DEATHRASH ARMAGEDDON

ホーム > お知らせ
お知らせ
  • Butcher ABC/North of Hell CDとEvil/Rites of Evil CDにレビューを追加しました (2018/04/09)
  • 新入荷!!!!! Lower Silesian Stronghold (2018/04/07)
    20180407 - 4
    Pagan Temple - The Warriors of Black Circles CD 1600円
    ポーランド Witches Sabbath Records/Lower Silesian Stronghold/Eastside
    90年代前半に活動したポーランドのブラックメタルバンド、Pagan Templeの2本のデモとリハ音源を収録した編集盤CDです。
    これはもうカルトブラックメタル、ド真ん中!って感じで、Kristallnachtとかああいうのが好きならこれは絶対オススメ!
    ブックレットの写真も最高で、森の中で武器や火吹きで写真取りまくってます。
    録音もシケシケで、どう聴いてもリハ録音みたいなのですが、これは白塗りと一緒で真性マニア以外は近づくな!ということです。
    これは素晴らしい!オススメ!!
    Tracks 1-3: "...and the Angels Weep" demo'93.
    Tracks 4-8: "Fullmoon" demo'95.
    Tracks 9-11: Instrumental Reh'92
    @Metal-Archives

    20180407 - 1
    Poprava - Supredator CD 1600円
    チェコ Lower Silesian Stronghold
    Ravendark's Monarchal Canticleとのsplitもまだ在庫有ります!
    筋肉と覆面がメチャクチャ怖いです。
    音というかギターの刻みも鬼のようです。
    ドラムがDark Furyや元Thor’s Hammer、元Ohtarなどの人です。
    そのドラムに負けてないギターやボーカルも只者じゃ無い迫力です。
    東ヨーロッパのこっち系好きにはかなりオススメです!
    @Metal-Archives

    20180407 - 6
    Mystherium - Zwyciestwo デジパックMCD 1600円
    ポーランド Lower Silesian Stronghold
    metal-archivesではGothic Black Metalとなっていますが、やはりポーランドということもあってペイガンフォークの影もちらつきます。
    ベース兼男ボーカルはArkona、ギターとキーボードは一応Graveland人脈ですが、そういう意味ではそっち系では有りません。
    女性ボーカル(おそらくヴァイオリン兼任で美人)と男性ボーカルが入り乱れて、ゴシックというかアトモスフェリックなことやってますが、
    ヌルさは感じません。
    ペイガンなフォークメロディビンビンでもないので、ここはやはりアンダーグラウンドなゴシック・ブラックメタルとして捉えるのが正解かと思いますが、ポーランド語(だと思います)の語感がバリバリなので東欧ブラック好きに強くオススメしたい内容となっています。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180407 - 5
    Emperor's Hate - Emperor's Hate デジパックCD 1800円
    ポーランド Lower Silesian Stronghold
    80年代後半から90年代初頭にかけて活動したデスメタルバンドのデモ3本をぶち込んだ編集盤。
    デジパックですが、限定300枚のようなのでお見逃しなく。
    88年のはリハ録音のデモで、正直いかにもマイナーなバンドのリハ録音の域を出ていません。
    音も良くないし、聴いててかなり疲れます。
    93年のデモはライブ録音で、音質は良く有りませんが録音の具合やボーカルの迫力、速いパートの崩壊感で、中々エラい事になってます。
    この頃にキチンとしたアルバムなり録音を残していないことが悔やまれます。
    いわゆるグラインディング・デスメタルを目指していたものと思われますが、明らにそれ以上のものを作っていただろうという予測がつきます。
    最後は95年のラストデモ。
    これはスタジオで録音されたようですが、21世紀のスタジオ録音とは全然違います。
    でも、デスメタル的には中々にいいモコモコ具合です。録音もそうですが、演奏、楽曲的にもヘソの下に来る重さを持ってます。
    デスメタルのデモ音源としては93年のやつと95年のやつがちゃんと聴いて色々想いを馳せることができるやつですね。
    しかし!はい、この解説は長いですよ(笑)
    ここからはブラックメタルマニア、注目!
    裏ジャケに3本のデモのメンバークレジットがあるんですが、Grzegorz(a.k.a Karcharoth)さんの名前がないですね?
    この3本のデモには参加してないんでしょうか?色々見たけど、わかりませんでした。
    参加していないとなればVargの参加していないOld Funeral音源みたいなもんですが….
    GrzegorzはこのEmperor's Hateの後、Graveland、Infernumに参加、metal-archivesによると精神を病んで自殺してしまったそうですが、
    その以前にDarkthroneのFenriz云々というのがmetal-archivesのKarcharothさん個人のとこに書いてあるのでノルウェーやヨーロッパ・ブラックメタルのカルト・ヒストリー好きは是非読んでみてください!
    - "Elektryczna smierć" Rehearsal 1988
    - "Death of Life" (Demo 1993)
    - "Whispers of the Shadows" (Demo 1995)
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180407 - 3
    Lycanthropy - A.V.R.E.I.L. CD 1600円
    ロシア Lower Silesian Stronghold
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180407 - 2
    Archaeos - Forgotten Art of Sacrifice MCD 1200円
    ギリシャ Lower Silesian Stronghold
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!! Old Temple便!!! いいとこ入ってます! (2018/03/31)
    20180331 - 9
    Freezing Blood - Baal MCD 1200円
    ポーランド Old Temple
    デモ、4 way splitに続く4曲入りミニアルバム。
    アートワークがそれっぽくないので、どれくらいBlasphemy系のブラックメタルを意識してるのかあれですが、
    聴いてすぐに思い起こすのはProclamationでしょう!
    バシャバシャのドラム、弦楽器のダルダル感、かなり近いです。
    クリアな写真じゃないので断言は出来ませんが、ジャケット内側やmetal-archivesの写真を見るとスキンヘッドでBlasphemyを意識してるようにも見えます。
    かなり細かくいうと、カナダ&北米でも、オーストラリアでも南米でもなく、Proclamation経由デンマーク行きとでも言いたくなるような感触です。
    これは次作以降、非常に楽しみですね、思わずジャケットに連絡先書いてないか確認しちゃいました。
    ウォーブラック好きはチェックをオススメいたしまっす!
    @Metal-Archives

    20180331 - 3
    Pathogen - Ashes of Eternity CD 1600円
    フィリピン Old Temple
    フィリピンのMorbid(Tales) Death Metalバンド、パソジェンです。
    名盤1stアルバムから、早10年ですか!
    そしてこのアルバムはフルアルバムとしては4作目となります。
    安定を通り越して、バンドのアイデンティティを完全に確立しています。
    Rotting ChristやSamaelなんかの影響をもっとピュアに出したのがメンバーの別バンドOmenfilthということでいいと思いますが、こっちのPathogenはそういうのに比べてスピードも速いし、もうほとんど感じられないくらい脱皮してますがルーツにはCeltic Frostが感じられるかな?と思います。
    スピードが速いのはドラムがブラストを使うというのもあるけど、ギターソロのスピードも大きいんですよね〜。
    普通に考えればオールドスクールなデスメタルということになるんですが、そこは我々は考えすぎるくらい考えて聴きましょう!
    今作も素晴らしいぃっ!!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180331 - 4
    Christ Agony - Moonlight Act III CD 1600円
    ポーランド Old Temple
    90年代ブラックメタルの大名盤、Christ Agonyの3rdアルバムです!って言いたいんですが、恥ずかしながら初めて聴きました。
    当時は各お店でよく見ましたね。
    ノルウェーの白塗りブラックをそのまま真似するつもりが全くなかったのは明白で、今聴いてもある意味デスメタルに近い部分も多けど、
    やはりこのトレモロリフと叙情性はブラックメタル、しかもメロディックブラックと言っていいでしょう。
    ただし凶暴な感じやメロディックで叙情的ということは、スウェーデンのバンドに近い感触も大盛りです。
    ノーマルボイス使いとか、個人的にはBathoryを感じさせる部分も多いですね。
    こういうハイブリット感というか独自色は、東ヨーロッパのバンドの大きな魅力ですね〜。
    メロディックブラックとして聴くのもいいけど、東ヨーロピアン・エクストリームメタルへの入り口としても最高だと思います。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180331 - 5
    Pandemonium - Nihilist CD 1600円
    ポーランド Old Temple
    フルアルバムとしては5作目となります。
    今現在、このアルバムの他に1stと編集盤2種類の在庫ありますが、ジャケがどれも似てるんですよね(笑)
    派手さという意味では非常に地味、さらに音の方も激烈にシブいのに通好みという感じでしたが、CryptやNuclear War Now!がLPでリリースし始めたこともあり、ヨーロッパというかポーランド以外、さらにはここ日本でも認知度も急上昇だと思います。
    CryptとNWN!から出てるのは1stと2ndで、その後のMystic Prodから出てるのは少なくても日本ではあんまり流通してないかな?と思います。
    ここにきてこの5thアルバム、いつもお世話になってるOld Templeですから入れて見ましたョ。
    いい意味では最初の頃から全く変わってないけど、明らかに深化はしています。
    乱暴な例えですが、Amebixの再結成作品あたりとの比較ではどうでしょうか?
    ある意味同じベクトルだけど、その中で全く正反対の意図か結果かが明確に有ります。
    ライブ観たいな、と思うバンドの一つです。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180331 - 6
    Sargatanas - The Enlightenment CD (Old Temple) 1600円
    メキシコ Old Temple
    3回目のCDバージョンで、前回のDesecration Prod盤もLPバージョンもまだ在庫ありますが、このバンドのプレス違いは押さえる!というイカれたかたも少数いるかもしれないので、ちょっとだけ入荷してみました。
    内容はもう解説不要ですよね?
    中米デスメタル・クラシックど真ん中です。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180331 - 7
    Domain - Pandemonium CD 1600円
    ポーランド Old Temple
    これまたややこしい、ポーランドPandemoniumは89年結成で1stデモが91年、今でも最前線でバリバリですが、95年から2004年までこのDomainという名前で活動して、2004年以降再びPandemoniumとなっています。
    これは95年のDomainとしては1stアルバム、タイトルがPandemonium、ちなみにDomainとしては3枚のアルバムを出してるようです。
    これはOld templeからの再発盤となります。聴いてみたいな、という痒いところに手が届く、いい仕事です。
    これまた初期Pandemonium同様、猛烈にシブいドゥーミーなデスメタルで、Pandemoniumをチェックしてる人、NWN!やCryptのLP化でヤラれた人、このDomainもオススメでっす!
    もうこうなるとPandemoniumもこのDomainも聴いたことないやつ全部集めたくなるのが人というものじゃーありませんかっ!
    Domain@Metal-Archives
    Pandemonium Facebook
    Pandemonium@Metal-Archives

    20180331 - 8
    Black Ceremonial Kult / Genocide Beast - Demo XXIV / Demo XXV CD 1600円
    チリ/アメリカ Old Temple
    チリのBlack Ceremonial Kultは2014年の1stデモ音源、と言っても全然ちゃんとしたレコーディングで、これは極悪!!!!
    いわゆる現行チリのああいうレイジングなのとはちょっと違う、ゴワンゴワンにドヘヴィなサタニック・ウォーブラック!!
    スタイルとしてはちょっとProclamationに近いかな?
    でも、音作りが対局にあります。Proclamationはバシャバシャしたロウな音だったのに対し、こちらは洞窟で聴いてるかのようなエコーがどす黒く渦巻く地獄ぶりです。
    Genocide Beastは2015年のデモ、って今現在までそのデモとこのsplit(つまり同じ音源)しかリリースが無いようです。
    しかーーーーし!流石にこの2つを組み合わせただけはあります!
    知らずに聴いたらsplitとは思わないでしょう。つまりBlack Ceremonial Kultとかなり似てるスタイルだし、音作りです。
    おそらくウォーブラックと言っても、そうそう!もっとこういうドヘヴィなのが聴きたいんだよー!という人も少なく無いのでは?
    これは素晴らしい組み合わせで、どっちも内容最高でっす!
    オススメ!!!
    Black Ceremonial Kult Facebook
    Black Ceremonial Kult@Metal-Archives
    Genocide Beast Facebook
    Genocide Beast@Metal-Archives

