お知らせ

2021/03/04新入荷!!!! デッドストック系いいとこ入りましたっ!
20210304-8.jpg
Abhorer - Zygotical Sabbatory Anabapt デジパックCD 2000円
シンガポール Shivadarshana
デッドストック、限定入荷!
言わずと知れた東南アジアン・ブラックメタル大名盤!
96年の1stアルバムでっす!
日本のNecrophileとのsplit LP('91)、次のShivadarshanaからの7’シングル(‘94)を経て、そしてこのアルバムです。
バタバタの性急なビートでグイグイ全体を引っ張るスタイルですが、各所に散りばめられたフックやキメ、そしてザラッザラのボーカルが素晴らしい!
シングルに比べると若干整合性があって、重心が下がった分、次に飛び出す時の威力が増しています。
アジアのバンド好きが好きというなら、これは聴いてないと絶対にダメだぜー!
@Metal-Archives
Facebook

20210304-7.jpg
Impiety - Asateerul Awaleen デジパックCD 2000円
シンガポール Shivadarshana
デッドストック、限定入荷!
言わずと知れた東南アジアン・ブラックメタル大名盤!
96年の1stアルバムでっす!
これの前の7インチとこのアルバムはShivadarshanaからのリリースです。
この頃はもうシャカシャカのシャバシャバ、ハーシュでバーバリックなブラックメタルで、これがSurrender of Divinityに与えた影響は計り知れないものがありますね
実はこのShivadarshanaは私も持っていなかったので、一枚、ありがたく私的所有させていただきまっす!
最高だよ、バカヤロー!
@Metal-Archives
Facebook

20210304-6.jpg
Occult - 1992-1993 デジパック CD 2000円
オランダ Hammerheart/New Era Productions
2005年頃までこのOccultとして活動し、それ以後はLegion of the Damnedとして今も活動してますね
これはそのOccult期のStudiodemo 1993と92年のLive demoを収録したデジパックCDということでいいですね?
ボーカルのMaurice SwinkelsさんはBestial Summoning、Bethlehemのメンバーでもありました。
ちょっと形容が難しいのですが、グシャっと押し潰されたような感触と、ちょっと無機質な感触のドラム、そして楽曲が何々っぽいというのが無いのが特徴かと思います。
私が思い浮かべたのはNecrophagiaですね
いわゆる形式化されたデスメタル、ブラックメタルというのとはちょっと違います。この辺がカルト臭が強く出てる部分かも。
こういう感じのバンドの時は毎回例えに出しますが、Sighにも通じる部分が多いと思います。特にテンポを落としたような所。
ライブデモは録音良くありませんが、凶悪度はスタジオ録音の数倍!
Mayhemの初期ライブのような感触です。
@Metal-Archives

20210304-4.jpg
Behemoth - ...From The Pagan Vastlands CD 1600円
ポーランド Nazgul's Eyrie Productions
すいません、あまり詳しくないのですが、マトリクスからすると2006年Nazgul's Eyrie Productions盤です。
これのブートも出ているようですが、マトリクスが違いますね
今はかなり大御所でいわゆるブルータルブラック/デスメタルといった感じというのでしょうか?
最近のはほぼ聴いたことがないのですが、初期のやつは個人的にもブートだったかな?LPで何枚か持ってるはずです。
この94年の4thデモもそうなんですが、中々にシケシケのearly 90’sブラックメタルで、これは最高です!
あえて話をあちこちに飛ばすと、ノルウェーのブラックメタルからの大きなインスパイアと、ドイツのシーンなどを横目に、
しかし地元ポーランドではGravelandですよね、そしてこの時期のBehemothとかそういった初期Emperorとか、AbsurdとかGravelandの大きな影響を今でも最大限に引きずっているのがブラジルEvilだったり、Hammer of Damnationがリリースするようなバンドですよね
普通はそういった聴き方はしないかもしれませんが、我々はその辺じっくり味わえるわけですから(笑)
MayhemのDeathrashカバーもやっています!
@Metal-Archives
Facebook

20210304-5.jpg
Whipstriker - Seven Inches Of Hell (part II) CD 1600円
ブラジル Vulkan Records
再入荷でしたか?
part Iはまだウェブストアに在庫有ります
約76分収録の出欠大サービス盤ですが、CDの規格は本来74分までなので、プレーヤーによっては正しく再生されない恐れがあります。
ご了承の上、お願いいたします。
@Metal-Archives
Facebook
2021/02/27新入荷!!! Oral LP / Anghell LP+CD
20210227-1.jpg

Oral - Sex LP (Japanese Edition帯付き・赤盤) 売切れ/SOLD OUT

Oral - Sex LP (Japanese Edition帯付き・黒盤)売切れ/SOLD OUT
イギリス Sangreal Records
赤盤と黒盤、各少量づつ卸していただきました!売切れ御免!ってとこですね
これがまさかのリイシューそして、まさか裏の顔があったとは!
ホントに最高すぎます!

日本では昔のBurrn!で酷評されていたあのインパクトのあるバンドということで、いたずらに有名でしたね
でもレコードは中古市場でも全然見ないし、近年ブートCDになるまで音も存在も謎のままでした。
詳しくはJapanese Edition製作元のBOYさんの解説を参照して欲しいのですが、謎レーベルだったConquest Records = Link RecordsオーナーでThe Businessのマネージャーと、UK/DKにも登場するGarry Bushellとが仕掛けたバンドで、The BusinessのギターSteve Kentさんと、TankでおなじみのMark Brabbsさん、そしてペントハウスモデルのMonica Ramoneとで作っちゃった覆面バンドだったなんて!!
本来なら棺桶まで持ってく話でしょうが、こんな特大ネタと共に、そして1曲未発表曲とともに正規リイシューされてしまうとは!
オリジナル持っててもこれは買い!
@Metal-Archives

20210227-2.jpg

Anghell / Bitchcraft - Split LP+CD(ピンク盤)売切れ/SOLD OUT
Anghell / Bitchcraft - Split LP+CD(黒盤) 売切れ/SOLD OUT円
アメリカ Sangreal Records
デトロイトのオール・フィーメールメタルバンドのAnghellと改名後のBitchcraftの音源を収録したCD付きLP。
プレス枚数や収録内容の経緯は、もう他店さんで確認済だと思いますので(←サボりすぎ)、後は独自の内容解説に行きましょう。
Anghellのデモは93年、メンバー写真が結構なんと言いますか、例えばバンドTでまとめた黒っぽ服装というのではなく、黒系でまとめたVixenみたいな感じで厳つくないのでもっとハードロックっぽいかと思いましたが、ギターは結構アグレッシブな刻みだし、ドラムは中々にリズムを無視して裏打ち上等!でぶっ叩く感触で、中々凶悪です。
おそらく思ったよりアグレッシブで、思ったりキュートな感触だと思います。
4曲目なんてかなりヤリますよ!
そしてBitchcraftとなって96年のデモ、ツーバスかツインペダルになったのかバスドラのフィルインが鋭くなっています。
ボーカルもAnghell期よりも押しつぶした感じになっているので、ちょっと重心が下がって重さが出ています。
うーん、96年か…..オルタナ、グランジ、今で言うグルーブメタルみたいなスタイルも片隅にあるのかな?それともこの時期のSlayer?
要するにストレート一本勝負ではなく、音楽的にもっと高度な事やろうとしています、ただちょっとどっかのバランスがおかしいだけで(笑)
最高でしょ、これ〜!!
Anghell@Metal-Archives
Bitchcraft@Metal-Archives
2021/02/26新入荷!!!! お待ちかねのNuclear War Now!便!
20210226-5.jpg
Antichrist / Goatsmegma - split 12” LP 2600円
カナダ/エストニア Nuclear War Now! Prod
AntichristはBlasphemy、そしてBlasphamagoatachrist関連バンドとしてRoss Bay Cult Eternalを唱えるマニアには絶対避けて通れないバンドなので、これは解説不要ですよね?
同じくNWN!からSacrament of Blood LPも出てたし。
さて、気になるのはエストニアのGoatsmegmaですね
先日1stアルバムCDが入荷してたのですが、少々早めに売り切れちゃってすいません!
バンド名だけ聞いたら、あー、パスでいいかな?と思いましたが、これがいい意味で予想を裏切る素晴らしい内容で、ゲッツ出来た方はお分かりかと思います。
Goatなんとかのバンド名が気になる、BlasphemyやBeheritみたいなバンドと言われると素通りできないという方はもうこれ絶対!
どうも250枚プレスのようで、即完売!という感じではないようなので再プレスはどうでしょう?
あるうちに押さえましょう!
Antichrist@Metal-Archives
Goatsmegma@Metal-Archives
Goatsmegma Facebook

20210226-3.jpg
Apochryphal Revelation - Primeval Devilish Wisdom LP 2600円
アメリカ Nuclear War Now! Prod
はーい!もうすぐDeathrash ArmageddonからこのCDが出ますので、LPも入れてみましたー!
2020年2ndアルバムで、以前のリリースは未チェックでしたが、このアルバムはかなりイイですね!
叩き文句ではProfanatica、Thou Art Lord、Mystifier、Mourtuary Drape、そしてMaster’s Hammerの名前が上がっているとおり、
ギリシャやイタリア、そしてチェコやポーランドのバンドからの強い影響がうかがえるスタイルでっす!
250枚プレスで、もちろん爆売れ大好評なら再プレスするんだろうけど、近年のマーケットの縮小を見るとどうかな?
ゲッツしておきましょう!
CDも待っててねっ!
@Metal-Archives
Facebook

20210226-2.jpg
Black Feast - Larenuf Jubileum LP 2600円
フィンランド Nuclear War Now! Prod
再入荷だったかな?
今はWitchcraftとして活動するBlack Feastの初期音源編集盤!
バリバリのBeheritウォーシップぶりで、おっさんは涙ちょちょぎれるバンドです。
2010年からの数年なので、そんなに昔ではないんだけど、今からオリジナルのデモテープとかを揃えるのもちょっと現実的じゃないし、未発表も入ってるのでとりあえずこのLPも押さえましょう!
@Metal-Archives

20210226-6.jpg
Blasphamagoatachrist - Bastardizing the Purity LP 2600円
ブラジル/カナダ Nuclear War Now! Prod
話題騒然だった2020年1stアルバムですが、うちはやっとこさ入れました、すいません!
Blasphemy、Antichrist、そしてGoatpenisのメンバーからなるウォーブラック・オールスターバンドと言ってもいいでしょうか?
ウォーブラックファンならば誰でもBlasphemyって新譜出さないのかなぁ?って妄想することあると思うんですが、このBlasphamagoatachristはボーカルがBlasphemyのNocturnal Grave Desecrator and Black Windsなので、ちょっと何というか、もうそんな感じで聴いてもいいんじゃないか?位思ってしまう仕上がりです。
@Metal-Archives
Facebook

20210226-13.jpg
Goatpenis - Decapitation Philosophy LP 2600円
ブラジル Nuclear War Now! Prod
2020年7thアルバム!
いよいよ日本でもこの手のマニアだけではない注目を浴びてきた感じがしますが、そんな折、中心メンバーのSabbaoth氏の急逝が伝えられたばかりで非常に驚きました。
しかも私がSNSでそのニュースを見たのは、別件でこれがSabbaoth氏のメアドだから連絡はこれにねと伝えられた翌日でした。
それ以前にもリリースの話をしたことがあって、日本のマスタリングスタジオ云々、金額云々まで行ったんですが、結局別のレーベルから出ちゃいました。
さて内容ですが、これが音楽的にかなりの高みに達した感じがするのはSabbaoth氏の件があるから、ではないはずです。
ウォーブラックの核を維持しながらもルーツに立ち戻ったのか進化したのか、強烈に極悪なデスメタル感漂う怪作となっています!
個人的にはBlasphamagoatachristでの活動も刺激になっているのかなと思います。
デモ期の崩壊スタイルももちろん最高だけど、これも凄い内容です。
超硬質の鋼(はがね)のような演奏が感動的でっす!
@Metal-Archives
Facebook

