?これは以前Morbid Skull盤で入荷してましたね?
今回入荷はTanatofobia Productions盤となり、アートワークも少々変更されています。
南米ウォー・ベスチャル・ブラックメタルど真ん中なんですが、このバンドの魅力はベスチャルな感触に絡んでくるメロウなギターワークでしょうか?
非常に内容イイでっす、オススメ!!
@Metal-Archives
Facebook

20210904-4.jpg
Black Communion - Morbid Defilement of the Holy Flesh CD 1600円
コロンビア Tanatofobia Productions
再入荷!!!
これは2016年の2ndデモ音源ですね?
当時2人バンドのようでTシャツがConquerorとVon、ハードルが上がりますが、奥さん、こーれはかーなりイイですわ〜!
バシャバシャのシャバシャバで極悪!!
見たら2018年に1stアルバム、で2020年にDunkelheitからアルバム出してるんだ!?
何、こんな凄いの俺未チェックだったのか!?
ギターの音というか録音自体もBeheritのAt The Devil’s Studioモロなんだけど、狙ってやってるんだよね?
凄いぞ、これっ!!
*入荷分、全部盤面に曇り有り。こういうもののようです
@Metal-Archives

20210904-3.jpg
Indomitor - Coniuratum Mors Dat Cruciatum CD 1600円
エクアドル Tanatofobia Productions
再入荷!!!
17曲入り33分、Metal-Archivesではフルアルバム扱いなんだけど、デモの再録音?
デモ音源のコンピレーション?
確かにバックトレイカードでは4つのパートに分かれているらしいんだけど、metal-archivesにはそんなデモ無いし、掲載されているデモとも曲目が全然合わないんだけど?
しかし、お父さん!そんなことはもうどうでも良くなってしまいました。
だって内容が極悪なんでっす!
Metal-archivesの写真で、ビビン!と来る方だけお買い上げください!
ベスチャルでアポカリプティック、これが南米グラインディング・ノイズメタルだよ、コノヤロー!!という仕上がりでっす!
何だよ、もう、天才かよ!
エクアドルといえばBlasfematorioとかも凄いけど、これも凄いですわ!
いいぞ!エクアドル!もっとやれ!世界をノイズメタルの海に沈めてしまえ!
@Metal-Archives

20210904-5.jpg
Skull / Virgin Killer - Astra ex Abyssus CD 1600円
コロンビア/コロンビア Tanatofobia Productions
南米スラッシュマニアにはお馴染みと言っていいかな?
いや、この2バンドをチェック済なのは中々マニアといった方がいいかな?
先行SkullはリフというかノリはMotorheadをベースにしてると思うんですが、ボーカルがスラッシュ以前の太いけどヒステリックというパワーメタルみたいな感触があって、これがおっさん&マニアはツボじゃないでしょうか?
まぁ近年で言うとメタルパンクと言えなくもないんですが、そういうムーブメントが無くても全く同じスタイルでやってるだろうし。
Warfare、Rogue Male、Tankなどと一緒に南米も好きという方、オススメです
ぶっきらぼうというか中々ムチャクチャなので、南米ファンはこういうアイテムこそ確実に押さえていきたいところです。
次に同じくコロンビアのVirgin Killerですが、Skullと続けて聴くと、手数の多いリフ、バクバクだけど若干ムチャクチャな性急感がこれ最高!
結構録音しっぱなしというか、あれこれいじっていない感触で、このまま行って欲しいなぁ
Virgin Killerはスタジオ3曲+ライブ2曲のはずなんですが、metal-archivesに掲載されているとおり、ライブテイクのうち1曲がスタジオの1曲に入れ替わっています(ダブり)
プレス屋さんのミスって事らしいけど、それならやり直してもらえるんじゃないかな?と思うんですが(笑)
もうそのままいてまえ!なんですね(笑)
Skull@Metal-Archives
Skull Facebook
Virgin Killer@Metal-Archives
Virgin Killer Facebook

Anal Vomit - Peste Negra Live Milan - Italia テープ 1000円
20210904-7.jpg
ペルー Tanatofobia Productions
2018年、イタリアでのライブ録音!
これは音が遠い(笑)
想像ですけど、デジタルで録ってて、音質自体はそんなに悪くもないんだけど、ダビングが要因?
だけどボディーに印刷してるので工場でダビングしたんじゃないかな?
なんでこんなことになるんだよ(笑)
低音を落としてボリュームを上げれば結構普通に聴けますが、再生機器で調節出来ないならちょっとキツいかもしれません
ジャケは両面カラーで気合入ってるのになぁ
私はちゃんと1本、自分のコレクションに挿しますけどね
入荷も少ないんですが、Anal Vomitは揃えたいというお仲間向きです
しかし、演奏とかライブの内容は素晴らしいんですね、これが。
@Metal-Archives
Facebook
2021/08/31Bombarder ボンバルダー CD2タイトル年内発売予定!
flyer-s.jpg
(↑クリックで拡大しまっす!)

Coming Soon!
年内発売予定でっす!

Bombarder - Speed Kill スピードメタル中毒 CD
DA13-088
Bombarder - Bez Milosti 問答無用!非情の街 CD
DA13-089

帯付きでオフィシャル再発いたしまっす!
Be fukking ready!

Bombarder Facebook
Grom Records Facebook
Death & Thrash Metal Promotion Facebook


カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索