    20180331 - 1
    Demonic Rage - Omen of Doom CD 1600円
    チリ Old Temple
    このバンドはデモとかsplitが多くて、ちょっと追いかけるのが大変で、持ってないのが結構あるな〜と思ってたらこの編集盤です。
    えー、細かいことはいいでしょう、20曲、74分も大盛りにしています。
    いや、もう、こんなのうちで出したかったですわー!
    メチャクチャ好きです。
    個人的にはイメージ的に結構Slaughtbbathと重なってて、まぁそれは同じチリでsplitも出してたこともありますが、
    なんというかトレンドに全く左右されない鋼鉄どころか超合金のような音のスタイルとバンドの姿勢がそう思わせるのかな?
    純粋に音だけ聴いたらデスメタルだけど、この黒さはやはりブラックメタルと言いたいですね。
    何から何まで、ぐうの音も出ません。
    素晴らしいィィィ!!!
    @Metal-Archives

    20180331 - 2
    Pathogen / Deathevoker - Consecrated in Morbidity CD 1600円
    フィリピン/マレーシア Old Temple
    ナイスなアジアン・デスメタルsplitです!
    先行フィリピンのPathogenです。
    レコーディング具合がアルバムより若干ロウな気がします。でも、こういう音作りもこのスタイルに合ってるな〜。
    4曲のうち、1曲はBathoryのBlood and Soil(Requiemからの選曲)、そして2014年のライブ1曲。
    続くDeathevokerはデモとsplitが続いてますが、そろそろフルアルバムが期待されますね。
    スピードは抑えめですが、ザラついたデスメタルで、個人的にはちょっと日本のバンドっぽい感触も感じられます。
    5曲収録で1曲はSepulturaのTroops of Doomのカバーやってます!
    Pathogen Facebook
    Pathogen@Metal-Archives
    Deathevoker@Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!!!!!! LP編 (2018/03/29)
    20180329D - 6
    Abhorer - Oblation II: Abyssic Demonolatries LP 2500円
    シンガポール Nuclear War Now!
    黒盤
    Side A: Abyssic Demonolatries’ Demo ‘91
    Side B: ‘Rumpus of the Undead’ Demo ‘89
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 5
    Conqueror - War.Cult.Supremacy 2枚組LP 3500円
    カナダ Nuclear War Now!
    レギュラー盤
    @Metal-Archives

    20180329D - 10
    Exorcist - Voices From the Graves LP 2500円
    ポーランド Nuclear War Now!
    限定250枚
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 14
    Goatlord - Reflections of the Solstice LP (レギュラー盤/ゴールド盤) 2800円
    アメリカ Nuclear War Now!
    レギュラー盤/ゴールド盤
    @Metal-Archives

    20180329D - 7
    Harvest Gulgaltha - Altars of Devotion LP 2500円
    アメリカ Nuclear War Now!
    初回盤/250枚=カラー盤+パッチ+ステッカー
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 11
    Holocausto - War Metal Massacre LP (レギュラー) 2500円
    ブラジル Nuclear War Now!
    レギュラー盤(黒盤)
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 13
    Morbosidad - Morbosidad LP (レギュラー盤) 2500円
    アメリカ Nuclear War Now!
    レギュラー盤
    2014年のリプレス盤
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 12
    Morbosidad - Morbosidad LP (ダイハード盤/クリアレッド) 2500円
    アメリカ Nuclear War Now!
    2014年バージョンのダイハードバージョン。
    この時はダイハードバージョンの最初の100枚がスプラッター盤で、残りがこのクリアレッドとなります。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 16
    Rites of Thy Degringolade - The Blade Philosophical LP (レギュラー盤) 2500円
    カナダ Nuclear War Now!
    レギュラー盤
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 15
    Inquisition - Anxious Death / Forever Under 2枚組LP 3500円
    コロンビア Nuclear War Now!
    2017年プレス/レギュラー盤(黒盤)
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 9
    Nuclearhammer - Serpentine Hermetic Lucifer 2枚組LP (レギュラー盤) 3500円
    カナダ Nuclear War Now!
    レギュラー盤/黒盤

    20180329D - 8
    Insulter - Blood Spits, Violences, and Insults LP+Booklet (レギュラー盤) 2800円
    ブラジル Nuclear War Now!
    レギュラー盤
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!!!!! CD編 (2018/03/29)
    新入荷!!!!!!! まずはCD編です。
    これからLP編も頑張りマッス.......

    20180329D - 1
    Rites Of Thy Degringolade - The Blade Philosophical CD 1700円
    カナダ Nuclear War Now! Productions
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 4
    Perverted Ceremony - Sabbat of Behezael + S/T EP CD 1700円
    ベルギー Nuclear War Now! Productions
    @Metal-Archives

    20180329D - 3
    Goatpenis - Anesthetic Vapor CD 1700円
    ブラジル Nuclear War Now! Productions
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180329D - 2
    Reencarnacion - 888 Metal CD 1700円
    コロンビア Nuclear War Now! Productions
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180319 - 1
    BUTCHER ABC - North of Hell CD 1728円
    日本 Obliteration Records
    プラケースバージョン
    @Metal-Archives
    Facebook

    20180319 - 2
    EVIL - Rites of Evil (邪悪を讃えよ) CD 1944円
    日本 Obliteration Records
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • メール送信障害 (2018/03/03)
    @live.jpとhotmail.comへのメール送信に障害が出ています。
    こちらはメールサーバーがOCNなんですが、ブロックされている状態です。
    OCNサポートに問い合わせをしていますが、特にhotmailへは慢性的にブロックされています。

    時間をおいて再送信と、@yahoo.co.jpのアドレスからも送信していますが、現在yahooアドレスもhotmailからブロックされています。

    順次再送信していきますので、申し訳ありませんが少々お待ちください。

    返信が来ないと思ったら、一度迷惑メールフォルダの確認もお願いいたします。
  • 新入荷!!!!!! Electric Assault便!!!!! (2018/03/03)
    初めてやりとりしましたが、きっかけは「Miasma Death、いいね!トレードしようぜ!」という正当的な嬉しいお言葉。
    いえーい、ドカンと行こうぜ!ということで、デカいトレードかましてみました!
    ブラックメタル、というか厳密にはメタル以外のスタイルのバンドも、こうやって並べてみると手が出しやすいですね。
    Razorheadsなんてジャケからしてもう物凄いですよ。

    20180303 - 12
    Antichrist - Sinful Birth LP 2000円
    スウェーデン Electric Assault
    もうこのバンドは当然チェックすみですよね?
    これは2017年2ndアルバム。
    I HateがCDもLPも出してましたが、これはアメリカのElectric Assault盤ということになりますね。
    内容は流石にもーーーのーーー凄いですね。
    バクバクするスピード感と、ユーロスラッシュな急降下して爆発する感触、これで燃えなけりゃ昔のバンドだけ聴くか、他のヌルい音楽聴いとくしかないでしょう!とまで言っちゃいたい凄さ。
    爆裂オススメ・スラッシュ地獄!!!!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180303 - 13
    Occvlta - Night Without End LP 2000円
    ドイツ Electric Assault
    デモやsplitに続く2017年1stアルバム。
    未チェックでしたがSaluteとsplit出してたんですね。
    個人的にはジャケットがS.Warmaster関連とかLLN系っぽく見えるんですが、実際の音はう〜ん、さすがにこれとSaluteを組み合わせるのも頷けるCeltic Frostルーツの近年のDarkthroneと共通するスタイルです。
    うん、空気感は本当にノルウェーというかDarkthroneのような感じで、スラッシュとかブラックメタルというカテゴリーよりも、
    ズバリDarkthrone、もしくは音楽スタイルは若干違うけど近年のノルウェーのスラッシュメタルが好きな人は絶対要チェックでしょう!
    ま、最後のガチガチにDarkthroneな曲もあるから、厳密にはブラックメタルのカテゴリーかな。
    何々みたい!っていうのはわかるけど、それじゃあ本物聴いた方がいいじゃん!という場合も多いけど、これは明らかにそれ以上のクオリティをクリアしてて、このアルバムを楽しみつつ、新作も期待しましょう!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180303 - 7
    Nightmare City - Nightmare City MLP 1800円
    スウェーデン Electric Assault
    メンバーがAntichristとかNominonなので、期待しちゃいますが、はい、これもアタリ!な一枚でっす!
    パンクにもメタル支持されるべきガリッガリなメタルパンクで、パッと聴きは一番最初にWhipstrikerが思い浮かびます。
    やっぱり懐の深さが違うんですよ、もうこんなのヘタしたらVaning For Punxに入っててもいいじゃないかと思っちゃいます。
    ま、音質がそういうのより重厚ですが。
    さすがにスウェーデンだけあって、パンクの要素というのがスウェーデンのRaw HCみたいだったりして、メンバーのレコードコレクションとか見てみたいですね〜!
    ま、どの辺がスウェーデンの何っぽいというような分析はおじさんに任せてもらって、若者はこのゴキゲンなサウンドを理屈抜きで楽しんでくだっさい!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180303 - 8
    Pig Eyes - Pig Eyes 2nd album LP 2000円
    スウェーデン Electric Assault
    初回LPはスウェーデンのレーベルから出てるようですが、これはUS、Electric Assault盤ということになります。
    このバンド自体はもちろんメタルバンドとしては意図してないでしょう。
    メンバーはギター2人、ドラム2人、ベース、ボーカルで6人なんですが、そのうち3-4人は結構名の知れたメタルやハードコアのバンドのメンバーでもあるようですが、音楽性が全然違うのでここでは書きません。
    ざっくりいうとニューウェーブ、1曲目なんかは若干インダストリアル調といっていいでしょう。
    でも、これも凄いです。
    おそるべしElectric Assault!!!!
    おっさんの特権で少々ボヤかせていただきますが、ニューウェーブもゴスもインダストリアルも、出始めは相当にトンがった音楽だったんですよ。
    やはりルーツがあって、それを踏まえて反発して新しいものを生み、当初は世間からも理解されなくて。
    フォークもブラックメタルもそうですが、流行りや商業ベースに乗っちゃうと、上っ面だけ真似したバンドがウジャウジャ出ちゃいますが。
    これはサウンドでいうと何みたいなのかな?
    エラそうに言う私も、ニューウェーブにカテゴライズされるバンドというのは数枚程度しか聴いてないので、うかつにバンド名出せないですが、例えば同じスウェーデンのLeather Nunとかで反応する方、どうでしょう?
    こういうのだったらうちでも出したいですわ(笑)!
    本当にヤルな、Electric Assault!!!!
    20180303 - 6 20180303 - 2
    Gravmaskin - Volym 1 LP 2000円
    Gravmaskin - Volym 1 CD 1600円
    スウェーデン Electric Assault
    メタルじゃないのでmetal-archivesにありません。
    スペースロックということですが、Jex Thothともライブやったりしてるようです。
    メンバーは女性1人を含む3人のようで、全曲インスト。
    いやー、Electric Assaultというレーベル、どんなセンスしてんだよー!
    これもすげーじゃねーかー!
    ギターのエコーと刻み具合、コズミックな電子音で、明らかにスペースロックだけど、個人的には最初にAnekdoten聴いた時と同じ衝撃です。
    Gravmaskinのメンバーがどう思うかわかんないけど、少なくてもこういう音楽が専門外の私からするとそう感じます。
    目指す音は違いますが、方法論としてはAnekdotenはプログレ、Gravmaskinはスペースロック、要するにしっかりとしたバックグラウンドに基づいてルーツを掘り下げた、混じり気のないやつです。
    MotorheadからHawkwindを掘り下げて、これはこれでかっこいいな!と思える人は、Electric AssaultとDeathrash Armageddonを信じてトライしてみてください!
    Facebook