20210226-9.jpg
20210226-10.jpg
Goatpenis - Jesus Coward MLP 2400円
ブラジル Nuclear War Now! Prod
94年3rdデモをNWN!がLP化!
このジャケのこれを単独でLP化というは最高に極悪!
1stデモのグダグダ、2ndデモは今のスタイルにつながるような感じだけど極悪な録音、そしてこの3rdはこのひどいジャケ(笑)
しかし内容がこれ極悪!極悪!極悪!!
これはしかし是非順をおってきいてほしいですね!
全く見当違いな例えをさせてもらいますが、Nuclear Addictsを聴いてContempt for the AuthorityからのSpending Loudnightの衝撃とか、
Bergtatt、KveldssangerからのNattens Madrigalという3部構成と比べることが出来るか、いや出来ないだろ!と自分で突っ込みたくなるんですが、
その後どうなるかを知ってるので、1stデモ、2ndデモ、そして3rdデモでこうなるとキタキター!という感じでしょうか?
極悪!極悪!極悪!
@Metal-Archives
Facebook

20210226-7.jpg
20210226-8.jpg
Goatpenis - Blessed By War LP 2400円
ブラジル Nuclear War Now! Prod
93年2ndデモをNWN!がLP化!
これを単独でLP化というは最高に極悪!
以前はHammer of Damnationから出てたデモコンピレーションCDで入荷してたし、1stデモから3rdデモまで聴けるけど、今回はNWN!がそれぞれのデモを一枚づつLP化というイカれた企画です。
1stデモのグダグダから一転、今のスタイルの片鱗が窺える感じのスタイルに覚醒した2ndデモ、しかしこれが録音が極悪!
リハというかグラインドノイズのリハ音源のような録音具合で、これはまた最高にクレイジーでっす!
お見逃しなっく!
@Metal-Archives
Facebook

20210226-11.jpg
20210226-12.jpg
Goatpenis - HtaeD No TabbaS MLP 2400円
ブラジル Nuclear War Now! Prod
92年1stデモをNWN!がLP化!
ひどいジャケ、そしてひどい内容で、これを単独でLP化というは最高に極悪!
以前はHammer of Damnationから出てたデモコンピレーションCDで入荷してたし、1stデモから3rdデモまで聴けるけど、今回はNWN!がそれぞれのデモを一枚づつLP化というイカれた企画です。
この1stデモは最新作のカッチカチの鋼鉄具合から想像もつかないグダグダスタイルです!
お見逃しなっく!
@Metal-Archives
Facebook

20210226-1.jpg
Goatpenis / Demonic Apparition - United In Demonic Warfare Split LP 2600円
ブラジル/カナダ Nuclear War Now! Prod
リリースの順番で言うと、今のところこれがSabbaoth氏の遺作となりました。
この後何か関連リリースが有りそうな気もします。
Goatpenisは過去曲の現メンバーによる再録音を収録。
カナダのDemonic Apparitionは元Procreationのメンバー他によって結成されたバンドで、1曲BlasphemyのBlack Windsさんがゲストで参加しています!
中々に強引な力業でねじ伏せるタイプのバンドで、有無を言わさない説得力がありまっす!
オススメ!
Goatpenis@Metal-Archives
Goatpenis Facebook
Demonic Apparition@Metal-Archives
Demonic Apparition Facebook

20210226-.jpg
20210226-14.jpg
Perverted Ceremony / Witchcraft Split LP 2600円
ベルギー/フィンランド Nuclear War Now! Prod
これは凄いオカルト・ブラックメタル・スプリットとなっています!
Blasphemyとかを引き合いに出すのはちょっと違いますね
これはやはりまぁBeheritとかのオカルティックな部分に焦点を当てている感じで、渋い!渋い!ばり渋い!
出来ればあんまり話題になって欲しくない、他の派手な露出のバンドの合間に埋れて欲しいというような人に教えたくないスプリットです
まぁNWN!だし、もうそれなりにヒットの部類の一枚だとは思いますが。
買っても誰にも言わないで、こっそり隠れて聴いてください。
最高です!
Perverted Ceremony@Metal-Archives
Witchcraft@Metal-Archives

20210226-4.jpg
Warfare Noise - Pervitin Guerrillas LP 2600円
フィンランド Nuclear War Now! Prod
大好評のスオミ・ブラック・グラインダー、Warfare Noiseの2017年のWarfare Noiseデモ、そして2018年のBlack Noise Commandデモを収録した編集盤LPでっす!
フィンランドと言えばBeheritがかなりグラインドコア的だったり、Goat Vulvaがいたり、さらにこんなバンド名でNuclear War Now!が手を出したとなれば期待するのは当然です。
そしてその期待を大きく上回っているのが驚異的!
内容、極悪!最高すぎ!
ショートカットというフォーマットを使うことで、やはりここまでバクバク感をだせるものか!と。
まだまだこんな面白いバンドが出てきます。
アンダーグラウンドシーンの充実ぶりを堪能できるバンドです。
オススメ!
@Metal-Archives

20210226-20.jpg
20210226-21.jpg
20210226-22.jpg
Witches Hammer - Gladiator Tシャツ (Midiumサイズ) 2200円
カナダ Nuclear War Now! Prod
サウンドもシブいが、Tシャツも鬼シブいっ!
バックプリント有りで、バックプリントがCanadian Speed Metalのジャケのイラストになっていまっす!
白+銀の2色プリントです
@Metal-Archives
Facebook

20210226-18.jpg 20210226-19.jpg
Beherit - The Oath of Black Blood Tシャツ (Midiumサイズ) 2800円
フィンランド Nuclear War Now! Prod
説明不要ですね?
面も裏も最高です
私も一枚買いました!
@Metal-Archives
Facebook

20210226-24.jpg
20210226-15.jpg
Nuclear War Now! CHOOSE YOUR ADVENTURE バンダナ 1200円
Nuclear War Now! Prod
サイズが22インチ x 22インチ、LPが12インチなのでなんとなくサイズが想像できるかと思います。
マスクのように使うことを想定されていて、つまり使う角によって4つのデザインが楽しめるようになっています。
もちろんお弁当を包んだり、彼女が草の上に座ろうとしたらササっと下に敷いたり、はたまた銀行強盗、コンビニ強盗などにも最適かと思います。
Nuclear War Now! Prod

20210226-16.jpg 20210226-17.jpg
Nuclear War Now! KEEP DISTANCE Tシャツ (Midiumサイズ) 1800円
Nuclear War Now! Prod
これはかっこいいですね
コロナ禍を逆手にとった非常にクールなデザインです。
バックプリントも有り
NWN!の画像の画像で見るより、実物はプリント大きめなのがお分かりいただけるかと思います。
Nuclear War Now! Prod

20210226-23.jpg
Eastern Front トートバッグ 700円
Eastern Front/Nuclear War Now! Prod
これはマニアックなの入りました!
日本で他に入ってきてるかな?
ご存知Nuclear War Now!がオープンした実店舗、Eastern Frontのトートバッグでっす!
画像でLPが1枚入ってる状態ですが、これはあまり厚手出なく、サイズも小振りです。
なので、ライブに行くときに折りたたんでボディバッグに入れて、物販でLP買った時にササっとこれを出す、なんて使い方はいかがでしょう?
Nuclear War Now! Prod
2021/02/23新入荷!!!! Godz ov War Productions
20210223-1.jpg
Bestial Warfare - Desecrating Goat Assault MCD 1400円
ドイツ Godz ov War Productions
2020年5曲入りミニアルバム
こういう名前でSicknessのこのアートワークですから、ビビビン!と反応する方も少なくないでしょう。
ドス黒いブラックデスメタルなんですが、鉄を舐めたような生臭い冷徹感が有り、東南アジアや南米のバンドとの比較は非常に面白いですね。
そうか、冷徹感で言うとRevengeに寄ってると言えるかもしれませんね。
でも問題の立て方、方法論が違います。こちらはもっとデスメタルを感じさせますよね。
バンド自身はBlack WitcheryやTeitanbloodの名前を出しているようです。
名前とジャケで反応した人は押さえたほうがいいと思いまっす!
@Metal-Archives
Facebook

20210223-3.jpg
Rites of Daath - Doom Spirit Emanation CD 1600円
ポーランド Godz ov War Productions
2020年1stアルバム
う〜ん、確かにNecros ChristosをもっとがっつりIncantationに寄せたようなスタイルで、かっこ悪いはずがない!
メンバーはいろんなバンドを経験しているようで、演奏も楽曲も総合力も中々かなりのもんをでっす!
Nuclear War Now!や他のレーベルもこういったスタイルの深海というかブラックホールというか黒くて底が見えないやつを出してますが、
このバンドもかなりイイっ!
@Metal-Archives
Facebook

20210223-5.jpg
Throneum - Oh Death...Oh Death...Determinate, Preach and Lead Us Astray… CD 1600円
ポーランド/ドイツ Godz ov War Productions
2020年10thアルバム!
2000年初頭は日本でもかなり話題となり、いわゆるハードコアファンにもオススメなザラザラなブラックデスラッシュという扱いで、リリースもガンガン流通していましたが、
その後はsplitをかなり出していて全部追っかけていくのは中々難しくなっていますね。
しかし!ちょっと変わった?
このアルバムから?前作までこういう感じじゃなかったですよね?
長尺ナンバーを中心にしてプログレッシブというかスローというか鬱っぽいというか(そういうの聴かないのでわかりませんが)、これは私みたいなRawメタル原理主義者は誰かの解説を聞いてみないと判りかねます。
おそらく聴き方、聴くツボが有るんですよね?
@Metal-Archives
Facebook

20210223-4.jpg
Ljosazabojstwa - Głoryja Śmierci CD 1600円
ベラルーシ Godz ov War Productions
2020年1stアルバム
5曲入りですが、収録時間は約45分ほどです。
この前にデモやミニアルバムをリリースしているようですが、未チェックでした。
これはかーなりシブいところを突いてきます!
ミドルテンポで始まる余裕を聴かせますが、漂うものは極上の極悪感です!
母国語で歌うボーカルもいいし、各楽器隊、楽曲もタダモノじゃないですね。
プログレッシブとかそういうものじゃないカオティックな狂気が充満する一枚です!
metal-archivesではCultes des Ghoulesという名前を挙げられていますが、なるほど、でもこっちは母国語で歌ってるし、その語感が強烈に全体をリードしていまっす!
@Metal-Archives

20210223-2.jpg
Barbaric Horde - Axe of Superior Savagery CD 1600円
ポルトガル Godz ov War Productions
2020年1stアルバム
メンバー写真がRevengeのフード被りでガンベル、五寸釘の完全武装で、こんな品の無いバンド名ですよ
そりゃ期待しますよね
そんなアナタ!ご期待に沿うバンドでっす!
ガシャガシャの冒涜ウォー/ベスチャルブラックメタルで、これはヒドくて最高っ!!
別に何もへったくれもありゃーしません、グゥェー!ガシャガシャ!ドンドンドンドン!グゥェー!だけで、身もふたもないとはこの事。
あー、うちから出したかったなという東欧土砂崩れ汚濁流です。
@Metal-Archives

20210223-6.jpg
Putrid - Antichrist Above CD 1600円
ペルー Godz ov War Productions
あら!ペルーPutridっていつの間にこんなにリリースしてたの!?ってくらいmetal-archives見て驚いています。
これは2020年2ndアルバムなんだけど、1stアルバムも未チェックだったし、他のリリースもかなり見逃してるなぁ
基本的にはAnal VomitやGoat Semenなどに通じる手数の多いリフやフィルインを多用したカオティックなペルヴィアン・ブラックデスラッシュで、
あとはImpietyとかにも共通するものが多いですよね。
@Metal-Archives
Facebook

20210223-7.jpg
Kommando Baphomet - Blood Gospels of Satanic Inquisition CD 1600円
ポルトガル Godz ov War Productions
2019年1stアルバム
二人組バンドという事で、かっこいいフォーマットの一つですね
Metal-archivesの近いバンドとしてArchgoat、Beherit、Blasphemyが挙げられると、こちらのハードルも上がりきっちゃいますよね(笑)
でもこれが本当のその3バンドのうまいミックスのように聴こえますね
ただそこまでのクオリティを期待するのはちょっとかわいそうで、正直いってそういうの専門の人にしか勧められませんね
それらの大御所バンドにない感触でいうと、ちょっとギシギシした部分もあるのでそういう部分を煮詰めていくと独自色が出てくるかもしれません。
2020年の2ndアルバムも同時入荷していますので、次はそっちを聴いてみましょう。
@Metal-Archives

20210223-8.jpg
Kommando Baphomet - Under the Deathsign CD 1600円
ポルトガル Godz ov War Productions
はい、2020年の2ndアルバムです
2019年の1stアルバムも同時入荷していますので、出来れば順を追っていきましょう。
ジャケットは2ndの方がいいですね。より音のスタイルに合っています。
ほほぅ〜、スローなリフからスタートしますか!重心、下げてきたのかっ!
1stとは見ている方角が全く別です。まず深いリバーブ、特にボーカル。そして重心の下がった演奏と楽曲。
1stが自分たちが好きなバンドのような音楽をやりたいと思ってやったとしたら、2ndは自分たちのやりたい音楽をやっています。
たった一年にこんなに違うかっ!
もう何々に似てるという次元ではなくなっています。
これだから面白いし、やめられないんですよね!
@Metal-Archives
2021/02/18新入荷!!!!! Blasfematorio CD ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎爆裂メガトン推薦盤⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
20210218-2.jpg
Blasfematorio - Before the Alters Of Death CD 1600円
エルサルヴァドル Nuclear Abominations Records
⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎爆裂メガトン推薦盤⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Lord of Satanic Necrophiliaによる1人バンドですが、昨年急逝が伝えられたDemonomancerやGrave Throneのメンバーでもあり、Bestial desecration(レーベル)も運営していたJulioさんです。
今更言っても始まらないのですが、何年も前にこのBlasfematorioのリリースを話し合っていたこともありましたが、実現しませんでした。
現在、metal-archivesではfull-lengthとなっていますが、これは正確にはCompilation、ディスコグラフィー盤/編集盤です。
2007年のConsumada la profanacionデモ、2009年のLiturgies of Blasphemyデモ、そして未発表曲1曲を収録しています。

えー、当然テープよりも音質向上していますが、驚異的なベスチャル・ノイズ・メタル・オブ・ヘル!!!!で、トーシロは手出し無用!!
完全プロ仕様、取扱厳重注意でっす!!
改めて聴くと、当時自分のレーベルから出せなかったことが非常に悔やまれます。
Sarcofacoのプリミティヴさ、Beheritのドシャドシャ、Blasphemyの冒涜感、そして南米のカオス具合、完璧です。
DemonomancerやGrave Throneもモノスゴイんですが、彼の残した音源の中で一番はBlasfematorioじゃないでしょうか?
このスタイルとしては紛れもない天才です。
@Metal-Archives

20210218-1.jpg
Rotted - Pestilent Tomb LP 2800円
アメリカ Nuclear Abominations Records
2018年1stアルバムのLP化!
ちょっとレーベルがアレでして、インナーが抜けて届いてます。
Graveのカバーもやってますが、バンドのコンセプト自体がGraveなどのオールドスクールデスメタルなのは明白で、
しかしこれがクソシブいドロドロ具合で、これはLP化、正解ですね。
オススメ!
Facebook
@Metal-Archives
2021/02/12新入荷!!!! Evil Damn CD!!!!!
20210212-1.jpg
Evil Damn - ...Through Black Abysses…CD 1600円
ペルー Austral Holocaust Productions
ボーカルがGoat SemenのErick neyra氏、ドラムも同じくG.SemenのStyricon氏、他のメンバーもDisinterなどのメンバーで構成された南米ペルーのブラック・デスメタルバンド、
Evil Damnの2004年1stデモが正規CD化!!
デモと言ってもちゃんとレコーディングされており、SarcofagoのThe Black Vomitのカバーを含む7曲約24分で聴きごたえ十二分!!
昔はどれで入荷してたんだっけ、オリジナルのCDRで入荷してたような気もしますが、持ってたとしてもこの正規CDは「買い」ですね。
当然Goat Semenにかなり近いですが、カオティックな感じはあまり出さずに、より整合性がある感じかな?
先日限定で配布したプロモテープでも再録されたShaitanのオリジナルバージョンはこれに入っています!
南米マニア、Goat Semen関連マニア、完全必聴でっす!
@Metal-Archives
Facebook

20210212-2.jpg
Evil Damn - Chaos Genesis CD 1600円
ペルー Austral Holocaust Productions
これは2014年Hell’s HeadbangersからのBlack Effigy 7’EP(3曲)から2曲、Abigailとのsplit CD提供曲6曲のうち4曲、2004年の1stデモ...Through Black Abysses…(7曲)のうちの3曲を収録した編集盤。
と、この解説だけ見ると不完全な収録ばっかりに見えますが、アナログリリースの3曲のうち2曲だけをCD化というのはまぁそれなりにうなずけますね
特にちゃんと7インチも持ってる側からすると(笑)
Abigailとのsplitのは6曲のうち(demo)と記載されている曲が削除された形ですが、そのデモって何?2004年の1stデモとは別みたいだけど。
2004年の1stデモの抜粋は正直どうかな、だって同時リリースでそのデモがフルでCDになってるわけだし。
ただ実際聴くと、別音源を集めた云々は全然気にならない仕上がりで、まぁこうやって出てしまったものはコレクションに挿しておくしかないわけでありんす。
悔しいことに鬼のようにシビーっすわ!
@Metal-Archives
Facebook
2021/02/07新入荷!!!!
20210207-1.jpg
Demonarchy - Demo I CD 1500円
カナダ Rex Diaboli
オリジナルはテープだったようですが、これはポーランドのRex DiaboliがCD化したもの。
今回入荷分はシールドで届いています。
Crucifierのカバーを含む4曲入りです。
さて内容はこのジャケットで反応する人は全員悶絶間違い無しのベスチャル・ウォー具合!
このスタイルでカナダですから、それはやはりBlasphemyの名を挙げなければなりませんね。
当然ガチガチに影響は受けてるようだし、似てる部分、違う部分など細かな比較研究など、
普通の人には全くもってどうでもいいことが我々には非常に大事な事です。
Archgoatの名前も挙げておきましょうか。
楽曲、演奏、録音、どれも水準は明らかにクリアしていますし、デモでこのレベルという事はちゃんとした作品を心待ちにしてもいいでしょう!
@Metal-Archives
Facebook

20210207-2.jpg
Kingdom - Unholy Graveyard CD 1600円
ポーランド Rex Diaboli
あー!これはあれかー!
2019年Rex Diaboli盤なのですが、オリジナルは2008年Time Before Time Recordsからの1stアルバムです。
今回、ジャケットが新装されていますが、オリジナル盤のジャケットを見たらこれか〜!と思う人も少なくないでしょう。
Deathrash Armageddonがメインで押すようなスタイルではないけど、このブッチギリスタイルのデスメタルはやはり強烈ですね!
@Metal-Archives
Facebook

20210207-3.jpg
Void Dweller - Night in Hell CD 1000円
ポーランド Rex Diaboli
*ディスクに軽いスレがあるため、少々お安く出します
@Metal-Archives
2021/02/03Deathrash Armageddon Tシャツ(ガスマスク・グラデーション)
20210203-1.jpg
Deathrash Armageddon Tシャツ(ガスマスク・グラデーション)
ボディ : GILDAN(ギルダン) T2000 6.0オンス ウルトラコットン

ちょっと久しぶりにTシャツをプリントしてみました。
このガスマスクデザインは3回目かな?
白プリント→ 抜染プリントとやったので、今回は赤青のグラデーションで染込みプリントでお願いしてみました!
ボディの色とインク、そしてプリント方法の組合せで色々遊べますネェ〜!
今回もウシロダ工房さんでお願いしたのですが、仕上がり最高でっす!
テクニカルな事もウシロダ工房さんのサイトを見ていると、今度はこれやってみようなかなぁと妄想が膨らみますよね。

ところでTシャツって写真に撮るとプリント部分がすごく小さく見えちゃいますよね
下に平置きだと特にそうなるので、最近はハンガーにかけて写真を撮るようにしてるんですが…..
今回の写真もそうなんですが、写真で見るとプリント小さめ?ですが、実物を見ると全くそんなことはありませんのでご安心ください〜!

*久しぶりなので一応書いときますが、デザイン下のムチャクチャな英文法はわざとなのでツッコミ不要です

20210203-2.jpg
20210203-3.jpg
2021/01/22在庫から発見!Kristallnacht - Blooddrenched Memorial 1994-2002 CD
20210122.jpg
Kristallnacht - Blooddrenched Memorial 1994-2002 CD 1600円
フランス Wotanstahl Klangschmiede Germania

在庫から少数発見!ですが、ディスクにちょい傷有り
おそらく以前の入荷当時、ちょい傷のやつはウェブストアの数量から除外して、
そのまま残っちゃってたやつです
聴く分には全く問題無いし、傷と言っても本当にちょい傷程度です
お一人様1枚づつ、長い取り置きはご遠慮下さい

@Metal-Archives
2021/01/14新入荷!!! Satanic Ripper - Ritualistik Sanktuary Irakunda MCD
20210114.jpg
Satanic Ripper - Ritualistik Sanktuary Irakunda MCD 1400円
チリ Infernal South Productions
まずは2014年の1stアルバム「Southern Black Spells」をDeathrash Armageddonから再発出来た事を心から自慢したいと思いますが、
そんなSatanic Ripperの最新作が到着しました!
6曲入り約22分。最後の1曲はNirvanaのカバーです。
さて内容ですが、今作もまた非常にモービッドでオカルトな雰囲気満載、武器であるトレモロのリフを中心に世界観を構築していきます。
アルバムと比べると、重心が拳一つ分下に下がったかな?
キーボードとかSEの使い方も効果的で、こういうプロデュース力もあるから2ndアルバムも期待しちゃうというのは、気が早すぎるかな。
コロナで南米への荷物がストップしていて、トレードが進まなくて困っているんですが、これはバンドさんが少量送ってくれました。
ただディスクをジャケットに挟んで梱包してたり、バックトレイカードの端が折れたりしてて、ディスクが少々擦れ、バックトレイカードに折れや曲がり少々で、
パリッとしてないんだけど、こういう状況ですので、ご了承下さい。
発売と同時にほとんど無くなっているとような事も言っていたので、再入荷は難しいかもしれません。
お早めにどうぞっ!
Facebook
@Metal-Archives
2021/01/10新入荷!!!! 中国スラッシュ・アタック!!!
20210110-2.jpg
Explosicum - Raging Living CD (Pub Metal Shop) 1500円
中国 Pub Metal Shop
中国のスラッシュメタルバンド、2014年の2ndアルバム。
LPやAreaDeath盤CDも出ているようですが、これは台湾のPub Metal Shop盤。
Facebook
@Metal-Archives

20210110-1.jpg
TumourBoy - Condemned To Extinction CD (Witches Brew盤) 1500円
中国 Witches Brew
中国のスラッシュメタルバンド、2018年の2ndアルバム。
地元中国のAreaDeath盤も出てるのかな?
でもこれはWitches Brew盤!
Facebook
@Metal-Archives
2021/01/08新入荷!!!! Huangquan Recordsから中南米他リイシューCD!!!!
20210108-5.jpg
Crossing Death - One Life Is Not Enough CD 1600円
メキシコ Huangquan Records
92年の….デモテープになるのかな?それともテープでリリースされたアルバム扱い?
本編11曲に、2005年のライブ12曲が追加収録されていますが、ライブトラック部分が全部で1曲として収録されているので(笑)、カウンター上は11曲約70分。
これはいかにもメキシコからアメリカ南部のスラッシュと最初期デスメタルが融合したスタイルですね。
オリジナルはAvanzada Metalicaからのリリースというのも非常にうなずける内容です。
Facebook
@Metal-Archives

20210108-6.jpg
Leprosy - Wicked Reich CD 1600円
メキシコ Huangquan Records
TransmetalのAlberto Pimentelが在籍するメキシカンスラッシュ、オリジナルテープ/CDはAvanzada Metalicaからリリースされた91年1stアルバム。
ザクザクだけどチタチタ、歌メロも当然それに呼応します。
ガチガチの中南米デスラッシュで鬼のようにシブいでっす!
Facebook
@Metal-Archives

20210108-7.jpg
Blackthorn - The Rotten Ways of Human CD 1600円
メキシコ Huangquan Records
オリジナルは92年Avanzada Metalicaからリリース!
バンド自体は新しいメンバーで復活しているようですが、アルバムとしてはこれが唯一のアルバムとなります。
確実にスラッシュルーツだけど、時期も意図も完全にデスメタル、しかし後にデスメタルとして確立されるような型にハマっていないという最高のやつです。
クソ渋っ!ドス黒く邪悪!
Facebook
@Metal-Archives