    20180303 - 10
    Barrow Wight - Kings In Sauron's Service LP 2000円
    カナダ Electric Assault
    2016年1stアルバム。
    聞くところによるとVenom+Amebixらしいじゃねーか、コノヤロー!とハードルが上がり切っちゃいますよね〜。
    ロゴはVenom、イントロはふんふん、Amebixね。
    ただ単にいいとこ取りじゃあ、おじさん、許さないわよ!と思いましたが、確かにこれは気持ち悪いくらいVenomとAmebixを行ったり来たりしますね。
    Amebixのアポカリプス感と、Venomの極悪感と言ったら褒めすぎかな?
    ボーカルはかなりVenomしてます。
    ただこういうコンセプトしてはバカウマよりもこれくらいの演奏が絶対いいし、曲自体もかなり頑張っていい曲作ってます。
    あっという間に通して聴いちゃうアルバムに仕上がってますね。
    メタルマニアだけじゃなく、No God No Masterな方も押さえておきたい一枚です。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180303 - 9
    Antichrist Siege Machine - Morbid Triumph MLP 1800円
    アメリカ Electric Assault
    MorbidでTriumphじゃあ、Celtic FrostとHellhammerか?と思いましたが、違います!
    こりゃーすげー!
    Black Witcheryとかその辺みたいなスタイルですが、なんだろ、100%モロじゃなくてこの独自色…..
    おそらくですが、Blasphemyとかを聴いて影響されてるバンドと、さらにそういう第2世代的なバンドの激しさやそれぞれの方向性も消化した言わば第3世代の幕開け的な凄さが有ります。
    Black Witchery、Revenge、Conquerorとか好きならこれはノックアウト確定でっす!
    これがデモとこのミニアルバムしか出してない新しいバンドなんですよ、シーンの充実ぶりを表すような一枚ですね。
    音は全然違うけど、Death Worshipでの感動もよみがえります。
    素晴らしいィィィィ!!!!!!!!!!!!!!!
    @Metal-Archives

    20180303 - 5
    Razorheads - Black Blade 7'EP 1000円
    アメリカ Electric Assault
    普段はパンクやハードコア、グラインドは意識してなるべく入荷しないようにしてるんですが、この内容じゃあしゃーないですよね。
    2015年2nd EPになるのかな?
    ジャケからして聴かずに死ねるか!というオーラがビンビン出ています。
    重厚なDビートなんだけど、グシャグシャな録音と演奏で、どこまでDビートとかクラストみたいなの狙ってて、どこまでがアメリカのハードコア的な感触があるのかわかりずらいですが、確実なのはこれが最高すぎるという事でっす!
    個人的にはこれはもうDビート云々というよりも、現行のロウ・ハードコア最前線かつ最高クラスとして聴き倒すという感じじゃないでしょうか?

    20180303 - 4
    Cauldron - Take This Torch 7' 1000円
    カナダ Electric Assault/Basement Metal
    これはやはりもっと勉強しないといけないなと思います。
    このCauldronもEaracheからアルバム3枚も出してたのに、知りませんでした(笑)
    4thアルバムではThe End Rec/High Rollerに移ったようですが、続くこのシングルはElectric AssaultとBasement MetalからのリリースでA面はRazorのTake This Torchのカバー、B面はVenomのDie Hardのカバーを収録しています。
    Razorのカバーは少々ハードル高いですよね、あの1stアルバムはいろんな奇跡が重なったような大名盤ですから。
    正直、このシングルだけ聴くと、本当にEaracheからアルバム出してたんかい?Witches Brewじゃなくて?と思っちゃいましたが(笑)、今youtubeで(!)アルバム聴いてみましたが、あー、これは自分たちのオリジナル曲の方がかっこいいですね。
    甘ったるい声質のボーカルがかっこいい正統的なトラディショナル・ヘヴィメタルですが、このシングルでは激しめのチョイスをしてみたという事なのかな?
    Razor、Venomで反応する方よりも、Cauldronファンのコレクション用かな?と思います。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180303 - 3
    Plague - Silenced By Death 7' 1000円
    スウェーデン Stygian Black Hand
    同名バンドがたくさんいますが、これはスウェーデンのバンド。
    このシングルの前に、デモを1本出してるようです。
    Nominon、Eviscerated、Entrails他のメンバーらしいですが、ギターの音一発でわかるスウェディッシュ・デスメタルで、
    決してワザとらしくとか大袈裟にならず、アンダーグラウンドな感触がいいですね。
    スピードに頼る感じじゃなくて、曲の展開、構成やフックで聴かせる実力派です。
    @Metal-Archives

    20180303 - 1
    Unspeakable - Expulsion of the Triumphant Beast カセットテープ 700円
    アメリカ Electric Assault
    2人組で、これは2017年の2ndデモ。
    5曲入りでバンド名の由来と思われるN.M.Eの「Unspeakable」のカバーもやってます。
    パンクっぽいぶっきらぼうさみたいな感触は大盛りで、やはりN.M.Eと共通するものがかなり多いです。
    まぁ、元をたどればVenomやMotorheadまで行き着くんですが、モロVenom、モロMotorheadというバンドも多いので、決してそういうのではありません。
    モロN.M.E.とまでは言わないけど、激しさの最低レベルはすでにN.M.E辺りからのスタートと言っていいでしょう。
    N.M.EとかWarfareとかをデスメタルもブラックメタルも通過して、ウォーベスチャルブラック系の凶暴性までも取り込んだハイブリッド感満載です。
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • Outbreak of Evil Issue #01 ファンジン (2018/02/22)
    20180222-outbreak - 1
    20180222-outbreak - 2
    Outbreak of Evil Issue #01 ファンジン 1000円
    ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブックで素晴らしい仕事をしたアウトブレイク・ショウさんによるファンジン第1号!
    ファンジンといってもちゃんと印刷&製本されている作りで、これはただ単に情報源というよりも、しっかりと熟読して自室の棚に差しておきたい感じです。
    目次の写真もアップするので、内容についてはそちらを。
    EVILやMiasma Deathのインタビューは、さすがに海外のバンドに定型の質問を送ったのとは全く別物の、より突っ込んだ内容とないっていて、非常に興味深いです。
    オススメ!!

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!!!! Iron Fist Prod!!!! (2018/02/22)
    20180222 - 1 (1)
    Orcrist - The Return of Armageddon CD 1600円
    イタリア Iron Fist Productions
    フルアルバムとしては今作で6作目になるようですが、正直日本での認知度というか人気はどうなんでしょうか?
    一時期Isvindのメンバーも参加してたり、split出したり、割と話題というかその辺のマニアには名前も知れてたと思いますが、正直内容はいいのに流通が日本ではあまり良く無いかな?とも思います。
    このバンドのリリースをがっつり揃えてるなんて、余程のマニアだなと思います。
    で、今metal-archives見て驚きました。
    このアルバムには参加してないようですが、VermethやTorgeistのメンバーが加入したんですね!?
    これは次作が非常に楽しみになって来ますが、まず今はこのアルバムを聴いてみましょう。
    えー、ジャケ見ただけで音が想像できそうですが、音というかその姿勢はもう恐ろしいほどの鋼鉄具合です。
    正直、一時期はこういうジャケで内容はヌルめというのが量産され、例えばIncantationルーツのデスメタルみたいな大きな波の影に隠れた感も拒めないと思いますが、やはりこういうのは地下の奥底でしっかりと受け継がれて、しかもさらにガッチガチになってるんですよね。
    メロディックで叙情的というのだったり、スピードで押すのでは無く、Darkthorone原理主義の真正ブラックメタルスタイルで、今後も半メジャーみたいな感じなるんじゃ無くて、この鋼鉄具合をどこまでも貫いて欲しいですね。
    LPバージョンも予定されてるようで、どっから出るのかな〜?
    非常に良いアルバムに仕上がってます。
    オススメ!!!!!!!!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180222 - 2
    Devil’s Force - Unholy Force デモテープ 700円
    スウェーデン Iron Fist Productions
    Helltrain、The Everdawn、Scheitan、The MoaningなどのメンバーのPierre Tornkvistによるソロプロジェクト。
    バンド自身でブラックヘヴィメタルと言っていて、確かにボーカルのザラつき具合は明らかに近年のエクストリームメタルを消化したものですが、楽曲はあくまでトラディショナルヘヴィメタルに根ざしてます。
    ただスピードもスラッシュ以前のヘヴィメタルに比べると疾走感があるので、スピードメタルと言ったほうがいいかな?
    ボーカルが凶悪なので、Bathoryの1stをスピードメタル化させたような感触です。
    当初はデジタルダウンロードのみだったものをスウェーデンのIron Fistがテープ化したものです。
    Facebook

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!!!!!!!!! (2018/02/20)
    チリとイタリア、別便でしたがやる気の2バンドから直接売り込みを受けたものなので、同時にアップしちゃいます!

    20180220 - 4
    Bloody Sacrifice - Impuridad Excita, Oscuridad Proclama CD 1600円
    チリ Lapis Lazuli
    2本のデモテープに続いて、これは1stフルアルバム。
    むむーーーーっ!
    やっぱりね、がっつりかっこいいアルバム出して来ましたわ!
    出だしから飛ばして来ますよ。
    あ、声質がHades Archerみたいな声ですね。
    方向性はデモと同じ、ザラついたヘヴィネスが非常にかっこいいブラックデスメタルで、いかにもチリのバンドらしい暴力的な感触が最高です。
    若干バタついてる(わざと?)ドラムと、不協和音っぽい和音を使うギターで、カオティックなフィーリングもありますが、重さが違いますよ。
    これはテクとかじゃなくて、呼吸ですね。
    近年のチリのバンドが好きな方、かなりオススメでっす!
    近年の?チリのバンド?という方、勉強し直してください。
    @Metal-Archives

    20180220 - 1
    Bloody Sacrifice - Reverencia Sathanas デモテープ 700円
    チリ -
    2013年1stデモテープ、音質は良好とは言えないくて、イントロではあんまり期待出来ないなと思ったら、ボーカル入ると中々です。
    この時点では演奏は若干怪しいけどブラック・デスメタルとしてかっこいいことやってるし、ボーカルが太くて邪悪です。
    同じチリだとBloody Vengeanceとかに近い感触かな?
    この時点では音質があまり良く無いので、ボーカルのかっこよさだけが目立って曲がちゃんとわかりませんが、次へ続くものはすでに潜んでおりまっす。
    @Metal-Archives

    20180220 - 2
    Bloody Sacrifice - Flama de Inalterable Victoria デモテープ 700円
    チリ Lapis Lazuli/Tenebrarum Consacratio
    2015年2ndデモテープ。
    音質は1stデモよりも全然良くなっていて、やりたいことがよりはっきり見えるようになりました。
    最初の曲もそうですが、ブラストでどーん!というのではなく、ダークなブラックデスメタルとでも言うんでしょうか?
    リフからは若干の不協和音っぽいカオティックな感触も有ります。
    こういうボーカルとかザラついたヘヴィネスのかっこよさというのは、現行ではやはりチリのバンドがズバ抜けていますね。
    @Metal-Archives

    20180220 - 3
    Cruentator - Ain't War Hell? CD 1500円
    イタリア Xtreem Music
    2018年1stアルバムで、これはレーベルじゃなく、バンドが直接扱ってくれないか?という熱いメッセージをくれたので、入れてみました。
    各メンバー、他にもバンドやってるようですが、このCruentatorはもう完全にピュアなスラッシュメタル一直線。
    演奏も楽曲も中々の完成度で、デスメタル中心のイメージがあるXtreemがリリースしたのもうなずけます。
    Kreatorの影響も感じさせるけど、ユーロスラッシュだけでなくアメリカン・スラッシュの影響もあるかな。
    リフもやるし、急転直下して跳ね返す瞬発力も中々にやりますよ。
    スラッシュマニアはこの1stから継続してチェックしていきたいところです。
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!!! Kill Yourself Productions!!!! (2018/02/13)
    うーん、ナイスな入荷ですが、梱包がナイスではありませんでした(笑)
    ジャケットの角が少し潰れて来てます。
    梱包に関してはギリシャは中々困ったちゃんです。