20210108-8.jpg
Severance - Thansmigration Reincarnation CD 1600円
アメリカ(テキサス) Huangquan Records

*重要*
うちのCDプレーヤー(業務用Tascam)でも、入荷分のうち約半分しか読み込み/再生出来ませんでした。
しかも1曲目は無音の30秒?
原因は78分も詰め込んでいるからでしょう。
再生出来ても音飛びしたり、止まったりします。
届いてから読み込み/再生出来ない、音が飛ぶ、止まるが有ると思いますが、そういうものとしてご了承の上お願いいたします。

内容は極悪なサタニック・デスメタルで最高です。
内容が恐ろしくシブいため、78分も詰め込んだ末のクオリティが痛いですね。
パソコンでは読み込み出来たため、HDに保存して聴くとか、半分くらいに分けて2枚のCDRにするとかしかないと思います。

01-03: "Procreation" Demo 1990
04-08: "Afterbirth of Infamy" Demo 1991
09-10: "Abysmal Ascent" 7" 1992
11-14: "Salvation Denied" CD Ep 1996

Facebook
@Metal-Archives

20210108-9.jpg
Fear Of Darkness - Age Of Brutality CD 1600円
ドイツ Huangquan Records
ジャーマン・デスメタル、94年の1stアルバム。
ちょっと、これジャケットがカッコ良すぎるでしょ?
で、内容、こーれは面白いっ!
2ndアルバムも出てるようなので、そっちも聴いてみたいな
というのは、これ、もうちょっと時代が後ならメロディックとかビートダウンみたいなのとかプログレッシブ的なものとかになるのかな?
メロディックデスがちょっと見えていますが、そうじゃない、才能?天然?
全てがギリギリ、絶妙なバランスで組み上がっています。
ここでメロディックになるかな?ならんのかーい!ビートダウンみたいなのやるの?やらんのかーい!の連続です。
ドイツだけど東に向かってるかな?ポーランドとかね。
これは非常に面白い一枚でっす!
@Metal-Archives

20210108-10.jpg
Monastery - Swieta inkwizycja CD 1600円
ポーランド Huangquan Records
ポーランド・スラッシュ、Monasteryの93年2ndアルバム、ボーナストラックで92年のHoly inqvisionデモを追加収録しています。
metal-archivesを見るとボーカリストが女性ですが、このアルバムの後からの参加のようです。
ジャケットのカッコ良さが驚異的ですが、音楽性はメタリカの影響下と言っていいかな?
正直ダイハードなスラッシュメタルマニア向けかな?
2ndアルバム本編からすると92年のデモはもうちょっとザラついています。
日本のスラッシュメタルバンドが好きな方、どうでしょう?
結構共通点が多いかも。
Facebook
@Metal-Archives

20210108-11.jpg
Antitese - Antitese CD 1600円
ブラジル Huangquan Records
オリジナルは89年Pulsar Rock Discosです。
レコードは持ってるはずだけど、もう長らく針を落とした記憶がない一枚です(笑)
凶悪な南米スラッシュですが、機材のせいか録音のせいか例えばCogumelo関連に比べると一歩元気が無い音で入っちゃってるんですよね
このCDでもマスタリングで現代風にするというようなことはやってなくて(笑)、あるべき姿といえばそうかもしれません。
南米マニアは当然これもコレクションに差しましょう。
基本アイテムです。
@Metal-Archives

Regredior - Born In The Coffin CD 1600円
20210108-12.jpg
リトアニア Huangquan Records
90年代前半に活動したバンドのようですが、いわゆるLPとかCDでフルアルバムを残さなかったようで、このCDは93年のBorn In The Coffinデモ(かっこいいタイトルです)をメインにして、同93年のFor Flinging Soulsデモ、そして遡って92年のUnder the Aegis of Darknessデモを収録した、いわばデモコンピレーションとなっています。
このバンドも非常にオリジナリティがあるというか面白い音楽性で、Paradise Lostの1stみたいな感触かと思ったら複雑怪奇なリフが飛び出したり、Sci-fiデスメタルみたいなシンセが飛び出したりと、かなり実験的な事を試みていたのが伺えます。
しかし、芯は結構ササクレだってるですよ。
あー、DarkthroneのGoatlordに近い怪奇さが有りますね。
For Flinging Soulsデモはもっとストレートな太いデスメタルですが、持ち味である怪奇さはキープしています。演奏も楽曲もいいので、フルアルバムを残さなかったのが悔やまれますね。
92年の1stデモは同じスタイルだけど比べるとまだ未完成で、音質も良くないです。
さすがにメインに据えたBorn In The Coffinデモが非常にいい出来でっす!
Facebook
@Metal-Archives

20210108-1.jpg
Leviaethan - Smile! CD 1600円
ブラジル Huangquan Records
南米ブラジリアン・スラッシュメタル。
オリジナルは90年Rock Brigade Recordsからの1stアルバムですが、これはボーナストラック3曲収録で合計11曲入り。
このボーナストラック分はどうなってるのかな?
Thrash Your Brain Demo 85となっていて3曲なんだけど、metal-archives見るとそのデモは88年で8曲なんですよ。
抜粋なのかな?
あ、でも2012年のブラジル盤CDでも同じ収録内容なんですね
Facebook
@Metal-Archives

20210108-2.jpg
Leviaethan - Disturbed Mind CD 1600円
ブラジル Huangquan Records
南米ブラジリアン・スラッシュメタル。
オリジナルは92年Rock Brigade Recordsからの2ndアルバムで、ジャケットクレジットでは88年のプロモテープの3曲を追加収録しています。
この3曲入りプロモテープはmetal-archivesでは89年となっています。
Facebook
@Metal-Archives

20210108-3.jpg
Illdisposed - Four Depressive Seasons CD 1600円
デンマーク Huangquan Records
90年代初頭から今現在も活動を続けるデンマークのデスメタルバンド、Illdisposedの93年1stアルバムに、
92年のThe Winter of Our Discontemptデモ5曲のうち2曲、93年のSoulstormデモ、これは4曲全てを追加収録した70分オーバーのフルボリューム盤。
Facebook
@Metal-Archives

20210108-4.jpg
Organic Infest - Penitence CD 1600円
プエルトリコ Huangquan Records
90年代初頭から活動し、今はOrganicと改名しているようですが、これは93年の1stアルバムに92年のDrown in Bloodデモを追加収録してあります。
デモの音質はさておき、アルバム本編のギターの音のしょぼさは中々のもので、豪快に空振りしていてマニアは悶絶間違いナシっ!
@Metal-Archives
2021/01/07新入荷!!!! Poisoned/ Death Invoker/Paganfire/Pahogen/Deathly Scithe - 5 way split CD
2021/01/06新入荷!!!! Surrender of Divinity Tシャツ
20210106-1.jpg20210106-2.jpg
20210106-3.jpg

Surrender of Divinity - Immolating the Son of the Whore Tシャツ(Mサイズ) 2500円

Surrender of Divinity - Immolating the Son of the Whore Tシャツ(Lサイズ) 2500円

タイ Incoffin Prod

これはシビーっすわっ!これは極悪っすわっ!
悪い子はみんな持ってるSODivinityの2003年Legion of Deathから出た7’ ジャケットデザインのTシャツですが、
ロゴとタイトル部分を赤くして、バックプリントもズビッと入ってますわっ!
IncoffinはSODivinityのメンバーのレーベルなので、当然オフィシャル、限定だぞっ!という告知でしたが、
ちょっとだけ卸してもらえました。
これはおそらくどんなライブに行っても他の人とカブり無しっ!
ロゴとタイトルの赤のおかげで、黒い革ジャンからチラ見せもいいっすね。
ボディはGildanのUltra Cottonです
ステッカーも同数送ってくれたので、お買い上げの方に差し上げまっす!
画像はMサイズです

(Lサイズ)
横 約54 cm
縦 約77 cm

(Mサイズ)
横 約49 cm
縦 約72 cm

ghcのコピー
2020/12/21新入荷!!!!! Bloodlust(oz)/Impaled Nazarene / Beherit/Slayer/Necrovore/Exorcist
20201221-1.jpg
Bloodlust - Leather, Steel & Hell CD 1600円
オーストラリア Vulkan Records
Leather, Steel & Hell本編はSlayerのFight Till Deathカバーを含む4曲何ですが、そこに2011年のThrashing Black Devil Worshipデモ、2013年のDeath Magic Ritesデモ、そして2014年のSpell of the Raven Witchの音源までドドン!と追加収録した編集盤!
これはナイスだし、親切だぞVulkan Records!
ドラムがImpietyのRavage&ConquerorやThe Impious Crusadeで叩いてたLouis Randoさんなんですね!
未チェックのバンドでしたが、アルバムも2枚出ているようで、一枚はメキシコから、もう一枚はポルトガルのレーベルからということで、
日本にはあんまり入ってきていないかも?
このミニアルバムを聴くと、かなり鋼鉄度高めのベスチャル・スラッシュで熱いっ!
鋼鉄スラッシュ好きはチェックして欲しいなぁ!
Facebook
@Metal-Archives

20201221-4.jpg
Impaled Nazarene / Beherit -Day Of Darkness Festifall live split CD 1600円
フィンランド/フィンランド -
再入荷
ウルトラ大名盤ブート!
このBeheritが凄まじくかっこいいんでっす!
Impaled Nazarene Facebook
Impaled Nazarene@Metal-Archives
Beherit Facebook
Beherit@Metal-Archives

20201221-5.jpg
Slayer - Hell Awaits European Tour 1985 CD 1600円
アメリカ -
スピードはReign In Bloodだけど、ヘヴィネスや邪悪度は完全にHell Awaitsですね。
鋼鉄度はShow No Mercyですけど。
Show No Mercy + Hell Awaitsなセットリストが最高すぎまっす!
Facebook
@Metal-Archives

20201221-3.jpg
Necrovore - The Abysmal Plains Of Hell CD 1600円
アメリカ Bloody Axe Music
スタジオ録音のアルバムを残さなかったのが本当に悔やまれる世界で最高にかっこいいバンドのひとつ!
87年の1stデモ、88年の2ndデモ、87年のライブ、V.A. - Satan's Revenge Part Ⅱ LPに収録されたSlaughtered Remainsを収録した編集盤。
@Metal-Archives

20201221-2.jpg
Exorcist - Nightmare Theatre CD 1600円
アメリカ -
名作アメリカン・スピードメタル!
High Rollerから豪華な再発が出ていますが、これはブートレグバージョン。
釈迦に説法かと思いますが、メタルに忠誠を誓うならオリジナル、再発、そしてブートも並べてコレクションに差しておくのです。
@Metal-Archives
2020/12/18新入荷!!! Sabbat/Intestine Baalism/Invictus from Obliteration Rec!!
20201218-2.jpg
Sabbat - Live at Asakusa Deathfest 2017 CD 1760円
日本 Obliteration Records
東京・浅草で開催されたインターナショナル・デスメタルファスティバル、Asakusa Deathfestの2017年にヘッドライナーとして出演した日本が世界に誇るブラックメタルバンド、SABBAT。
1984年に結成し、世界でカルトな人気を誇るSABBATがこのライブでは初期メンバーを迎えてのツインギター編成と往年の名曲によるセットリストでAsakusa Deathfestを阿鼻叫喚のメタル地獄へ変えた。
そのライブをデジタルマルチトラックレコーディングで録音しアメリカのBrainsplitter スタジオにてミックス・マスタリング。国産カルトレーベル、HMSSから超限定アナログで発売されたオリジナルレコードからわざわざ盤起こししたこだわりのライブアルバム。全8曲収録、限定777枚。
Facebook
@Metal-Archives

20201218-1.jpg
Intestine Baalism - The Energumenus + Live at Asakusa Deathfest 2018 CD 1760円
日本 Obliteration Records
1992年結成、日本のデスメタル黎明期でいち早くメロディとブルタリティを融合させたデスメタルをプレイし国産メロディックデスメタルの始祖といいっていいバンドがこのINTESTINE BAALISM。
これまでに3枚のフルアルバムをリリースし国内はもちろん海外で高い評価を受ける。
2019年5月には彼らの初海外遠征となるオランダ Netherlands Deathfestに出演。
本作は彼らの最初期にあたる1994年に録音された6曲入りデモテープをリマスタリングしてCD化再発。
ボーナスに浅草デスフェスト2018でのハイクオリティなライブ4曲を収録