    20180213 - 4
    Nefarious Spirit - Nefarious Spirit MCD 1300円
    ギリシャ Kill Yourself Productions
    2016年に限定50本でリリースされたデモをCD化したもの、ということでいいのかな?
    2018年2月現在、リリースはこれだけのようですが、CDバージョンのリリースがKill Yourselfなので当然ガリガリ!!
    曲、演奏、ボーカル、そしてモダンな感触がしないレコーディング具合、全てバッチリ決まってます。
    派手さがない分、先に火がつくのは欧米でしょう。
    ギリシャのデス/ブラックって遅くてどうもな〜という方も少なくないでしょうが、あれをブラストに、激烈にした感触と言ってしまっては少々乱暴かな?
    いや、あのヘヴィネスとスピードを兼ね備えたザラザラのブラックメタルです!!
    @Metal-Archives

    20180213 - 3
    Ordeal - Ordeal MCD 1300円
    ギリシャ Kill Yourself Productions/Metal Throne Productions
    3曲入りで、バンド初のリリースとなります。
    ですが、これも最初は2016年にテープでリリースされて、その後このCD化のようですね。
    ドゥームデスですが、この手のスタイルはほとんど聴いたことないんですが、私の少ない知識からするとKatatoniaとかParadise Lostの1stみたいな感じ?
    ギターなんかモロに狙ってるように思えるんですが、もしかするともっと近いバンドもあるかもしれません。
    で、これはいいんじゃないでしょうか?
    アトモスフェリックな深いリバーブ、咆哮するボーカル、メランコリックかつ暴力的にループするギター、かっこいいと思います!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180213 - 2
    Obsecration - The Inheritors of Pain / 20 Years anniversary CD 1600円
    ギリシャ Kill Yourself Productions
    96年の1stアルバムに、93年のOblivious…7’EP、91年のPetrified Remains 1stデモ、そして92年のリハ音源まで追加収録した非常にナイスなリイシューでっす!
    いやー、ボクも大人になりました。こういういかにもギリシャなデスメタル聴いてちゃんとかっこいいと思えるようになったですもん。
    あれ?このアルバム本編ってLPで出たことなんですかね?
    色んなレーベルからの掘り起こしが盛んなので、そのうち出そうですね、LP出たらそれも欲しいです。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180213 - 5
    Sarvari - Arxaiolatria CD 1600円
    ギリシャ Kill Yourself Productions
    これはバンドのロゴがめちゃんこかっこいいですね。
    アートワークはこれでもか!というくらい、いかにもギリシャのバンドです。
    これは2016年の2ndアルバムで、以前はロゴが違ったようですね。
    調べると2007年にNargarothとsplit出してたようですが、未チェックでした。
    これはまたキーボードビンビンで大げさなギリシャ感大盛りの1人ブラックメタルです。
    これはおそらくドラムマシンですね?
    録音もスタジオでがっちりやった感じがあまりしないですね。ボーカルとかギターとかオン気味だし。
    近年は1人バンドでも言われないとわかんないようなのが多いですが、これは良くも悪くもいかにも1人バンドという仕上がりです。
    でも、2018年の今はこれが逆にかなりとんがって聴こえますね〜!
    コンセプトにはペイガンも入ってるようなので、ギリシャマニアだけでなくペイガンブラックファンもチェックしてほしい音源です。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180213 - 6
    Infernal Curse - Apocalipsis CD (Kill Yourself Productions盤) 1600円
    アルゼンチン Kill Yourself Productions
    日本盤がObliteration Recordsから出てますが、これはギリシャ盤。
    パッと見てまずバックトレイカードのレーベル違い、紙質が日本盤はマット、ギリシャ盤はコート、そして盤面デザインが違います。
    この超重量級サウンドはビシッとしたサウンドシステムで体験して欲しいところです。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180213 - 1
    Cthonium/Osculum Infame - Cthonium Chants from an Infamous Past CD 1600円
    ギリシャ/ギリシャ Kill Yourself Productions
    えーまずCthoniumは唯一の単独リリースである93年のThe Final Congregationデモ、そしてV.A. - Beyond the Grave LP提供曲1曲を収録。
    Osculum Infameは唯一のリリースである92年のFlame of Hateデモを収録。
    Cthoniumでボーカルとキーボードだったメンバーがそれ以前に参加してたのがOsculum Infame(パート不明)ということでいいのかな?
    この2バンド、その筋では有名なのかな?
    まずCthonium、イントロに続いて飛び出すのは中々に崩壊した演奏ですが、これはBeherit直系のノイズブラックメタルで中々感動的です。ただ音質はいかにもデモテープなので、有名なバンドばっかり聴いてる人には無理でしょう。
    youtubeに上がってるスーパーマーケットの前で演奏するBeheritに感動出来る同志にはがっつりオススメです!
    Beyond the Grave LPの曲も全然覚えてなかったけど、感動するくらいBeheritしててウルトラ渋いでっす!
    続いてはさらに一年遡るOsculum Infame、これはもうちょっとデスメタルしてますが、怪しいキーボード使いやドロッドロで奇天烈な感覚は何かCthoniumに続くものを感じさせます。
    こんな音質ですが、LP化しよう!という男気のあるレーベルは無いんでしょうか?
    CthoniumのBeherit具合の感動は、他のデモ音源CDとはちょっと違う特別なものを感じちゃいます!
    Cthonium@Metal-Archives
    @Metal-Archives

    20180213 - 7
    Embrace of Thorns - ...for I see Death in their Eyes… CD (KILL007RE) 1600円
    ギリシャ Kill Yourself Productions
    1stアルバムのボーナストラック入り再発盤!
    しかし何とうちでは初回盤もまだ在庫有るでョ。
    CDでも入荷して、Nuclear War Now!からのピクチャーLPもまだ在庫有るから、内容の解説は不要でしょう。
    気になるボーナストラックはV.A. - Litanies Of Sacrilege LP提供曲を収録しておりまっす!
    Litanies Of SacrilegeはLPのみだと思うので、CD化は非常にナイスですね。
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 再入荷!!!!!!!!!!!!! Nosferatum - Gritos de Muerte CD (2018/02/09)
    20171224 - 14
    Nosferatum - Gritos de Muerte CD 1800円
    再入荷!!!!!!!!!!!!!
    ペルー NecroNauseA Records
    やられたーーーーー!!
    実はこれ、ずっとリリースを狙ってました。
    試みたこともあるんですが、ダメでした。
    ある信頼できるペルー筋からオリジナルデモを入手したものずいぶん前です。
    一発ノックアウトで、リリースを画策したんですが、その筋からたどってもメンバーを見つけられませんでした。
    metal-archivesにも近年まで掲載されずに、本当に謎だらけでした。
    いやー、しかし、93年のデモテープと同年のライブ音源、デモの前の92年のリハ音源もぶち込んで本国ペルーからいい感じでリリースされました。
    ちなみにHadezのAquelarreのオリジナル盤が93年です。
    もう、グダグダのダラダラ、一体どんなギターとベース使ってんの!?というチューニング具合、一回フレット全部抜いて斜めに打ち直してんじゃないでしょうか?
    もう、南米カルト・ノイズメタル、ど真ん中!!!
    どこをどう聴いても意味不明、1週間不眠不休で泡盛飲み続けたAtaque De Sonidoが演奏したようなデタラメ具合。
    そんでライブトラックは、皆さん腰抜かしますよ。どうやったらこんな音で録音出来るのかわかりません。
    よくこれを収録しましたね…….数キロ先の下水道の中のライブを家の排水溝から聴いてるみたいです。本当です。
    最後のリハ音源は、ライブ録音の後なのでまともに聴こえてしまうトリックですね。
    ただリハ音源の中の一曲はデモにも入っていない曲です。
    素晴らしい!!2017年のベストリリースの一つです!!
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!!!!!!! チリ便、Apocalyptic Productions!!!!!! (2018/02/05)
    20180205 - 7
    13th Temple - Southern Woods & Invernal Tombs CD 1500円
    チリ Apocalyptic Productions
    テープが2本出てるようですが、これは2017年1stフルアルバム。
    metal-archivesでは中途半端なデータベース追加になってるようで、収録時間が19分になってますが、本当は約47分あります。
    ゆったりとしたペースでエコー感大盛りのアトモスフェリックなブラックメタルだけど、こういう高い声でフェーーーー!!っていう裏返った声のボーカルのスタイル、なんて言うんでしたっけ?
    こう言うのが鬱系とかデプレシヴでしたっけ?そういうのは全くチェックしなくなったので、わからないし、もしかしたら違うかもしれません。
    まぁBurzumルーツなんだろうけど、ある時期以降、こういうボーカルスタイルのバンドはちょっとついてけないな〜と思ってしまっています。
    申し訳ありませんが、わかりませんっ!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180205 - 4
    Uttertomb - Necrocentrism - The Necrocentrist CD 1500円
    チリ Apocalyptic Productions
    これは2012年のNecrocentrismと追加1曲、計6曲をDM6スタジオで再録音したもののようです。
    2012年盤のNecrocentrismもまだ在庫ありますが、未チェックの方は両方内容いいのでどっちも抑えちゃいましょう!
    ドヘヴィでドス黒い南米デスメタルですが、ここまで凄いと南米とかあんまり関係無いかも?
    こういう感触のジャケットで、アメリカやヨーロッパからLPとCDが出て、シーンがザワッとしちゃうようなバンドと並べても全然遜色無いと思います。
    バンドの実力も当然だけど、レコーディングとかマスタリング、アートワークまで、本当に一つ一つが大事ですね。
    凄いです!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180205 - 3
    Rotten Tomb - Necropolis MCD 1300円
    チリ Apocalyptic Productions
    2017年ミニアルバムですが、これはまた凄い!
    メンバー3人のうち2人がAtomicideで、それはハズレのわけないですが、ベスチャルなやつじゃなくてドヘヴィでジリついた暗黒デスメタルです。
    わずかにNecros Christosを感じさせるリチュアル感、そしてそれを超えるデスメタル感、毎回こればっかりで申し訳ないですがやはりこれもチリシーンの充実を感じさせる一枚です。
    非常に乱暴な言い方をすると、Necros ChristosにEntombedのいい部分を叩きつけたような感じでっす!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180205 - 2
    Worship Death - Arise from the Cemetery MCD 1300円
    チリ Apocalyptic Productions
    2015年の1stデモに続く2017年の5曲入りミニアルバム。
    ギターの音がスウェディッシュデスみたいですが、このリバーブ感とかドス黒さは明らかにここ数年のチリの暗黒デスメタル群の感触です。
    ドロっとしてるというかネクロ感も有って、ロゴとかアートワークも合間って単純に何々みたいでは終わらない音楽性を持っています。
    速いパートが少ないので、さらに難解な気もしますが、決して難しいやつでは無いです。
    いや、全体を通して聴くと、少々ひねくれてるかも?
    直球1本では絶対ないな。
    今後のリリースもピッタリマークしていきたいところでっす!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180205 - 1
    Myst - Drowned in the Oneiric Depths MCD 1300円
    チリ Apocalyptic Productions
    2016年1stデモのCD化と言っていいのかな?
    デモと言ってもbandacampだけだったようです。
    他のバンドのアルバムから比べると録音はやはり少々スカスカで、これはこういう意図と言うよりも、本当にデモとして考えてたんでしょう。
    音質が悪いわけではないですが、比べちゃうと録音が甘いです。
    ジャケットのイラストが音のスタイルを表していますが、グルグルにのたうちまわる悪夢のようなブラックメタル地獄です。
    リフでどーん!ブラストでどーん!ではなく、腰を据えて練り上げて行く楽曲は中々の使い手と見ますよ。
    今後の作品も要マークでっす!
    @Metal-Archives