@Metal-Archives

20201218-3.jpg
Invictus - The Catacombs of Fear CD 1980円
日本 Obliteration Records
2015年に長野県で結成。スラッシュメタルから影響を受けた刻み度の高いリフワークとシュレッドギターソロ、切れの良いブラストで90年代のオールドスクール・デスメタルを現代に継承する日本では数少ない”New Wave of Old School Death Metal”バンド。 2016年には韓国のFECUNATIONとスプリットCDをリリースし韓国、タイ、中国ツアーも経験。国内外でも精力的にライブ活動も行なってきたINVICTUSが結成から5年目、満を持してのファーストフルアルバムをついにリリース。
MALVOLENT CREATION、DEMOLITION HAMMER、SPAWN OF POSSESIONなどから影響を受けたリフワークとヴェリアスなデスヴォーカルスタイル。手数の多いリフと高い演奏力によるアンサンブルで3ピースながら厚み、深みのあるサウンドとスラッシュメタルとデスメタルを横断可能にするレンジの広い楽曲スタイルも魅力。
ミックス・マスタリングに死んだ細胞の塊、BUTCHER ABCなども使用したStudio Chaosk。ロゴデザインはEMPERORなども手がけ日本でも個展を開催したメタルロゴの巨匠、Lord of the LogosことChristophe Szpajdel。アートワークはスペインのDan Seagraveと言われCOFFINS、VARATHRONなど数々のデスメタルバンドのジャケットを手がけるJuanjo Castellano Rosado。
ヨーロッパ盤はドイツのFDA Recordsからの同時リリースとなり長野から世界に向けてデスメタルを発信する有望な若手バンド!!
Facebook
@Metal-Archives
2020/12/17新入荷!!!! Slaughtbbath/Throneum/Impure Desecration
20201217-1.jpg
Slaughtbbath ‎- Alchemical Warfare CD (Old Temple) 1600円
チリ Old Temple
2019年2ndフルアルバム!
Hell’s HeadbangersからCD/LPで出てましたが、これは2020年ポーランドのOld Temple盤。
何がイイって、内容が極悪に最高なのはモチロン、Old TempleのCDはほとんどがゴールド盤なので、
有難味が5割増!
いやー、それにしても内容が凄いですねェ〜!
1stも凄かったんですが、2ndはそれ以上ですね!
ザラザラに極悪なモービッド・ブラックデスラッシュで、これは名盤っ!
Facebook
@Metal-Archives

20201217-3.jpg
Throneum - The Tight Deathrope Act Over Rubicon CD (Old Temple) 1600円
ポーランド Old Temple
2018年9thアルバム!
最初はHell’s HeadbangersからのCDでしたが、これは2020年のOld Temple盤。
Old Temple盤なので、ゴールドCDになっているので、これはイイ!
で、内容ですが、個人的にはとにかく押せ押せのイメージがあるんですが、流石にベテラン!
押せ押せ感は若干押さえて、大作約60分モノです、深いです!
以前はハードコア的な雰囲気というか勢いが印象的でしたよね?
ブラストで速い部分も重心はグッと低いです。
これは、おそらく狙いはTo Mega Therionか?
いや、物真似じゃなくて、あくまでThroneumにおけるTo Mega Therion的な位置づけのアルバムというべきかな?
シンプルなのに一筋縄ではいかないこの感じはバンドの成長そのものですね。
自分で演奏する方、バンドやってる方にも是非聴いてほしい一枚に仕上がっています。
オススメ!
Facebook
@Metal-Archives

20201217-2.jpg
Impure Declaration - Мind Upheaval, Unclear Signs MCD 1300円
ポーランド Old Temple
2019年、バンド2作目のリリースとなる4曲入りミニアルバム。
最初のリリースはやはり3曲入りのミニアルバムだったようで、そっちは未チェックですが、この2ndミニを聴く限りは、演奏、録音、楽曲、全て標準以上のハイクオリティですが、個人的にはですね、これを思いっきり評価するのはフルアルバムを出してからという気もします。
ヘソの下に来る重さを持ったドゥームデスなんですが、ミニアルバムでCDか…..
やはり早いとこフルアルバム、しかもジャケットや装丁もガッチリ重厚なLPで、ギャフンと言わせてもらって、そこから遡ってこれを聴きたい感じかな?
なのでこれもコレクションに差しておいて、今後のリリースに注目していくという感じでしょうか?
ドゥームデスファン、オススメでっす!
@Metal-Archives
2020/12/10新入荷!!!!! Vulcano CD / Master CD
20201210-1.jpg
Vulcano - Anthropophagy CD 1600円
ブラジル Fallen-Angels Productions
87年、スタジオアルバムとしては2nd、最初のライブアルバムを入れると3rdとなります。
ライブアルバムは初期衝動丸出しで、パワーメタルというかもうほとんとパンク/ハードコアみたいな大名盤、続くBloody VengeanceはSodom、Sarcofagoなどと共通点も多い吐き捨て型邪悪デスラッシュで最高ですが、このアルバムも凄いっ!!!
Bloody Vengeanceに比べるともっと鋼鉄臭が強くなっていて、やはり今聴くとNifelheimはVulcanoの影響が強いんだなぁと思っちゃいますね。
ボーカルの声とか凶暴性がCasbahにも近い気がします。
メタル、スラッシュ、デス、ブラックメタルと名盤数あれど、ここまで凶暴でベスチャルなメタルというのもそーはないですよ。
ウルトラ大名盤、爆裂オススメ盤!!!!!!!!
Facebook
@Metal-Archives

20201210-2.jpg
Master - Slaves to Society CD 1600円
アメリカ Fallen-Angels Productions
2007年9thアルバム!!
すいません、Masterは1stアルバム前後しかチェックしてなかったので、9thと言われても時系列で聴いてないですが、
これを聴く限りは全然変わっていないというか、ちょっとテンポアップしてる印象ですが、全然かっこいいですね!
これはちょっと結構遡って聴きなおさないとダメかな
スペックマン先生の歌さえあれば何でもカッコ良くなっちゃいそうですけど(笑)
Facebook
@Metal-Archives
2020/12/06新入荷!!!!!! AreaDeath Prod便!!!!
20201206-4.jpg
Germ Bomb - Under A Fading Sun CD 1600円
スウェーデン AreaDeath Productions
2015年3rdアルバム
いいんですね、これが!
実は大好きなバンドです。
いわゆるメタルパンクという感じで紹介されることが多くて、もしかしたらジャケットのカラフルさもあってもっとパーティ的な感じと思ってる方もいるかもしれませんが、実は狙ってるとこはメッチャ渋いとこ突いてます。
サウンドが似てるわけではないので、あんまり名前を出されませんが、TANKに漂う大人のコクみたいなものが核になってる気がします。
細かいサブジャンル分けとか、何に似てるとかじゃなくて、素直に内容が楽しめるいいバンドです。
GBGということで若干そこもポインツアップですしね。
速くない曲もシビーのは、実力の証拠です。
Facebook
@Metal-Archives

20201206-5.jpg
Necroabbot - Hell Torment CD 1600円
台湾 AreaDeath Productions
今まで台湾のバンドということで、ちらほらネットで聴いたことはありましたが、Deathrash Armageddon的にはアンテナに反応するものは
まだありませんでしたが、これはAreaDeathのリリースだし、入荷させてみました!
Death Metal/Crust、デスメタルクラスト的なものは正直積極的に取り扱いをする部分ではないですが、
アルバムを聴いてライブはおそらくかなり爆ノリできるんじゃない!?と思っちゃいました。
いわゆる90’s-2000以降のダイナミック系D-beatの重いやつで、こういうのってやっぱ体が反応しちゃうんですよね。
Bastard Priestをもっとダイナミック系D-Beatにした感じと言ってもいいかなと思います。
Facebook
@Metal-Archives

20201206-12.jpg
Nunslaughter - Open The Gates 3枚組CD 3500円
アメリカ AreaDeath Productions
1985〜1999の音源を集めた3枚組CD!
収録内容は:
Disc 1:
Tracks 1-4 from the Death Sentence demo
Tracks 5-8 from the Ritual of Darkness demo
Tracks 9-10 from the unmixed Ritual two track demo
Tracks 11-16 from the Rotting Christ demo
Tracks 17-19 are Rotting Christ raw tracks
Track 20 is an unreleased demo
Tracks 21-29 from the Impale the Soul of Christ on the Inverted Cross of Death demo
Tracks 30-31 are Impale the Soul unmixed tracks

Disc 2:
Track 1 is from Lucifer 91
Tracks 2-4 from Rehearsal October 10th, 1991
Track 5 is an unreleased demo from 1991
Track 6 is an unreleased demo from 1992
Tracks 7-11 are the Guts of Christ demo
Tracks 12-14 are a rehearsal demo from June 23, 1991
Tracks 15-21 from the Face of Evil demo
Tracks 22-29 from the Face of Evil rehearsal demo

Disc 3:
Tracks 1-11 are a rehearsal from January 1, 1997
Tracks 12-14 from the Evil Speaks demo
Track 15 is an unreleased alternate take
Tracks 16-31 are a rehearsal from May 4, 1999

Facebook
@Metal-Archives

20201206-1.jpg
Death Angels - Noite Negra CD 1600円
ブラジル AreaDeath Productions
唯一の音源である84年のデモをCD化したもので、音は悪いし、チューニングは狂ってる、演奏もボーカルもデタラメ、
これはもうカルト!としか言いようのないブツです!
metal-archivesでボーカル/ベースのNelsonさんはNew York Against the Belzebuのメンバーでもあったようだけど、
そこからdiscogsで追っかけるとRottenness RecordsのオーナーのNelsonさんなのかな?
ブラジルと言っても、おそらくCogumelon系までしか行ってなかったら、理解不能でしょう。
Ulsterとか近年ビニール化されたRuidos Absurdosみたいなのまで守備範囲な方は、ジャケのカラフルさに惑わされずにコレクションに差しときましょう!
@Metal-Archives

20201206-6.jpg
Barbatos - Let's Fucking Die! CD 1600円
日本 AreaDeath Productions
2006年4thアルバム!
Facebook
@Metal-Archives

20201206-7.jpg
Barbatos - Rocking Metal Motherfucker CD 1600円
日本 AreaDeath Productions
2003年2ndアルバム!
Facebook
@Metal-Archives

20201206-8.jpg
Dorsal Atlantica - Antes do Fim CD 1600円
ブラジル AreaDeath Productions
86年1stアルバム!
ボーナストラックとして86年のライブ音源7曲(2会場)が追加されておりまっす!
Cogumelo系じゃないので、近年の例えばSarcofagoとかHolocausto云々の流れではあんまり名前が出てこないバンドですね。
もうちょっとスラッシュとかマイナーメタル界隈の方が通りがいいかな?
86年はSepulturaのMorbid Visionsがリリースされた年です。
でも、このバンドは最初のデモが82年だし、Metalmorphoseとのsplitが85年ですからネェ〜!
このアルバムはギターがスラッシュ、もっというとメタリカ以降の音みたいにダイナミックな音じゃなくて、刻みのとこもチョリチョリなんですよ。
ドラムのチタチタ感は90年代中盤までの南米の感触ですね。
RDPの2ndとかにも近い印象を受けますが、それも同86年。面白いですね〜!
今となっては大御所バンドですが、これはもう南米カルトメタル、ど真ん中でっす!!
これを再発するとは、ヤルなAreaDeath!
Facebook
@Metal-Archives

20201206-9.jpg
Dorsal Atlantica - Dividir & Conquistar CD 1600円
ブラジル AreaDeath Productions/Xmusick
88年2ndアルバム!
ん?オリジナルLPは8曲入り、そんでこれは15曲入りでそのうち2曲はリハ音源、それ以外の5曲は何の音源か記載無し?
曲目的にはVictory 7’やCheap Tapesとも一部カブるけど、これ違いますよね?
なんかスゲーファズった感触のスピードメタルで、2ndアルバム本編よりかっこいいんですけど?
1stアルバムよりちょっとスピードが増したのは時代だろうし、その分ちょいクロスオーバー感が強くなっていますが、
2ndアルバムは基本的には1stの延長線上と言っていいでしょう。
余談ですが、昔々ビニールジャパンの放出に開店前から並んだにもかかわらずお目当てのものが買えず、しょうがないから高くなかったCheap Tapes from Divide and ConquerのLPを買ったんだけど、期待したようなCogumeloのバンドみたいなのじゃなくてガッカリしたことがありました(笑)
でも、今、1stや2nd、Metalmorphoseとのsplitなども踏まえて聴くと、初期からの変化も全然楽しめますねェ〜!
Facebook
@Metal-Archives

20201206-10.jpg
Abhorrent - History of the World's End 2枚組CD 2000円
チリ AreaDeath Productions/Xmusick
2000年以前の音源を収録した2枚組で、かなりお腹いっぱいになります。
ちょっとテクニカルというか手数の多い弦楽器隊で、
92年のデモは時代もあってか感触はかなりザラついています。
Christianicide demoなんかは中々ブチ切れたテンションと録音です。
当時テープだけだったようですが、96年の1stアルバムはそこから若干整合性も出てきて重心も下がってますね。
Deathrash Armageddonをチェックしてもらってる方にはテクニカルメタルすぎるだろうけど、テクニカルデス/スラッシュみたいなのを聴いてる方はスペイン語ボーカルやデモのブチ切れ具合がちょっとつらいかも?という中々誰に向けてプッシュしていいかわからない感じです(笑)
その辺を面白がれる上級者にオススメしときましょう!