    20180205 - 6
    Violent Scum / Coffin Curse - Immersed in Cryptic Stench CD 1500円
    チリ/チリ Apocalyptic Productions
    Violent ScumはCommunion他の中々に気になるバンドの連中がやってるバンドで、ザラザラのブラック・デスメタル。
    スタイルとしての方向性は100点満点つけたいザラつき感。
    ボーカルも曲もかなりかっこいいです。
    こっからもっとガッチリまとまっていくなら凄いことになりそうだけど、このままいくならそれもよし。
    ボーカルのドスの効き方なんてジャパニーズハードコアか!っつーくらいです。
    この次にまたsplitが出てるようですが、単独作を期待しちゃいますね〜!
    続くCoffin Curseもいいですね。
    こっちはドラムがもうちょっと上手くて速いので、レイジング感有りですが、ボーカルが太い/低いのでスピード感よりも重量感有り。
    演奏や曲はブラック・デスラッシュ!と言った感じだけど、ボーカルの感触でレイジングなデスメタル感が強く感じます。
    Violent Scum@Metal-Archives
    Coffin Curse Facebook
    Coffin Curse@Metal-Archives

    20180205 - 5
    Putrid Evocation - Blackness Enshroud MCD 1300円
    チリ Apocalyptic Productions
    2014年のstアルバムはスペインのXtreem Musicから出てますが、これは2013年のミニアルバム。
    2013年盤と2016年リマスター盤が有るようですが、これは多分2016年盤でしょうね?
    すいません、そこはちょっとわかりません。
    ん?でも1曲目と2曲目の間に一瞬の音切れがあったり、なんか詰めが甘いぞ!
    でも、バンドとしてはこれは流石にXtreemがリリースしただけあって、がっつりかっこいいデスメタルですね。
    これはもう南米云々の前にアンダーグラウンドデスメタル好きは絶対聴いた方がいいでしょう。
    Nihilistのカバーもやってます。
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • カタログ+α的なフライヤー作って見ました! (2018/02/04)
    20180204s - 120180204s - 2

    壁に貼りやがれ、マザーファッカー!ちゅーことで、A3サイズのカタログとミニポスターのリバーシブルなフライヤーを作ってみました。
    ミニポスター面はお馴染み南米パラグアイのMaster Of Crueltyの最高すぎる2ndアルバムのジャケットとメンバー写真です。
    カタログ面は現在発売中のDeathrash Armageddonのリリースをどーん!と一覧にして見ました。
    結構大変でした。
    スペースの都合で掲載できなかったのはAngel of Damnation/Don Juan Matus split 7'とTシャツ、パッチ類です。
    その他は現在在庫の有るもの、全てジャケット写真が乗っています。
    A3サイズを2つ折りで納品してもらったので、CDだけのオーダーの場合は中々入れられませんので(笑)、ここはCD派は大人買い、またはLPや10インチなどをお買い上げと言うことでどうでせう?

    CDとかLPとかには、Deathrash Armageddonのロゴとカタログナンバーだけ入れて、住所とかURLとかできる限り入れないようにしてますが、今回はこうやって入れた方がビシッと決まるかな、と。
    ま、URLもメールアドレスも入ってないフライヤーってどうかと思いますが(笑)

    20180204s - 3
  • 新入荷&再入荷!!!! Utterly Somber Creations!!! (2018/02/01)
    20180201 - 1
    Oblivion Worship - Bestial Punishment CD 1500円
    アメリカ Utterly Somber Creations
    シカゴ・ブラックメタル、1stフルアルバムです!
    同名デモもありますが、これは別内容の1stフルアルバムということをしつこくレーベルに確認済みです(笑)。
    いきなりレイジングなブラスト+トレモロで、まさかノルウェー以降のようなブラックメタルか!?と思わせますが、感触としてはさすがシカゴ、もっとヘソの下に響くヘヴィネスを持ってます。
    ブラストでトレモロはやはりノルウェーのブラックメタルが確立したと言ってもいいと思いますが、ジャケットのこのゴートな感じのとーり、ベスチャルな感触大盛り、しかし演奏はウマいのでレイジングでドヘヴィ、そんでザラッザラです。
    やってることはシンプルに邪悪なエクストリームメタルなんですが、何々ブラックとか、何々デスみたいな混ぜ物感無しの真正ハイブリッド感大盛り!
    核がカッチカチに硬いんです。
    オススメ!!!!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180201 - 2
    Skull - Beer, Metal, Spikes CD 1500円
    コロンビア Utterly Somber Creations
    2005年1stですが、10年ぶり以上久しぶりの再入荷でしょうか!?
    漢臭く力でゴリ押しするダーティー・スラッシュで以前も結構な枚数が売れました。
    1st以降、デモとかsplitとかが多いのですが、正直全部押さえるのは少々しんどいですね(笑)
    流通のいいレーベルから出てくれると助かるんですが、南米のレーベルとかはやはり中々流通もよくないし。
    2000年以降の南米ダーティ・スラッシュの基本です。
    必ず棚に差しておきましょう。
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷&再入荷!!!!!!!! (2018/01/28)
    20180126 - 4
    Sulphurhaze / Omenfilth - Veneration of Cruel Lust CD 1500円
    アイルランド/フィリピン Putrid Cult
    Sulphurhazeはこれが1stリリースになるようですが、オリジナル3曲とMaster's Hammerのカバー1曲を収録。
    バンドのスタイルとしてはベスチャルな感触のボーカルが全体を引っ張るブラッケンド・デスラッシュと言った感じかな?
    Slayer/Destruction/Sarcofagoルーツなハイトーンも飛び出すし、速いパートはブラストだけど、凶悪スラッシュの核が有ります。
    フィリピンのOmenfilthは、Pathogen他のWillieさんのバンドです。
    オリジナルのスタジオトラック4曲、Mercyful Fateのカバー1曲、ライブ1曲を収録しています。
    邪悪なミッドテンポや、スピードを売りにするのではないブラスト、これはヤリますね。
    ざっくり言っちゃうとSamaelルーツを思いっきり打ち出したのがこのOmenfilthということなんでしょう。
    さらにギリシャのデスメタルバンド群の影響も色濃く感じられます。
    Pathogenもいいとこ突いてますが、このOmenfilthもかなりいいとこ突いてます。
    今後もかーなり期待出来そうでっす!!
    Sulphurhaze@Metal-Archives
    Omenfilth Bandcamp
    Omenfilth@Metal-Archives

    20180126 - 5
    Hell Patrol - From Ruins into Ashesm CD 1500円
    ポーランド Tales from Crematoria
    2016年1stアルバム。
    ヨーロッパというかポーランドのバンドのブルタリティみたいなヒリヒリする緊張感ありますが、ド頭1曲目、正直テロライザーを思わせるタイトなブラストと曲展開です。
    しかしもっと聴いていくと、それはアメリカのバンドの影響というよりも、先行するポーランドのバンド群、ドヘヴィで整合感のあるカオティックなスタイルを持つバンドの系列として語るべきバンドだということがわかりますね。
    正直そういうポーランドのバンドってちゃんと聴いてるわけではないので、名前を出すことは控えますが、これ、内容は中々ゴツイですよ。
    バンド名はAbigail系のブラックスラッシュバンドみたいだし、ジャケットはヨーロピアンだけど、内容はこれは極悪ですわー!
    このバンド名とかジャケの感じで反応しない人向けの内容だと思いますので、リンク先でぜひ聴いて見てください!
    Possessedのカバーやってます!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180126 - 1
    Cortege - Where the Watchers Are Imprisoned Part I CD 1500円
    ポーランド Tales from Crematoria
    すでにアルバムを2枚リリースしているポーランドのデスメタルバンドですが、これは2000年の1stデモと2001年の2ndデモをまとめた編集盤。
    デモ音源と聞くとそういうの期待しちゃうボクらですが、これは音が良くも悪くもなく、しかも速くないデスメタルです。
    曲とか演奏もよく練られてますが、ボロクソのを期待しちゃうと正直ダルいです(笑)
    2ndデモも同じ速くないデスメタルにもうちょっとテクニカルになっててやはりあんまり守備範囲とは言えませんが、ボーカルがかっこいいし、曲も演奏も悪くないんですよ。
    なのでズタズタ云々じゃなく、こう速くないデスメタルもちゃんと聴ける人には結構オススメ出来るバンドだと思います!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180126 - 3
    Incinerator - Rotten Flesh Macabre MCD 1200円
    ポーランド Putrid Cult
    2017年の5曲入りミニアルバムですが、ジャケットがまるで90年代初頭のような感触で、まぁもちろん狙ってるんだろうけど、メンバーのファッションや写真もバッチリそういう感じです。
    音の方はというと、これは21世紀の臭みのない、完全オールドスクールデスメタルでこれはイイっ!!!
    このミニアルバムの前に、これまた最高なジャケットでデモCD(-R?)が出てるようで、そっちも気になりますね〜!
    もうジャケットから想像するそのまんまのスタイルですので、おぉ!となったらチェックをおすすめいたします!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180126 - 2
    Abigail / Nocturnal Damnation - Sacrilegious Fornication Masscare... Filthy Desekrators! MCD 1000円
    日本/韓国-タイ Putrid Cult
    再入荷!!!!!!!
    各バンド2曲づつの計4曲約13分。
    ディスクに少々キズ有り
    Facebook
    @Metal-Archives
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • Nuclear War Now!便、CD編!! (2018/01/25)
  • Nuclear War Now!でどーん!今日はLP編! (2018/01/24)
    どれも説明不要ですね?

    20180124 - 4
    Abigail - The Final Damnation LP (レギュラー) 2300円
    日本 Nuclear War Now! Productions
    Abigail Facebook
    Abigail@Metal-Archives

    20180124 - 5
    Black Witchery - Desecration of the Holy Kingdom LP (レギュラー) 2300円
    アメリカ Nuclear War Now! Productions
    @Metal-Archives

    20180124 - 8
    Black Witchery - Upheaval of Satanic Might LP 2300円
    アメリカ Darkness Attack Records/Distributed by NWN
    @Metal-Archives

    20180124 - 10
    Black Witchery - Evil Shall Prevail 2枚組LP (レギュラー) 3000円
    アメリカ Nuclear War Now! Productions
    @Metal-Archives

    20180124 - 3
    Bombarder - Speed Kill LP 2300円
    ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラヴィア) Nuclear War Now! Productions
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180124 - 2
    Bombarder - Bez Milosti LP 2300円
    ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラヴィア) Nuclear War Now! Productions
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180124 - 11
    Death Worship - Extermination Mass MLP 2300円
    カナダ Nuclear War Now! Productions
    2ndプレスのレギュラー盤
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180124 - 7
    Demonomancy - Burnt Vitriol - A Relics Compendium LP 2300円
    イタリア Nuclear War Now! Productions
    限定250枚
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180124 - 6
    Perverted Ceremony - Sabbat of Behezael LP (ピンク・スプラッター盤) 2400円
    ベルギー Nuclear War Now! Productions
    ピンク・スプラッター盤
    @Metal-Archives

    20180124 - 1
    Perverted Ceremony - Perverted Ceremony MLP (レギュラー) 2300円
    ベルギー Nuclear War Now! Productions
    @Metal-Archives

    Wrathprayer / Force Of Darkness ‎- The Wrath Of Darkness LP (レギュラー) 2300円
    20180124 - 12
    チリ/チリ Nuclear War Now! Productions
    Wrathprayer@Metal-Archives
    Force Of Darkness@Metal-Archives

    20180124 - 9
    Sacrificio - Sacrificio MLP 2000円
    スペイン Iron Bonehead/Nuclear War Now! Productions
    再入荷!!
    Facebook
    @Metal-Archives


    ご注文はこちらからどうぞ!
  • Debemur Morti便到着!!!!! Archgoat!!!!!!!!!!!!!!!!!! (2018/01/20)
    この辺のアナログは正直日本にはあまり入ってこない上に、気づいたら売り切れなんてことも多いので、
    この機会にがっちりコレクションに加えてください!
    Archgoatは初期ももちろん素晴らしいのですが、順を追って聴くと圧倒的な深化に度肝抜かれますよー!
    Debemur Mortiのリリースはずっしり感が凄くて、これはいい仕事してますね。
    申し訳ないですが、このLPに関しては長い取り置きはご容赦下さい!

    20180120 - 1
    Archgoat ‎– Angelcunt (Tales Of Desecration) 片面LP 2800円
    フィンランド Debemur Morti Productions DMP0129
    デモに続きリリースされた実質的なデビュー作と呼んでいいでしょうか?
    オリジナルは93年にNecropolisからリリースされた大名盤です!
    ウォーブラックを聴くなら押さえとかないと支障が出ます。
    初期のArchgoatみたいと言っても、これ聴いてないとわかんないわけですから。
    BlasphemyとBeheritを足して2で割ったなんて言ったらあまりに単純な説明過ぎますが、音はまさにそう言う感じです。
    BeheritのThe Oath of Black Bloodにかなり近いですが、決してそこだけを見てるわけではないですね。
    このAngelcuntを仮に真ん中に置くと、Fallen Angel of Doomはやはり若干グラインドコアの影響が伺えるし、Beheritはよりドロリとしてるわけですから。
    原始的なのにハイブリッドなこのノイズメタルな感覚は完全必聴です!!!!!!!!!!!!!!!!
    カラービニールで、片面はロゴプリント、ブックレットは五寸釘フォトセッション満載!!!!!!!!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180120 - 4
    Archgoat ‎– Whore Of Bethlehem LP 2800円
    フィンランド Debemur Morti Productions DMP0119
    Angelcuntをミニアルバムだとするとこれが初のフルアルバムということになります!
    CDでは2006年、LPでは2007年が最初です。
    Deathrash ArmageddonでもCDはかなりの枚数を入れて大ベストセラーでした。
    Angelcuntではまだまだロウなノイズメタルでしたが、この辺りでは研ぎ澄まされた感覚すら出てきてますが、
    興味ない人からすると全く一緒に聞こえるでしょう。
    曲も演奏も先輩バンド群の影響だけでなく、Archgoat独自の部分も大きく育ってます。
    黒盤で、見開きジャケットにごっつい綴じ込みページが付いてる仕様でっす!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180120 - 3
    Archgoat ‎– The Light-Devouring Darkness LP 2800円
    フィンランド Debemur Morti Productions DMP0121
    前作Whore Of Bethlehem後、Black Witcheryとのツアー&split 2LPを経て作り上げたフルアルバムとしては2作目となる2009年の作品。
    基本が全く同じなので、もしかすると前作との差がわかりづらいかもしれませんが、前作からより洗練されるのではなく、よりこけおどしでは無いロウな感触への回帰、モダンな感触への拒否、もっとモダンなレコーディングやマスタリング技術に頼ることも容易だったはずなのに、この無骨さが重心を半歩下げて極悪感を増幅しています。
    ArchgoatはいきなりこのアルバムやThe Apocalyptic Triumphatorを聴くよりも、Angelcuntから順を追って聴いて欲しいなと思わせる素晴らしいアルバムです。
    クリア盤で、見開きジャケットにごっつい綴じ込みページが付いてる仕様でっす!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180120 - 6
    Archgoat ‎– The Apocalyptic Triumphator LP 2800円
    フィンランド Debemur Morti Productions DMP0117
    2015年、フルアルバムとしては目下最新作です。
    チリ盤のCDが入荷しててまだ在庫ありますが、このアルバムが本当に感動的なくらい素晴らしい!
    今回のこの機会に本当にAngelcuntから順を追ってこのアルバムを聴いて欲しいです!
    レコーディングテクノロジーやノイズってどんどん足し算して行きたくなるもんなんですが、ここにきてこれですよ!
    よくこんな絶妙な具合に仕上げてくれたもんです。
    以前と比べると呼吸も絶対に深くなってます。
    まあ安い言葉だけど、貫禄というのかな、何々みたいにしたいとか、何々みたいにならないようになんておそらくもう考えてないでしょう。
    研ぎ澄まされたある一つの完成形にも思えますが、今後どうなるのか楽しみですねー!
    クリア盤で、ジャケットデザインのポスターとブックレットが付いてる仕様でっす!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180120 - 5
    Satanic Warmaster / Archgoat ‎– Lux Satanae (Thirteen Hymns Of Finnish Devil Worship) LP 2800円
    フィンランド/フィンランド Hell's Headbangers HELLSMLP037
    レッドビニールでの入荷です。
    今回はArchgoatまとめて入荷というコンセプトなので、S.Warmasterの解説は短めでいいかな?と思ったりしましたが、これが出だしから強烈な極寒ブリザード具合で感動的です!
    これは引き込まれますよ〜!
    ま、S.Warmasterは当然いつもガリッとかっこいいんですが、今回はsplitの相手が相手なので相当気合入ってる印象です。
    片面だけですがその完成された世界観で、おそらく今までのS.Warmasterのリリースの中でもトップクラスのハイクオリティの音源では無いでしょうか?
    4曲のみですがIn the Nightside Eclipseに勝るとも劣らない凄さだと思います!
    S.Warmasterもそうなんですが、このsplitではArchgoatも過去作品の曲も再録音で、これはArchgoatの深化を探る非常に面白い機会です。
    最初期のArchgoatは先行したバンド群の影響というのがモロ見えで、そこにアイデンティティを見出しつつもオリジナリティはまだありませんでしたね。
    Archgoatに聞いてみたいな〜、オリジナリティって意識したことありますか?って。
    勝手な想像ではどこかで(最初から?)オリジナリティなんてどうでもいいと思ったんじゃないかな?
    ここまで完成されてArchgoatの独自色が出ても、オリジナリティという感じはしませんね。
    しかし、そこを切り捨てて得たものが独自色、オリジナリティたるものなのか?
    ま、ここでは独自色とオリジナリティというものを別としてる言葉遊びみたいなものですが。
    そこは考えたい人が勝手に考えて府に落とせばいいでしょう。
    何が言いたいかというと、とにかくArchgoatはAngelcuntから順を追って聴いて、今後も非常に楽しみだということでっす!!!!
    Satanic Warmaster Facebook
    Satanic Warmaster@Metal-Archives
    Archgoat Facebook
    Archgoat@Metal-Archives

    20180120 - 2
    Encoffination - Elegant Funerals For The Unknown Dead MLP 1800円
    アメリカ Debemur Morti Productions DMP0084
    本当に毎作品かっこいいんですよね〜、これは2012年発表の5曲入りミニアルバム。
    こういうドゥーム・デスというスタイルは、やはりここまでズルンズルンだといくらアンダーグラウンドと言っても、トレンドのトップを走るなんてことはあり得ないでしょう。
    聴く方も油断せずにしっかり押さえていきたいですね。
    Mournful Congregationみたいなのはもうクラシック音楽並みの凄さと聞きごたえがありますが、Encoffinationの場合はもっとデスメタルなのでこれは「浴びる」のが正解かと思います。
    歌詞がどうの、リフがどうのは研究したい人がやって、このバンドはまず「浴びる」だと思います。
    限定500枚!!
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 到着予定はあるんですが (2018/01/19)
    えー、あまり今度これ入荷します!みたいなのはやらないようにしてるんですが、ちょっとだけお知らせを。

    まず多数お問い合わせいただいているペルーのNosferatum CDの再入荷です。
    初回入荷は少ない枚数でしたが、再入荷手配しました!
    ある程度まとまった数で入りますので、枚数的には心配いらないと思います。
    ただ前回の入荷分よりちょっとだけ値上がりが避けられず、次回は1800円となってしまう予定です。
    2月になるかな〜?

    ある程度まとまったLP便も3便向かってるはずです。
    うち1便は本日到着予定だったのですが、成田で遅延が発生しているようです。
    問題なければ週末に届くかな?

    1便はお金は払ったけど、本当に来るのかいな?というやつです(笑)

    もう1便は送ったのか、まだ送ってないのか、随分時間かかるなぁというのがあります。
    これはもう届いてもおかしく無いんだけどなぁ〜。

    でも、すべて海外便ですから、届いたとしてもジャケットが抜けてたりクラッシュしてたり、頼んだのと全然違うのが入ってたりもするので、到着して開けて見るまで油断できませんョ。

    何が来るかって、結局はNosferatumしか名前出してませんね(笑)

    2017年は入荷が少なかったので、2018年はリリースもがっちりやりつつ、入荷も頑張りたいと思ってまっす。
  • 新入荷!!!!!!!! Fallen-Angels Productions便!!!! (2018/01/16)
    20180116 - 2
    Krigere Wolf - Infinite Cosmic Evocation CD 1500円
    イタリア Fallen-Angels Productions
    2016年3rdアルバム。
    2ndアルバムもまだ在庫有ります。
    1曲目の出だし、ほぉ〜、呼吸が深いですね。
    2ndアルバムよりも演奏とか曲も呼吸が深いです。バンドとしてはイタリアですが、ドイツやそれ以東を思い起こさせますね。
    北欧意識かもしれないけど、この頑固な姿勢は東欧ブラックメタルファン向けではないでしょうか?
    いいアルバムに仕上がってると思います!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180116 - 1
    Elffor - Malkhedant CD 1500円
    スペイン Fallen-Angels Productions
    2016年、アルバムとしては11作目となります。
    同じくFallen-AngelsリリースのCDが入荷してましたが(在庫有り!)、それは編集盤だったので、アルバムとしては初めて聴きました。
    こういうスタイルってなんて言うんだろうな〜、正直日本のアンダーグラウンドメタルシーンでこういうのってあんまり掘り下げてる人いなそうですけど、いかがでしょう?
    ただヨーロッパではこういうペイガンブラックメタルみたいなのは確実に根付いているし、バンドもどんどん出てくるので、やはり背景的なものを理解出来るとまた面白かったりするんでしょう。
    正直、この手のものにあまり興味のない人が、このバンドだけ、このアルバムだけ聴いて最高だ!と感じるものではないと思います。
    ま、そういうのは他のブラックメタルやアンダーグラウンドな音楽、文化も全部そうなんですが。
    こういうのがタマらん!と言う方、どうぞ!