Disc 1
Tracks 1-2: Advance Tape (1992)
Tracks 3-8: Christianicide demo (1992)
Tracks 9-14: Start Point album (1996)

Disc 2
Tracks 1-10: Live & rehearsal 1989-1999

@Metal-Archives

20201206-11.jpg
Natas - DeathCore 1985-1993 2枚組CD 2000円
アメリカ AreaDeath Productions/Xmusick
あー、そうですかー!
Natas = Not Usかー!Not UsってあのWild RagsからLP出してたアレですね。
初期はNatas名義で、Wild RagsからのLP以降Not Usでいいのかな?
そんでギターの方は、デモ以前の最初期Masterのメンバーなんですね。
いわゆるスラッシュというかクロスオーバーなんですが、ファニーな感触やパーティ的なものは無くて、
今聴いてもやっぱりちゃんとかっこいいなぁ!結構骨太で、Masterの名前が出るのも頷けるようなリフワークや曲も有りますね!
LPは単独再発してないんですね。でも、このCDに丸ごと入ってるのでご安心下さい。
そんで興味深いのはデモ音源ですよ、85年や86年のはDeathcoreというタイトルも頷けるようなちょっとNecrophagiaとMasterをハイブリットさせたようなスタイルが核になっていて、それでその後にあのLP!?
まぁ流れと言えばそうですね
そんで面白いのはLPの後(ですよね?)、No One Gets Out Aliveでもっともっとアメハー寄りになって、その後のWild rangs compではさらにもっとパンクロックまで接近しているのが面白いですね〜!
89年のデモ音源やWild Rags comp期のスタイルはwelcome to 1984とかPeace、Cleanse The Bacteria辺りに入ってても違和感無いんじゃないですか?
タイトルやジャケットで迷うかもしれないけど、80’sハードコア好きにもガッツリオススメ出来る内容でっす!

CD 1:
Tracks 1-9: "Think What You Want" LP, 1989.
Tracks 10-22: "No One Gets Out Alive" Demo, 1989.

CD 2:
Tracks 1-7: "Outcast of Society" Demo, 1985.
Tracks 8-13: "Internal Damnation" Demo, 1986.
Tracks 14-17: "Wild Rags Limited Edition" Split, 1990.

@Metal-Archives

20201206-2.jpg
Dismantle - Enter The Forbidden CD 1600円
アメリカ AreaDeath Productions/Xmusick
2012年2ndアルバム
Facebook
@Metal-Archives

20201206-3.jpg
New York Against The Belzebu - Esfiha Bombs CD 1300円
ブラジル Thanatopsis Records/Xmusick
Facebook
2020/12/03新入荷!!!!!! Under the Sign of Garazel Productions
20201203-3.jpg
Szron - Frost Eternal CD 1600円
ポーランド Under the Sign of Garazel Productions
オリジナルは2002年にHatefulとのsplitとしてリリースされた1stデモに続く音源ですが、それに1曲追加してCD化したものです。
これはデモといってもちゃんとレコーディングされた音源で、リハ音源みたいなのとは全然違います。
とにかく冷徹フリージング、音源は2001年ですが90年代の初期ブラックメタルの衝動に満ち溢れています。
ポーランドや東欧マニアだけではなく、普段はノルウェーや北欧のブラックメタルを中心に聴いている方にもぜひ聴いて欲しい音源です!
@Metal-Archives

20201203-2.jpg
Szron - Zeal CD (2019年盤) 1600円
ポーランド Under the Sign of Garazel Productions
2010年2ndアルバム、初回と同じレーベルからの2019年再プレス盤。
初期の90’sブラックメタルの初期衝動丸出しのフリージングなブラックメタルから、グッと重心を落とした感触は確実にバンドの進化ですね。
しかしその初期衝動から引き継いでいるかのようなササクレだった感覚はそのまま。
核を失うことなく音楽的にチャレンジしていますが、それが逆にプリミティヴな方向だったりして非常に聴きごたえのあるアルバムになっています!
@Metal-Archives

20201203-4.jpg
Sons Of Serpent - Primeval Ones デジパックMCD 1600円
ポーランド Under the Sign of Garazel Productions
ベースが3rd-4thデモの頃のBehemoth、ギター/ボーカルがDeath Like MassやLvsifyre他ということですが、これは98年の2曲入りデモをCD化したもの。
この音源が唯一のリリースだったようですが、2曲で約18分。
 演奏とかバンドのポテンシャルが驚異的で、そういった有名バンドのメンバーというのも非常にうなづけます。
スタイルとしてはキーボードの味付けもあるブルータルブラックメタルなんだけど、ポーランドはタイトでブルータルなブラックメタルが多いし、
すごいバンド多いですね。
これがノルウェーやスウェーデンのバンドで、もしアルバムが出ていたら大御所バンドと肩を並べるような感じだっただろうな?と想像します。
@Metal-Archives

20201203-1.jpg
Kohort - Christian Masquerade CD 1600円
ポーランド Under the Sign of Garazel Productions
94年にデモ、95年にこのアルバムだけを残したバンドのようですが、これはその95年1stアルバムのUnder the Sign of Garazel Productions再発盤。
そして内容ですが、さすが95年!!
ざっくり方向性だとSatyriconやGorgorthのデモあたりが好きな方、そこまで凄いとは言いませんがああいうのでもうちょっとシケシケにしたやつです!もしくはGoatmoonをシケシケにした感じか?
よくこのスタイルのままで約53分のフルアルバムを残したものです。
録音はちゃんとされていますがシケシケで、普通はこういうボーカルスタイルはデモ音源だけで疲れちゃう場合が多いと思います。
ボーカルがWar 88(これはmetal-archivesの写真がイカレています)他で、このバンドもそういう歌詞とかなのかな?
Discogsでは売買できないようにブロックされています。
@Metal-Archives
2020/11/28新入荷!!!! Bestial Invasion Records/Hooked on Metal Records/Nigredo Records
20201128-9.jpg
Savage Grace - Master of Disguise CD 1600円
アメリカ Hooked on Metal Records
えっ!!!!!!
こんなにカッコよかったのか!!!!
なんで今までちゃんと聴いてなかったんだろ!!!
これは85年の1stアルバムなんですが、2ndのAfter The Fall From Graceは日本盤LPでも出てて、中古屋で時々見ましたよね。
昔はいわゆるヴェノム、ソドム、バソリーみたいなスラッシュじゃなくて、多分ハイトーンのやつだよな?ということで、
完全にスルーしてました。
何年か前にうちのレコード屋の師匠の在庫からRide Into The Night ピクチャー12’が出てきて、ちょっと聴いて渋いすねくらいの印象で、
確かウェブストアに出しちゃった気がします。
なんだ、今これ聴いたらメチャメチャかっこいいじゃないですか!!
これは凄いすわ!
スピードメタルかくあるべきというお手本のような音ですね。
LPで出てるやつは全部欲しくなっちゃいますよ。
スラッシュが大きなムーブメントになる前のメタルバンドはみんなこういうスタイルでやるのに憧れたんじゃないですかね。
特に日本のバンド。
でも、やっぱりL.A.メタルとかを横目に、ブレちゃったり、実際にこうやって形にしても商業的には成功しないという事だったのかな。
Facebook
@Metal-Archives

20201128-5.jpg
Paganfire - Wreaking Fear and Death CD 1600円
フィリピン Bestial Invasion Records
実は結構昔から知り合いで、まだオリジナルじゃなくてSlayerのカバーだけやってるライブを観たことがあります。
splitとかデモを連発してて、リリースが分かりづらいんですが、これは2013年の1stアルバム。
というか正式なアルバムはまだこれだけ。
なので、他の例えばライブ音源とかを聴くにも、これを押さえているとより分かりやすいと思います。
中々ハイスピードのゴリ押しスラッシュなんですが、いかにも東南アジアのバンドといった感じの空振り感がマニアはタマらんでしょう!
そんで本編は8曲なんですが、このCDは13曲入りになってます。
あれ、違うな?9、10、11、12は無音トラックになっていて、13曲目にアルバム1曲目のBakal Sa Bakal, Laman Sa Lamanのライブ音源が入っています。
@Metal-Archives

20201128-8.jpg
Sabbat / Paganfire - Sabbatical Vermin Born / The Witchhammer of the Power Elitist CD 1600円
日本/フィリピン Bestial Invasion Records
Sabbatは2013年のTrue Thrash Fesから5曲、Black Metal ScytheなどSabbatrinityからの曲も演奏しています。
Paganfireは2013年のライブ5曲。
Sabbat Facebook
Sabbat@Metal-Archives
Paganfire@Metal-Archives

20201128-7.jpg
Hell Poison - Burn with Me CD 1600円
ブラジル Bestial Invasion Records
2019年1stアルバム
ディスコグラフィーを見るとかなりsplitを出していますが、未チェックでした。
一人バンドのようですが、演奏も楽曲もかなりちゃんとしています。
南米や東南アジアのアンダーグラウンド・スラッシュ好きはオススメでっす!
黒スリに白スニーカー、白Vもキマってます!
Facebook
@Metal-Archives

20201128-6.jpg
Cult of Horror - Hermetik Heretik CD 1600円
ブラジル Bestial Invasion Records
2020年2ndアルバム
metal-archivesの似てるバンドリストではMidnightが一番上になってますが、このリストで抜けてるのはNecrophagiaですね。
ボーカルのまだゴアというカテゴライズも無い時期のゴアメタルというか、そういう感触が持ち味と言っていいかな?
Sodomizerなどが好きな方にも強くオススメでっす!
Facebook
@Metal-Archives

20201128-4.jpg
V.A. - Gehennah tribute Bang Your Head for Gehennah CD 1600円
Bestial Invasion Records
Moloch Letalis、Offence 、Riotor、Ragehammer、Stillborn、Axecutor、Warfist、Hate Them All、Paganfire、Excidium、Empheris、Whipstriker

20201128-2.jpg
Amen Corner / Black Angel - South American Tribute CD 1600円
ブラジル/ペルー Bestial Invasion Records
レコーディングの場所は書いてあるけど時期が書いてなくてちょっとイラッとしますが、日本に片手ほどいると思われるブラックエンジェラーは迷わずポチってください。
当然激少量入荷です。
少量入荷なのに、ディスクにちょい傷有りますので、ご了承下さい。
Amen Corner Facebook
Amen Corner@Metal-Archives
Black Angel@Metal-Archives

20201128-1.jpg
Atomic Roar - Never Human Again CD 1600円
ブラジル Bestial Invasion Records
ブラジリアン・スラッシャーのオールスターバンド、Atomic Roarの2017年3rdアルバムです。
ビブラスラップを使うあたり、大変よくわかってらっしゃいます!
各メンバーは色んなバンドで活動していますが、このAtomic RoarはWarfareの影響を強く出したスタイルで、
アグレッシヴなメタルながらもUKメタルの影響というか大人のコクが強いですね。
Warfareはもちろん、TankやRogue MaleからMotorheadモロすぎる部分を抜いたような感じとでも表現したらいいでしょうか?
メチャ渋っメタルパンクに仕上がっておりまっす!
*今回入荷分、ディスクにわずかにスレ有り
Facebook
@Metal-Archives