    20180116 - 4
    Sabbat - Disembody CD 1500円
    日本 Fallen-Angels Productions
    オリジナルは93年発表の3rdアルバム!
    新装アートワークのFallen-Angels Productions盤!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180116 - 4
    Sabbat - The Dwelling CD 1500円
    日本 Fallen-Angels Productions
    オリジナルは96年発表の5thアルバム!
    新装アートワークのFallen-Angels Productions盤!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20180116 - 3
    Sabbat - Fetishism CD 1500円
    日本 Fallen-Angels Productions
    オリジナルは94年発表の4thアルバム!
    新装アートワークのFallen-Angels Productions盤!
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • メールが来ない?という場合 (2018/01/05)
    オーダーしたけど返信メールが来ません、というお問い合わせが続けて来てるので、もしオーダーや問い合わせしたけど、返信来てないという場合は、お手数ですが再度deathrasharmageddonあっとま〜くtiara.ocn.ne.jpまで直メールお願いいたします。

    去年までウェブストア経由でオーダーいただいた場合、ウェブストアからの通知メール返信するとお買い上げの方に返信できたんですが、ちょっと前からシステムが変わり、返信はダメで転送で返信しなければならなくなってしまいました。
    なので、以前はREでしたが、最近はFWでした。

    FC2もOCNも長年使ってますが、どうにも.....さらに送信先が携帯だったりフリーメールだとさらにエラーで安いようです。

    返信来てない、という方、恐れ入りますが一度迷惑メールフォルダをチェックしていただいて、アドレスをセーフリストに追加などの処置をお願いします。
    迷惑メールフォルダにも無いという場合は、お手数ですが上記アドレスにお願いします。

    お問い合わせいただいた方には、OCNアドレスやヤフーのアドレスから再送しています。
  • Deathrash Armageddonニューリリース!!!!!!!!! (2017/12/25)
    DA13-070.jpeg
    Miasma Death - Miasma Death 7' 1000円
    日本 Deathrash Armageddon DA13-070
    70g Heavy Weight

    2本のデモテープ発表後、新たに女性コーラスが加入し5人編成となった東京のブラック・メタルバンド「Miasma Death」の2曲入り7インチ。
    ドス黒いヘヴィネスのさらに深淵へと誘う輪廻の波音、地獄の底へと響き渡る。

    完成まで思ったよりも時間がかかってしまい、2017年、年末ギリギリにダメ押し決定打リリース!となりました。
    この作品はバンドの意図により、色々細かく説明出来ないので、非常に難しいのですが、とにかく「あれ?」と思ったら、それ全部確信犯です。
    例えば一つだけ言いますと、現物を手に取ってもらってもジャケットのどこが上なのか?となるのから始まって......あ〜、だからその先も言えないんですよ、現物を手にとって、聴いて、ぐるぐる迷子になってもらうしかないんです。
    でも、このズルズルべったりの遅重いブラックメタルですから、迷子になってるといつの間にか押しつぶされています。

    曲も演奏もいいのですが、ドラムのレコーディング具合が最高です。
    それをDeathrash Armageddonがお世話になりまくってる東京のサザンサウンドスタジオで、私(レーベルの中の人)とメンバーさん立会いで最終のマスタリング。
    それを重量盤7'に45回転なので、音、バッチリです。
    ハイエンドオーディオでの再生も受けて立とうではないかっ!

    ウォーベスチャルブラック本のインタビューでも言いましたが、正直日本のバンドのリリースには積極的ではありません。
    それでも今この7'をDeathrash Armageddonからリリースする意味をMiasma Death側と話し合って、ギリギリまで研ぎ澄まして完成させたつもりです。
    一人でも多くの人に聴いてほしい作品です!

    Miasma Death@Metal-Archives

    試聴

    DA13-069.jpg
    Glorification - Against all Adversity - A Hymn of Demonic Victory CD 1500円
    パラグアイ Deathrash Armageddon DA13-069

    南米パラグアイ、Atomic CurseやInfernal Commandなどのメンバーによるブラックメタルバンドの1stアルバム!
    Violent Attack、Atomic Curse、Master of Cruelty以降、パラグアイのアンダーグラウンド・デス/ブラックメタルは確実にアイデンティティを確率しつつあります。
    このバンドもMaster of Crueltyのような重さと深みを備えていますが、明らかなスラッシュメタルルーツと近年のチリのブラックデスラッシュバンド群のようなカオス渦巻く極悪感が独自の世界観を築いています。

    Glorification@Metal-Archives

    試聴(フルアルバム)

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 南米!! 南米!!! 南米!!!!!!!!!!!!!!!!!! (2017/12/24)
    20171224 - 14
    Nosferatum - Gritos de Muerte CD 1500円
    ペルー NecroNauseA Records
    やられたーーーーー!!
    実はこれ、ずっとリリースを狙ってました。
    試みたこともあるんですが、ダメでした。
    ある信頼できるペルー筋からオリジナルデモを入手したものずいぶん前です。
    一発ノックアウトで、リリースを画策したんですが、その筋からたどってもメンバーを見つけられませんでした。
    metal-archivesにも近年まで掲載されずに、本当に謎だらけでした。
    いやー、しかし、93年のデモテープと同年のライブ音源、デモの前の92年のリハ音源もぶち込んで本国ペルーからいい感じでリリースされました。
    ちなみにHadezのAquelarreのオリジナル盤が93年です。
    もう、グダグダのダラダラ、一体どんなギターとベース使ってんの!?というチューニング具合、一回フレット全部抜いて斜めに打ち直してんじゃないでしょうか?
    もう、南米カルト・ノイズメタル、ど真ん中!!!
    どこをどう聴いても意味不明、1週間不眠不休で泡盛飲み続けたAtaque De Sonidoが演奏したようなデタラメ具合。
    そんでライブトラックは、皆さん腰抜かしますよ。どうやったらこんな音で録音出来るのかわかりません。
    よくこれを収録しましたね…….数キロ先の下水道の中のライブを家の排水溝から聴いてるみたいです。本当です。
    最後のリハ音源は、ライブ録音の後なのでまともに聴こえてしまうトリックですね。
    ただリハ音源の中の一曲はデモにも入っていない曲です。
    素晴らしい!!2017年のベストリリースの一つです!!
    @Metal-Archives

    20171224 - 3
    SENTENCIA - HIERRO CD 1500円
    ペルー Sonidos Latentes Producciones
    ペルーのカルト80’sメタルだぜ!とのことで入荷して見ましたが、ちょっと解説というか整理が必要なようです。
    活動開始は87年、最初のデモテープは89年、この1stアルバムは91年で当時はカセットテープでのリリースだったようです。
    metal-archivesではこのレーベルのは2011年にCD-R、2014年にXaria Musicにデジパックとなっています。
    今回入荷のこれはおそらくここ1-2年のうちに作られたSonidos Latentes Producciones盤のプロCD/プラケース仕様となるんだと思います。
    このイカ臭いジャケットで想像するとーりのシケたトラディショナル・メタルで、もちろんスペイン語で歌ってまっす!
    腐れメタルシーンでこのバンドがどのくらいの知名度かわかりませんが、東欧でも南米でもドンと来い!という腐れメタルマニアは悶絶間違い無っし!!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20171224 - 2
    Diabolous666 / Grave Desecration / Putrid / Vlad - Impious Noise Massacre -4 way split CD 1500円
    ペルー/ペルー/ペルー/ペルー Pentagram Records
    まずはGrave Desecration、あれ?こんなにかっこよかったっけ?
    Deathrash Armageddonの共同リリースに参加したEvil Conquest World - The First Possession 7’にも入ってましたね。
    レイジングなブラックメタルで、これはかっこいいぞ!
    フルアルバムが楽しみですね〜!
    続くPutrid、これは勝手に情報流しちゃうと今フルアルバムを準備中との事です。
    中々にぶっきらぼうで野蛮なスタイルです。ひたすらゴリ押しです。
    3番手、Diabolous666はシンプルなんだけど何々っぽいというのがちょっと思いつかないな〜、でもこれも荒々しい野蛮なやつです。
    愛想もへったくれもありません。
    ラストはVlad。ここまで来ると完全に疲れ果てます。
    もう、そうですか、はい、としか言えません。
    その辺はさすがにPentagram Records。
    でも、最初のGrave Desecrationだけが頭二つ抜けてます。
    Diabolous666 Facebook
    Diabolous666@Metal-Archives
    Grave Desecration@Metal-Archives
    Putrid Facebook
    Putrid@Metal-Archives
    Vlad Facebook
    Vlad@Metal-Archives

    20171224 - 1
    Mentor / Morbid Hate / Tormented - Southamerican Zombie Squad Emerging From The Cold Graves 3way CD 1500円
    エクアドル/コロンビア/ペルー Pentagram Records/Ritos de Muerte Radio Extrema
    南米3カ国のsplit、いいコンセプトです。そういうの好きです。
    デスメタル3 wayスプリットです。
    Mentor Facebook
    Mentor@Metal-Archives
    Morbid Hate Facebook
    Morbid Hate@Metal-Archives
    Tormented Facebook
    Tormented@Metal-Archives

    20171224 - 9
    Orgy of Flies - Orgy of Flies CD 1500円
    ブラジル NecroNauseA Records
    2005年の1stアルバムと2003年のRehearsal Fuckin' Tapeデモを収録ということですが、1stアルバムっておそらく当時はテープだけなのかな?
    スタジオレコーディングのデモテープみたいな音質だけど、ちゃんとマスタリングしたらもっとアルバムっぽい音にならなかったもんかいな?
    このがっつりカッコいいロゴからわかるとーり、Autopsyに近い感触ですが、もうちょっとゲロゲロっとした腐った感じが有ります。
    NecrophagiaやAutopsyなんかの腐臭漂うアメリカン・ゴアデスメタル見たいのが好きならこれは絶対オススメ!
    保管がめんどくさいDVDトールケースサイズのブックレット付き。
    Orgy of Flies@Metal-Archives
    Ancestral Terror Facebook
    Ancestral Terror@Metal-Archives

    20171224 - 6
    Aphangak / Bloody Cross / Lugubria -Dialogus Scuros 3 way CD 1500円
    コロンビア/チリ/ペルー Dark Art Lugubrem Prod.
    極寒なのに非常に暑苦しいこういうのは、おそらくタマラン!っていう人が数人いますね?
    やるようでやらない、やらないようでやります。
    Lugubriaはこのイントロいるか?と思わせながらも次の曲でちゃんとそれが効いてて、思わずほー!となりますが、リズム隊が中々怪しかったりします。
    キーボードとか仰々しい曲調も極寒なのに暑苦しい!
    Aphangakは、まぁ後の方のエンペラーみたいなやつです。
    演奏も録音も中々かなと思わせても、所々かなり怪しい部分も多いです。油断するべからず。
    やっぱ本家は凄かったな〜というのと、今となっては少々時代を感じさせるな〜と思ってしまいます。
    Deathrash Armageddonをチェックしてくれてる人的にはBloody Crossがメインでしょうか?
    これはシンフォニックとかキーボード云々ではなく、何でこれに収録されてるのか疑問です。
    これはもう演奏バラバラのベスチャル・南米デスラッシュで、もうジャケットの感じと全然違います。
    でも、結構ちゃんとしたことやろうとしてるのかな?
    ゴリ押し一辺倒ではないけど、ムチャクチャなのでこういう仕上がりなのかも?
    重症の南米マニア向け。
    Aphangak Facebook
    Aphangak@Metal-Archives
    Bloody Cross Facebook
    Bloody Cross@Metal-Archives
    Lugubria Facebook
    Lugubria@Metal-Archives

    20171224 - 11
    Putrid/Lethal Infection -Morbid Chants from Southamerican Abyss CD 1500円
    ペルー/チリ Ritos de Muerte Radio Extrema/Espíritus Inmundos
    ペルーのPutridはこの音源でもやりたい放題、愛想も何もないバーバリック感。
    こういうのは90年代初頭ならグラインドと呼ばれてしまうような突進あるのみ。
    東南アジアとか南米とかのこういうの好きなんだよな〜という方、おそらく日本国内に2-3人いるはずです。
    Lethal Infectionはチリということで、聴く前から若干ハードルが上がりますね。
    metal-archives見ると、今はForgotten Cultと改名したようですが、新しい名前でのリリースはまだ内容です。
    ん〜、一連のチリの極悪バンドやハイクオリティバンドと比べちゃうと若干若い感じもしますが、それでもこれも今後要注目でしょう。
    ブラック・デスラッシュですが、所々SarcofagoのINRIを狙ってるのがわかります。
    ただしモノマネ系バンドではなく、そういった影響を独自のブラックデスラッシュに消化しようとしています。
    Putrid Facebook
    Putrid@Metal-Archives
    Lethal Infection Facebook
  • Coming Very Soon!! (2017/12/19)
    Coming Very Soon!!

    20171219 - 2 (1)
    20171219 - 1 (1)
  • 再入荷!!!!!!!!!! Bootlegzzz!!!! (2017/12/16)
    再入荷!!!!!!!!!! Bootlegzzz!!!!