20201128-3.jpg
Fordarv - Between the Eternities CD 1600円
スウェーデン Nigredo Records
2014年1stアルバム
Bathoryルーツだけど、近いのはArckanumとかかな?
ドカドカでザラザラ、メランコリックでフリージングなストレートなユーロブラックメタルど真ん中!
この演奏の完成度で二人バンドなのか〜!凄いな。
@Metal-Archives
2020/11/25Satanic Ripper/Holocausto/Nocturnal Damnation CD4タイトル発売!!
20201125-1.jpg
Satanic Ripper - Southern Black Spells (邦題/南十字星の黒魔術) CD 1650円
チリ Deathrash Armageddon DA13-077
The Nightmare come True!!!
悪夢が叶って、念願のオフィシャル再発!!!!
数年前からラブコールを送り続けて、ついに再発が実現しました!
2014年1stアルバムで、オリジナルはチリのApocalyptic ProductionsからCDリリース、続いて翌2015年にスウェーデンのBlood HarvestがLP化。
暴発する南米チリシーンの中でも一際異彩を放つモービッド・ブラックデスラッシュ鬼才集団で、ジャケットに漂うミスティックかつサタニック、そしてモービッドな感触はそのサウンドにも現れており、想像が難しいとは思うがMayhemのDe Mysteriis Dom Satanasにも通じる神秘的なリチュアル感と、Nifelheimの聴くものを突き放すような鋼鉄感、そしてMortuary Drapeのザラついた部分が南米の地で正面衝突したような衝撃度!
Facebook
@Metal-Archives

20201125-2.jpg
Holocausto - War Metal Masscre (邦題/ウォー・メタル・マサカー) MCD 1320円
ブラジル Deathrash Armageddon DA13-078
南米ブラジル、カルト・ウォーメタル完全復活作!!
なんと言っても87年Cogumeloからの1stアルバム、Campo De Exterminioが永遠の南米クラシックなんですが、2ndアルバム以降はメンバーチェンジなどもあり、初期とは若干違う音楽性となっていましたが、このミニアルバムからいよいよ完全復活!
いや、復活どころがより極悪さは増しています!
それを裏付けるように、収録の半分は初期楽曲の再録音なのですが、全体としては2016年録音、前半の曲は正式発売されたフォーマットで追っていくとV.A. - Warfare Noise LPの2曲と、V.A. - The Lost Tapes Of Cogumelo LPの1曲を再録音したもの。
ただ後半の2015/2016年に作られた曲を続けて聴いても全く違和感の無い極悪感!
2016/2017年にNuclear War Now!からMLP、MCDとして発売されていましたが、今回、Deathrash Armageddonから帯付きのアジアン・エディションとして正規再発!
@Metal-Archives

20201125-3.jpg
Holocausto - Diario De Guerra (邦題/殺戮戦記) CD 1650円
ブラジル Deathrash Armageddon DA13-079
2019年6thスタジオアルバムがDeathrash Armageddonから帯付きアジアン・エディションとして正規再発!
南米のバンド群の中でも、Sodomの影響の強いバンドでしたが、このアルバムも狂おしいほどにSodomの初期衝動、そして南米のブルタリティに満ち溢れたアルバムとなっています。
2ndアルバム以降はメンバーチェンジなどもあり、初期とは若干違う音楽性となっていましたが、前作のミニアルバムから初期メンバーに戻り、いよいよ完全復活してバンド史上、1stアルバムと並ぶ最凶作品を作り上げました!
そしてこの年2016年のNuclear War Now! Festival Vでは二日目のヘッドライナーとして出演、アンダーグラウンド・メタルシーンにその存在を再度刻みつけました。
@Metal-Archives

20201125-4.jpg
Nocturnal Damnation - Nuclear Masscare Of GoatKommand (邦題/ニュークリア・マサカー・オブ・ゴートコマンド) MCD 1100円
タイ/韓国 Deathrash Armageddon DA13-080
タイと韓国のメンバーからなるアジアン・ウォー/ベスチャル・ブラックメタルバンド、2020年最新作は5曲入りミニアルバム!
2011年のデモから話題を集め、Dunkelheit Produktionenからリリースされた2012年の1stアルバムや、Abigailとのsplit、他にはウォー・ベスチャル・ブラックメタルガイドブックでも紹介されたので真性マニアはチェック済みのバンドでしょう!
MorbosidadやBlasphemophagher、そしてメンバーのPatiwat氏が在籍していたZygoatsisを思わせる独特の切れ味と極悪感が充満したウォー・ベスチャル・ブラックメタル!!
Facebook
@Metal-Archives

20201125-5.jpg20201125-6.jpg
Nocturnal Damnation - Nuclear Massacre of GoatKommando Tシャツ (Mサイズ) 2500円
Inhuman Assault Productions
オフィシャルTシャツ
ボディはGildanのUltra Cotton、Mサイズのみの入荷です
Facebook
@Metal-Archives
2020/11/23新入荷!!!! BEHERIT新譜+KVLT Releases!!!
20201123-2.jpg
Beherit - Bardo Exist LP(初回盤ボーナスディスク(CD)付き) 2700円
フィンランド KVLT
まさかの2020年最新作、metal-archivesに準拠すると6thアルバム、The Oath of Bloodを入れると7thアルバムということになります。
LPもCDも初回盤はボーナスディスク付きとなります。
このボーナスディスクはLPのCD版が付いているんじゃなくて、別内容です。
いわゆるこれはアンビエントアルバムですが、やっぱりBeheritだなぁという感じがかなり充満していると思います。
2019-2020年にNuclear Holocaust Vengeanceさんが作ったようで、再発云々はちょっと置いといて、Celebrate The Dead、Engramと来てここでこれ!というのはもう非常にBeheritらしいとしか言いようがないですよね。
アンビエントか〜という人はもう置いてきますよ(笑)
今後どのレーベルからどういう形で再発されようが、これがオリジナル盤ということだし、初回盤ボーナスディスク付きですから、万が一買って後悔しても2-3日で忘れるでしょうけど、買わなかった後悔はずっと続きますしね。
Facebook
@Metal-Archives

20201123-5.jpg
Beherit - Bardo Exist デジパックCD(初回盤ボーナスディスク付き) 2000円
フィンランド KVLT
まさかの2020年最新作、metal-archivesに準拠すると6thアルバム、The Oath of Bloodを入れると7thアルバムということになります。
LPもCDも初回盤はボーナスディスク付きとなります。
いわゆるこれはアンビエントアルバムですが、やっぱりBeheritだなぁという感じがかなり充満していると思います。
2019-2020年にNuclear Holocaust Vengeanceさんが作ったようで、再発云々はちょっと置いといて、Celebrate The Dead、Engramと来てここでこれ!というのはもう非常にBeheritらしいとしか言いようがないですよね。
アンビエントか〜という人はもう置いてきますよ(笑)
今後どのレーベルからどういう形で再発されようが、これがオリジナル盤ということだし、初回盤ボーナスディスク付きですから、万が一買って後悔しても2-3日で忘れるでしょうけど、買わなかった後悔はずっと続きますしね。
Facebook
@Metal-Archives

20201123-3.jpg
20201123-8.jpg
Beherit - Bardo Exist Tシャツ (Size : M) 2500円
フィンランド KVLT
ボディはGildan Heavy Cotton
Mサイズ

20201123-4.jpg
20201123-8.jpg
Beherit - Bardo Exist Tシャツ (Size : L) 2500円
フィンランド KVLT
ボディはGildan Heavy Cotton
Lサイズ

20201123-1.jpg
Black Beast - Nocturnal Bloodlust LP 2700円
フィンランド Primitive Reaction
2019年1stフルアルバム!
楽曲、演奏はガッツリフィンランド・ブラックメタルなんですが、ボーカルがもうちょっと歌詞というか何を歌ってるか聞こえるようなスタイルで、声はImpietyとかHades Archer、Flameの最新作あたりに近い出し方をしています。
突出した派手さは無いけど、楽曲のクオリティや作品としての完成度は非常に高いです。
どうしても大まかな方向性として南半球に注意が行きがちですが、やはりこのフリージングな感触のブラックメタルはこれからの季節、最高です!
あまりに最高なため、LPとCDを同時入荷させました!
@Metal-Archives

20201123-7.jpg
Black Beast - Nocturnal Bloodlust CD 1800円
フィンランド Primitive Reaction
2019年1stフルアルバム!
楽曲、演奏はガッツリフィンランド・ブラックメタルなんですが、ボーカルがもうちょっと歌詞というか何を歌ってるか聞こえるようなスタイルで、声はImpietyとかHades Archer、Flameの最新作あたりに近い出し方をしています。
突出した派手さは無いけど、楽曲のクオリティや作品としての完成度は非常に高いです。
どうしても大まかな方向性として南半球に注意が行きがちですが、やはりこのフリージングな感触のブラックメタルはこれからの季節、最高です!
あまりに最高なため、LPとCDを同時入荷させました!
@Metal-Archives

20201123-6.jpg
Impurity / Black Feast - In Blood… / Weltering Shadows… CD 1800円
ブラジル/フィンランド KVLT
まずImpurityは2010年のリハ音源と89年のリハ音源を収録しています。
ただ2010年のはリハ音源とは言ってもいわゆる練習テープみたいな音質ではなく、別に普通のアルバムの音質一歩手前くらいかな?
アンダーグラウンドのバンドならこれでアルバムですと言ってもいいくらいの録音です。
ネタバレかもしれませんが、いきなりのショートカットチューンで悶絶!
そして極悪チューンの連打!連打!連打!
テンポ落とした時のダルダル感が鬼シブい!
89年のリハはいかにもリハ録音という感じですが、こういう方がイイ!という変態も多いでしょう。
もうただサタニックなノイズメタルの塊です。
続くBlack Feastは、これは凄いっ!!!
イントロの後の本編で鳥肌ゾワーーーーーーーーーっ!!!でっす!
これはちょっと感動するくらい凄いですわ!
モロBeheritなのはそうなんですが、BeheritよりもBeheritといった感じでしょうか?
ジャケットの中は両バンド極悪写真満載でこれも最高でっす!
Impurity Facebook
Impurity@Metal-Archives
Black Feast@Metal-Archives

20200907-2.jpg
Goat Semen - Ego Sum Satana CD 1800円
ペルー KVLT
再入荷!!!
余計な説明は不要ですね?
2015年1stフルアルバム!
フィンランドKVLT盤、少量入荷!
Facebook
@Metal-Archives

20200907-1.jpg
Flame - Ignis Spiritus MCD 1500円
フィンランド Primitive Reaction
再入荷!!!
新譜来たっーーーー!と思ったら、イントロ1曲を含む5曲入りで、ミニアルバム扱い。
焦らすねぇ〜!
でもこんなかっこいいジャケだし、内容も当然最高だからオールオッケー!
個人的にはStudio Perkele SessionsのCDをよく聴くんだけど、それよりは過去アルバムに近い感触かな?
もう真性暗黒鋼鉄で、キメの要所要所でガニ股ガッツポーズを決めたいバンドですね
Nifelheim、Sabbat、今作ではHades Archerもちょっと思い起こしたかな、とにかくそういったモノホン鋼鉄バンドが好きなら、
もうこのバンドは絶対オススメっ!
Facebook
@Metal-Archives
2020/11/14新入荷!!!!! Abatuar (パナマ)
20201114-02.jpg
Abatuar - Perversiones De Muerte Putrefacta Panama CD 1600円
パナマ Dunkelheit Produktionen
2017年1stアルバム
バーバリック・中南米デスメタルで、これは強烈!!
2分台の曲がずらりと並んでたり、ジャケットの感じでオールドスクールなグラインドコアと似た死臭がしますが、
やはりおそらくグラインドコアやグラインディングデスメタル、それも中南米のバンドからの影響が大きいのでは?と想像します。
ボーカルが低音のグロウルよりも、もっとザラついた感じでスペイン語の語感もわかるスタイルなので、より一層そう感じるんだと思います。
近年、南米やアジアのヤバいやつを連発するDunkelheitらしいというか、すごいの見つけてきたな!というのもありますね。
Facebook
@Metal-Archives

20201114-01.jpg
Abatuar - Mortandad CD 1600円
2020年2ndアルバム
1stよりもギターの音に(全体に?)真空管でガッツを加えたような印象で、やってる事は同じでも確実に進化していますね。
1曲目からスピードだけに頼らないのも、重心を低く押さえてて、イイですね。
こうすると体幹がブレない。
初期衝動は1stだけど、この2ndはニヒリスティックな極悪感が充満しています。
これは以降の作品も続けて聴いていきたいバンドですね〜!
Facebook
@Metal-Archives
2020/11/13発売日決定!! 2020年11月25日(水)発売!!4タイトル、はい、ドーンっ!
発売日決定!!
2020年11月25日(水)発売!!