    20171216 - 14
    Sarcofago - Nights In Hell CD 1600円
    ブラジル -
    再入荷!!!
    名作ブートが新装アートワークで再登場!!!!
    Terveet Kadetのカバーも飛び出す、爆裂極悪ライブ!!!!!
    @Metal-Archives

    20171216 - 13
    Slayer - Hell Awaits European Tour 1985 CD 1500円
    アメリカ -
    再入荷!!!なんだけど、あれ?
    いつの間にかアートワークが微妙に変わってる!
    これはブートですがメチャクチャにSlayerへの愛とリスペクトを感じさせる一枚ですね〜!
    バンド/メンバー写真とアルバムジャケットのコラージュが非常に美しいい表裏デザイン、写真コラージュのインナー、かなりの力作でっす!!
    そして内容ですが、85年の2ndアルバム、Hell Awaitsリリース後と思われるヨーロッパツアー音源で、激熱い内容!!!!
    1曲目はHell Awaitsなんですが、これはもう逆にArmagedomを感じるというか、それはArmagedomがパクリというか影響を受けた結果なんだけど、
    当然本家もものすんごい破壊力ですね。
    ここからは個人的な想いですが、Hell Awaitsの日本盤LPは私が音楽に目覚めて買ったレコードの中でも最初の数枚の一枚でした。
    地元の小さいデパートのレコードコーナーで、よりによってアレを選んだのは運命でしょうね。
    ミュージックライフか創刊したてのBURRN!でレビューを見てたような気もします。
    その後当然Show No MercyやらReign In Blood、さらにそれ以降のアルバムも聴く事になるんですが、個人的にスレイヤーのベストアルバムはHell Awaitsです。
    Show No Mercyと悩みますが、Reign In Bloodではないですね。
    Show No MercyはメタリカのKill em Allや、Bathoryの1stと共通点が多いですが、Hell Awaitsは今考えるとBathoryの2nd-3rdと並べてモダンブラックメタルの源流ひとつと考える事もできるんじゃないでしょーか?
    と言う事で、やっぱHell Awaitsかな〜?うんうん。
    ハンガリーTormentorとか、コロンビアやブラジルのカルトバンドなど、世界中のイカレたバンドのきっかけとなりとてつもない影響を与えたのはこれを聴くと非常にわかりやすいです。
    爆裂オススメ盤!!!!!!!!!!!!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20171216 - 11
    Impaled Nazarene / Beherit ‎- Day Of Darkness Festifall CD 1500円
    フィンランド/フィンランド His Master’s Boot
    これも何回再入荷したかわかんないと同時に、何回プレスされてるんでしょうか?
    このプレスが以前のものと同じかどうか調べるのもしんどいですが、Beheritマニアはそこはズビー!っと暗記&コンプリートしたいとこですね。
    いやー、しかし、Beheritですよ、とにかくカッコいい!
    Beheritに、そしてこの音源に震えないんて考えられない!
    万が一、Beheritを、もしくはこのBeheritの音源を聴いたことがない方、この機会に体験することを強くオススメいたしまっす!
    Impaled Nazarene Facebook
    Impaled Nazarene@Metal-Archives
    Beherit Facebook
    Beherit@Metal-Archives

    20171216 - 4
    Desecration - Damaged By Decibels - The Discography CD 1500円
    再入荷!!!
    Who’s In Control 12’、SubverseとのSplit LP曲、Damaged By Decibelsデモ、V.A./Metal Give Us A Headache…7’提供曲、V.A./The North Atlantic Noise Attack LP提供曲を一枚にブチ込んだナイスな編集盤。

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!!!!!! ブラジル!!!!!!!!!!!!!! (2017/12/14)
    20171214 - 8
    Whipstriker - Only Filth Will Prevail CD 1500円
    ブラジル PRC Music
    2016年3rdアルバム。
    2ndアルバムは1stよりもVenomやDischargeに寄ったダークな感じで、日本でも好評でしたが、そこからダラダラ引きづられないでこの3rdの音楽性を確立したのは非常に素晴らしい!
    このアルバムではやはり最初期から核の一つとして中心にある、MotorなメタルRock ’n’ Rollが全体を支配しています。
    しかし21世紀の今ですから、マンマのわけはないのです。
    ハードコアやスラッシュを通過したヒリつく緊張感とスピード感を兼ね備えたハイブリットになってます。
    Whipstriker Facebook
    Whipstriker@Metal-Archives

    20171214 - 5
    Whipstriker / Bastardizer - Strike Of The Bastard split CD 1500円
    ブラジル/オーストラリア Hells Vomit Productions
    最初期はGBHあたりの影もチラついてたけど、途中から明らかにVenomに寄って行きましたね。
    GBHもVenomも大好きだけど、この場合はVenomに寄って正解でしょう。
    ただVenomもPossessed LPとかそういうドライブ感の影響が強いですね〜!
    Bastardizerはジギジギ&チョロチョロのスラッシュがベースになってて、先入観もあるかもしんないけど、やはりちょっと近年のメタルパンクの感触があるかな?
    Dishammerって言ったらメンバーに怒られそうだけど、正直共通するものはかなり有ります。
    ただこっちはもっと鋼鉄感が強いです。あくまでメタルですね〜!
    BathoryのSacrificeもやってるので、その方向性が想像いただけると思います。
    Whipstriker Facebook
    Whipstriker@Metal-Archives
    Bastardizer Facebook
    Bastardizer@Metal-Archives

    20171214 - 7
    Ophicvs / Whipstriker - Satanic Army Split CD 1500円
    コロンビア/ブラジル Tribulacion Productions
    再入荷!!
    先行Whipstrikerは、初期のパンクっぽい路線よりもかなりVenomそっくりになってて、これはかっこいいです。
    しかもミドルテンポの曲からスタートするという風格すら出してきます。
    Dビートやパンクからの影響も非常にうまく消化していて、バンドとしてのアイデンティティが確立されてきています。
    このまま突き進んでもよし、さらに成長してもよし、この音源もいいし、今後のリリースも非常に楽しみですね。
    1曲良バンドのによるコラボレーション1曲を挟んで、続くOphicvsはLuceraとHammrのOphicvsさんの一人バンド。
    こっちは同じくVenomルーツと言っていいと思うけど、同じVenomルーツでもさらにそのMotorheadな部分を強調したスタイル。
    Lucera、Hammr、そしてこのOphicvs、どれもかっこいいですね。
    最後の1分強の曲なんかは、さらに思いっきり大爆発してて、ちょっと驚くのかっこよさです。
    どちらのバンドもVenomというルーツをしっかりと、独自で料理して消化しています。
    Whipstriker Facebook
    Whipstriker@Metal-Archives
    Ophicvs Facebook
    Ophicvs@Metal-Archives

    20171214 - 6
    Atomic Roar - Never Human Again CD 1500円
    ブラジル Hell Music/Bestial Invasion Records/Urubuz Records
    2017年3rdアルバム。
    このバンドの面白いのは、いわゆる怖い、暗いリフでの雰囲気作りで押すのではなく、黒光りするようなニヒリスティックな黙示録、世紀末感でしょうか?
    地味といえば地味ですが、いい酒とこういうのは後から効いてきます。
    Matal Mayhemみたいなキャッチーでフックの効いた曲は有りませんが、粒ぞろいの曲が並んで最後はスローでウェイビーなナンバーで締めるという確信犯。
    どうでしょう、もう次のアルバムは思い切ってBlitzのTelecommunicationとかSecond Empire Justiceみたいにしちゃっては!?
    でもですね、それいうとそれこそフランキー・ゴーズ・トゥ・ザ・ハリウッドみたいな話になって、そこからWarfareに戻るんですけどね〜!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20171214 - 4
    Kuld - Beyond the Black Spell CD 1500円
    ブラジル Tribulacion Prod
    Whipstriker他のブラジル・スラッシュメタル人脈によるブラックメタルバンドの1stアルバムです。
    ん?でも同じ2015年録音で同名のデモがあるけど、曲順が違ってこっちが曲数多いな…..
    ちょっと同じなのか、完全に別なのか不明ですが、バンドのfacebookでは1stアルバムって言ってます。
    トレモロリフや曲調はスラッシュではなくブラックメタル、中々の地下臭ですが、ボーカルがWhipstrikerのVictorのようなので、シケシケにはなってません。
    でもバンドの方向性としてはかなり渋いとこ突いてます。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20171214 - 3
    Diabolic Force - Praise of Satan CD 1500円
    ブラジル Mutilation Productions/Hell Music/Morbid Tales Records
    2017年2ndアルバム。
    そういえば前のアルバムとかミニってどうだったかな?と思い出せないまま今作を聴いてますが、あれ?こんなにドカドカしてましたっけ?
    かなり力でゴリ押ししますね〜!
    で、この音質、これはワザとかな?
    ワザとだとしたら、OnslaughtのPower From Hellみたいにしたかったんでしょう。
    あれ、前のはどんなだっけな?と思ったら、やっぱり過去音源もこれもコレクションに加えてたいところです。
    Facebook
    @Metal-Archives

    20171214 - 2
    Virgin's Vomit - Ancient Witchcraft CD 1500円
    ブラジル Mutilation Productions/Hell Music/Urubuz Records
    2015年1stアルバム。
    3人トリオのバンドですが、全員がAtomic Roar関連とその他にもお馴染みのブラジリアン・スラッシュメタルバンドに多く参加しています。
    しかし、このバンドはコンセプトが全然違って、もっとNecrophagiaをスピードアップさせたようなデスメタル/デスラッシュをやってます!
    各メンバー、色んなバンドを掛け持ちしても才能が枯渇しない人たちばかりですから、このバンドもリフとかドラムとかボーカルとかイチイチやります。
    そして、やはりスラッシュをちょっと聴いてスラッシュをやるんじゃなくて、トラディショナルメタルからずっと近年のものまで聴いて消化した上でやってるルーツの太さが伺えます!
    Facebook
    @Metal-Archives

    20171214 - 1
    Farscape - Primitive Blitzkrieg CD 1500円
    ブラジル Kill Again Records
    2013年3rdアルバム。
    2000年以降のブラジルアン・スラッシュの中でも頭一つ抜けてるバンドの一つでしょう。
    このバンドは吐き捨てボーカル+リフワークが気持ちイイんですよね〜!
    この2つの絡み具合が大きな魅力の一つだと思います。
    パリッとエッジの立ったスラッシュ・メタルが聴きない時に選びたい一枚でっす!
    Facebook
    @Metal-Archives

    ご注文はこちらからどうぞ!
  • 新入荷!!!!! Atomic Roar / The UnhaliGast - Rooaarrr from the Unholy Ghosts split 7'EP (2017/12/12)
  • 新入荷!!!!!!! Necrotomy CD!!!!! (2017/11/11)
    20171111 - 1
    Necrotomy - Inhuman Mankind CD 1500円
    ハンガリー Metal or Die Records
    91年にデモテープ1本を残して活動を停止したハンガリーのデスメタルバンド、Necrotomyのその唯一のデモテープをリマスタリングしてCD化したもの!
    まぁ、リマスタリングと言っても元がデモテープなので、感触は完全に昔のデモテープです。
    凶悪なボーカルと、スピードだけに頼らない楽曲やドラムは、個人的にはデモ期のParadise Lost辺りを思い起こしますが、こっちの方がもうちょっとストレートなデスメタルというか、叙情感は薄いです。
    しかし、もしこのバンドがデモの後も存続してリリースを重ねていたら、おそらく凄いアルバムを残したでしょう!
    正直速い部分では演奏も若干怪しかったりしますが、そういうのも含めて最高です。
    デスメタルでデモ音源、というのに反応しちゃう方には非常にオススメでっす!
    あー、タイムマシーンがあれば、当時のハンガリーに行ってスタジオでレコーディングさせちゃうんだけどなぁ〜!
    @Metal-Archives
  • 新入荷!!!!!!!! HADEZ!!!!!!!!!!! (2017/11/09)
    20171109 - 1
    20171109 - 2

    Hadez - Reh 27/10/89 7' 1500円
    ペルー Espiritus Inmundos
    デモ期のリハ音源とのことですが、89年ということで2ndデモであるAltar of Sacrificeと同年ということになります。
    Nuclear War Now!からのボックスセットと合わせてコレクションに加えておきたいところです。
    限定300枚!!
    Myspace
    @Metal-Archives