20201113-1.jpg
Satanic Ripper - Southern Black Spells (邦題/南十字星の黒魔術) CD
Deathrash Armageddon DA13-077
定価:1500円(税別)
JAN : 4580518510438

20201113-2.jpg
Holocausto - War Metal Masscre (邦題/ウォー・メタル・マサカー) MCD
Deathrash Armageddon DA13-078
定価:1200円(税別)
JAN : 4580518510506

20201113-3.jpg
Holocausto - Diario De Guerra (邦題/殺戮戦記) CD
Deathrash Armageddon DA13-079
定価:1500円(税別)
JAN : 4580518510513

20201113-4.jpg
Nocturnal Damnation - Nuclear Masscare Of GoatKommand (邦題/ニュークリア・マサカー・オブ・ゴートコマンド) MCD
Deathrash Armageddon DA13-080
定価:1000円(税別)
JAN : 4580518510520
**画像はジャケット画像ですが、4タイトル全て帯が付きます**

Labels, Distro, Shops, please get in touch for wholesale or trade.
But Because of coronavirus chaos, I can’t send parcels to USA, Russia, Australia, all south american countries, etc for now.

Holocausto CDs are “Asian Edition”.
wholesale/personal order to outside of asia = ok
Trade, inside of japan/asia = ok
Trade, outside of asia = no
2020/10/20Evil Damn - Advance Tape 3000円以上のオーダーの方に差し上げます!
20201020.jpg
Evil Damn - Advance Tape 0円(3000円以上のオーダーの方に差し上げます!)
ペルー Deathrash Armageddon
アルバム出るらしいですよー!
南米マニアはデモやsplitなどで完全チェック済みですよねェ〜!
アルバムがHell’s Headbangersが出るらしくて、バンド自身でアドヴァンステープ作って配布してるんですが、
よかったらDeathrash Armageddonでコピーして作っていいよ、という事なので、じゃあやってみましょう!
ただバンドがアートワークと音源ファイルをちゃんと送ってきてるので、ガリっとやりましょう。
ジャケはちゃんと印刷に出しました。
ジャケットにDeathrash Armageddonの文字が入っています。
バンド自身のバージョンはジャケットの裏側にちょっとアートワークが入っていて、テープ本体のステッカーにもアートワークがあるんですが、
それはカットしました。少数しか作らないのと、無料配布であるという事、音源自体はこれから出るアルバムからの抜粋であるという事を考慮して、このくらいで勘弁してください(笑)
音質はマスターファイルから3ヘッドデッキでコピーしてるので、全く問題ナシ!
ジャケットやテープ本体の具合については、画像で確認してください。
TDKとかマクセルテープにコピージャケ、みたいなのでは有りません。
3000円以上のオーダーの方に差し上げます!
このテープだけ不可、または3000円以下のオーダーでこのテープも不可です。
3000円以上お買い上げの方に差し上げます。
取り置きのある方は、3000円以上追加してくれた方が対象となります。
お一人様1本/1回のみ。
あ、そうそう、Goat SemenのErick(ボーカル)とSatyricon(ドラム)、他はDisinterのメンバーなどによるバンドでっす!
お見逃しなくっ!
Facebook
@Metal-Archives
2020/10/17新入荷&再入荷!!!イイトコ入りましたっ!!
20201017-6.jpg
Nechbeyth - Blood. Axis. Domination デジパックCD 1800円
シンガポール Vrykoblast Productions
おーっと!これはイイ入荷でっす!
Nuclear War Now!からのLPバージョン(2014年)で持ってるとは思いますが、これがオリジナルのCD(2011年)となりまっす!
ジャケもパッと見は同じっぽいけど、ちょっと違うしね。
metal-archivesの備考欄に、2014年にNWN!からLPが出るまでは、あまり注目されるには至らなかったというコメントが有り、
それも込みでイイですねっ!
本当にこれは世間がイヤな顔する事うけあいです。
1stアルバムの頃のSurrender of Divinityが近年のウォーブラックの曲を演奏しているかのような方法論と言いますか、
とにかくシャバシャバにバーバリック!
これは極悪!
激烈オススメ盤っ!
Facebook
@Metal-Archives

20201017-4.jpg
Decius - Prepare to Die CD 1600円
シンガポール Vrykoblast Productions
ギターのNecrosodomizerさんが元Nuctemeron/Istidrajらしいでっす!
同じタイトルで編集盤が出てるようですが(2009年)、これは2017年1stアルバム。
ドラムマシンのようですが、マシンビート云々ではなく、Surrender of DivinityやImpiety直系のメロディアスだけどバーバリックなモロに東南アジアン・ブラックメタル!
Facebook
@Metal-Archives

20201017-5.jpg
Surrender of Divinity - Oriental Hell Rhythmics CD 1600円
タイ Atolinga Records/Executer 666 Recordings
こーれはかなりマニアックなの来ましたっ!
なんの、名盤じゃないですか!というのもごもっともなんですが、これはAtolinga Records/Executer 666 Recordings盤!
よくこんなの残ってました!
整理するとこの大名盤は:
2001年CD Psychic Scream Entertainment
2001年テープ Psychic Scream Entertainment
2003年CD Atolinga Records/Executer 666 Recordings
2005年CD Atolinga Records/Executer 666 Recordings
2005年2枚組LP Unholy Horde Records
2006年CD God Is Dead Records
2007年CD Deathrash Armageddon
2009年テープ Ars Funebris Records
2016年CD Thrashingfist Productions
となり、それぞれボーナストラック云々有って、悪い子のみんなはコンプリートとは言わないけど、2-3種類ずつ持ってますよね?
えーと、今回metal-archives見て、あれ?と思ったのは、このAtolinga Records/Executer 666 Recordings盤、2003年と2005年の2回記載されてるんです。
で、metal-archivesだけ見ると、収録曲は同じだけど2003年盤はライブ映像無し、2005年はライブ映像収録になってるんですが、本当にその2種類が存在するんでしょうか?
今回入荷分はバックトレイカードにライブ映像入りという記載有ります。
あ!今、discogs見たら、Atolinga Records/Executer 666 Recordings盤は2003年のしか登録がなくて、そのバックトレイカードにはライブ映像入りという記載が無いですね!
これはイヤな発見をしてしてしまいました(笑)
はい、というわけで今回入荷分はAtolinga Records/Executer 666 Recordings盤2005年バージョンライブ映像入りでございまっす!
以上です。
Facebook
@Metal-Archives

20201017-10.jpg
Mayhemic - Mortuary Feast Of Skeletons MCD 1400円
チリ Hell Productions
あれ?ちょっと前に入荷してたんですが、ウェブストアから消えちゃってる?
解説なんて書いてたかな?
ま、いいです。
これ、最高です、メチャ最高すぎます。
毎回言いますが、南米チリ、恐るべし!
ガッツリKreatorタイプのガムシャラに突き進むやつでっす!
今、再度metal-archives見たらLPバージョンも出たみたいですね。
これ、出したかったなぁ、でも17分しか無いので、ん〜なんて思ってたら当然他から出ちゃいました(笑)
本当に内容最高で、最近もしょっちゅう聴いてます(笑)
Facebook
@Metal-Archives

20201017-9.jpg
Vomit of Doom - Cipriano Years CD 1600円
アルゼンチン Hell Productions
2019年リリースの編集盤。
Facebook
@Metal-Archives

20201017-8.jpg
Persecutory - Towards the Ultimate Extinction CD 1600円
トルコ Hell Productions
2016年に4曲入りCD出してたんですね、未チェックでした。これは2017年1stアルバムです。
トルコのブラックメタルって、Malefic OrderとかGodslaying Hellblastとかのイメージで10年ちょい前は結構注目&期待してたんですが、
その後は例えばチリとかパラグアイ、ペルーみたいにバンバン新しいバンドが出てくるっていう感じではなかったので、
どうなってるのかなぁ〜とは時々思ってたんですが、これはイイじゃないですか!
デスメタルを基調にブラックメタルのササクレだったフィーリングを兼ね備え、単純にプリミティヴなスタイルやプロダクションに行かずに、
ジャケットアートなども含めてちゃんとガッチリ作り込んだのもこの場合はポイント高いです。
ちゃんと世界に打って出ようという気迫を感じられる一枚です。
デカいレーベルから出ても全くおかしくない内容だと思います。
オススメ!
Facebook
@Metal-Archives
2020/10/08新入荷!!!! Warfare Noise 7', Void of NAxir CD from Zombi Danz Records
20201008-1.jpg
Warfare Noise ‎- Grinding Warheads 7’ 1200円
フィンランド Zombi Danz Records
Nuclear War Now!がデモLPをリリースしたことで一気に注目を浴びたフィンランドのブラックメタル・グラインド、Warfare Noiseの
2020年15曲入り7インチ!
バンド名がツボ、7インチに15曲というのでもツボ、そんでNWN!も目をつけたバンドというのは絶対チェックしなければなりませんね。
さて、内容ですが、これはさすがにスゴい!
BlasphemyやBeheritが持っていたグラインドコアとの親和性にのみ焦点を当てたかのような極悪ノイズ・ブラックメタル・グラインドで、
こういうのでフル勃起する大人になりたいもんです。
オススメっ!!!
@Metal-Archives

20201008-2.jpg
Void of NAxir - Catacomba, Opera I CD 1600円
イタリア Zombi Danz Records
92-93年にAbsuという名前でCatacomba, Opera I デモ1本だけをリリースして、その後Void of NAxirという名前になってるようですが、
このCDはVoid of NAxir名義で、そのCatacomba, Opera I デモをCD化したもののようです。
Early 90’s ユーロ・ブラックメタルということになりますが、これ、メチャクチャ最高じゃないですかっ!
劣悪な音質でチリチリのシケシケ、ドラムもクレジットされていますが、これはドラムマシーンですね?
で!日本人はちょっとSighの活動時期/作品との比較研究も面白いんじゃないでしょうか?
93年はSighのScorn Defeatのリリース年なんですが、このミスティック感、このシンセの導入、Sighのファンは絶対面白いと思いますよ
それから似てるとかじゃないけど、93年はCradle of Filthもまだ1stアルバム発売前なんですよ
Cradle of Filthのデモ期のああいう感触が好きな人にもオススメ出来ますねー!
@Metal-Archives
2020/10/03ダビング作業完了!
20201003.jpg


ダビング作業完了!
ジャケットは来週届く予定
お楽しみにィ〜!
2020/10/02ion Archive LP レコードプレーヤー (中古)
20201002.jpg
ion Archive LP レコードプレーヤー (中古) 5500円

中古で入荷しましたが、最初は回転安定ぜずでした。
プラッターを外し、ベルトの外れ、汚れを確認。
audio-technicaのローラークリーナーでベルトをクリーニング後、再セットアップしました。
その後、33回回転=ok、45回転=ok、78回転=最初1-2回不安定でしたがその後安定という感じです。

付属品はACアダプター、USBケーブル、ドライバーCD、取説(英語)3冊

針はオリジナルのプラスティック針が付いていますので、出来ればJICO 4RB CONICAL(amazonとかで検索してね)などに交換する事をオススメいたします。

えー、ネット検索するとこの機種の針飛びがチラホラ見受けられますが、まずこのプラ針が問題ですね
音質云々するのも、まずは針を変えてからです。
それからフェルト(?)のターンテーブルマット、これはいけません。
スリップの原因になってまして、回転の不安定さの原因にもなっています。
ゴム製かコルク製に変えたい所ですが、この7インチサイズは売ってないのかな?
リサイクルやヤフオクなどで安いゴム製を買って、自分で切るのもアリでしょうね。
ウエイトを使うとおそらくちゃんと回転しないでしょう。

送料は一律1500円、CD、テープ、7インチを1-2枚程度なら同包可能です。
沖縄・離島は別途見積もりいたします。

お買い上げから1ヶ月の動作保証をお付けいたします。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索