DEATHRASH ARMAGEDDON

ホーム > お知らせ
お知らせ
  • 新入荷!!!! LP!! LP!!! LP!!!!!! (2018/05/12)
    20180511 - 14
    Morbosidad - Corona De Epidemia LP (レギュラー盤) 2500円
    アメリカ  Nuclear War Now!
    5thアルバム!!
    レギュラーの黒盤での入荷です。
    最初期から順番に聴いてる方、もう感動的ですよー!
    3rd、4thあたりで完成された感というか、このバンドの黄金期という感じの最高級作品を出してくれましたが、この5thアルバムでさらにギュッと締まったヘヴィネスと鋼鉄感でっす!!
    個人的にはドラムの音、ボーカルの喉の使い方、キャッチー過ぎずにフックを効かせる楽曲など、オススメしたいポイント多数です。
    20年以上シーンの最前線で体張ってきた結果が見事に結実しています。
    完璧でっす!!
    @Metal-Archives

    20180511 - 16
    Grave Upheaval - 2nd Untitled Album 2枚組LP + Booklet (レギュラー盤) 3400円
    オーストラリア  Nuclear War Now!
    1stアルバムもタイトル無し、曲名無しでしたが、この2018年2ndアルバムもLPは2枚組のボリュームでアルバムタイトルも曲名も無し!
    徹底的に聴くものを試すかのような無慈悲ぶり。
    デスメタル、ブラックメタル、ドゥームデスというエクストリームミュージックの中でも最も黒いスタイルを3つ重ねたような、吸い込まれそうな黒さとヘヴィネスです。
    普通の意味での重さとか、叙情的とか、かっこよさとか、もうそういうレベルでは全くありません。
    真黒い虚無の空間に浮かぶようなこの凄さは、唯一無二。
    こういうのはコズミックな感触になったりもするんだけど、それも通り越して虚無の世界のようです。
    現行アンダーグラウンド・デス/ブラック・メタルの充実ぶりを示す一枚とも言えるでしょう。
    @Metal-Archives

    20180511 - 1
    Demoncy - Faustian Dawn LP (レギュラー盤) 2800円
    アメリカ  Nuclear War Now!
    93年の2ndデモの再発ということでいいのかな?
    オリジナルのテープは93年、その後一度あのSombreから限定でLPが出てましたが、これはリマスターして2017年にNWN!がLP化したもの。(CDは2016年)
    シャバシャバのチリチリ、シケシケで白塗りのいかにも90年代初期ブラックメタルですが、この狂気は何物にも代え難いですね。
    スラッシュメタルやデスメタルがオーバーグラウンドに毒され、それに対するアンチテーゼとしての徹底的なブラックメタル感が全体を支配しています。
    例えばビートダウンとかグルーヴメタルみたいなヘヴィネスとは正反対な「エクストリーム」のベクトルがこのシケシケという見方も出来ますよね。
    おそらく普通の人が聴いても、何が何だかさっぱりわからないでしょう。
    ノルウェーのバンドもエクストリームで革新的でしたが、こういう世代の本当に極端な音や姿勢のバンドが世界中にいて、それが今のシーンの充実ぶりにつながっていることが感じられる素晴らしいリイシューでっす!
    @Metal-Archives

    20180511 - 6
    Rites of Thy Degringolade - Totality LP 2500円
    カナダ Nuclear War Now!
    2ndアルバム(2001年)の2015年Nuclear War Now!からの再発盤LPで、限定250枚です!
    ザラッザラのデスメタルですが、ヘヴィメタル→スラッシュ→デスメタル→ブラックメタルというざっくりした流れがあるとすると、さらにその後のデスメタルとブラックメタルのハイブリッドなバンド群、そしてその中でもかなりストイックな求道者のような厳しさを感じられるバンドだと思います。
    大名盤の次作へと続くこのバンドの重要な軌跡です。
    @Metal-Archives

    20180511 - 15
    Toten - Dreary Proximity MLP 2200円
    アメリカ Nuclear War Now!
    レーベルもインフォメーションでPre-Profanaticaと言い切ってしまっていますが、Havohej、Profanatica、IncantationなどのPaul Ledneyと、Profanatica、The Royal Arch BlasphemeなどのJohn Gelso、そしてAlex Gabrielの3人による87-89年に活動したバンドのMisery demo(87年)とMacabre(88年)を収録したMLPです。
    そういえば以前出ていたToten / Contrivisti split CDのTotenのだけをアナログ化したということにもなりますね。
    個人的にはこういうのはNecrophagiaの影響を感じるんだけど、やっぱりもっと別の意味でイっちゃってるというか、Necrophagiaはゴア/ホラーだったのに対し、こっちはもっとサタニックで冒涜的、そしてブラックメタル的なんですよね〜。
    イギリスでもイタリアでも北欧でもない、アメリカ特有の狂気を凝縮したようなアイデンティティはこの頃からすでに完成されています。
    当然ですがVONなんかとも十分比較研究が必要です。
    @Metal-Archives

    20180511 - 3
    Harvest Gulgaltha - Altars of Devotion LP 2500円
    アメリカ Nuclear War Now!
    初回盤/250枚=カラー盤+パッチ+ステッカー
    2017年1stアルバムで、Necros Christosとかほどではないにしろ、若干リチュアルな感触のデスメタルですが、このバンドの武器はそこを覆うような狂気、SICK!な感触でしょう。
    おそらく何々みたいにというコンセプトではなく、自然な形でのメンバーの個性のぶつかり合いがこの特異なサウンドを生んでいるのでは?と聴こえます。
    1stアルバムでこういううまく形容のしようのない、しかもレベルの高い作品を作ったからには、次作への期待も高まってしまいます。
    他のショップやディストリビューション、ファンジンがどうレビューするのかも非常に興味深いです。
    聴くべし!
    @Metal-Archives

    20180511 - 12
    Howls of Ebb - Vigils of the 3rd Eye 2枚組LP (クリア盤) 3200円
    アメリカ  Nuclear War Now!
    2014年CDリリースだった1stアルバムの2枚組LP化でNuclear War Now!からです。
    ちょっとだけ聴いて、正直こういうのはな〜と思っちゃいましたが(笑)、聴いていくとその狂った世界にどんどん引き込まれていきます!
    こういうの、なんていうんでしょう?
    サイケデリックなアヴァンギャルドメタル?
    でも、ただ単に前衛的なメタルじゃなくて、明らかにデスメタルもブラックメタルも経過してる音だし、単にチキガイに憧れてるヌルいやつとも全然違います。
    これは凄まじいです。
    こういうのを2枚組のLPにしちゃうというのはNWN!のセンスと懐の深さですね、Deathrash Armageddonにはマネ出来ません。
    なんかアヴァンギャルドなやつか…..と思ったあなた!ここはNWN!のセンスを信じてみてもいいかもしれません!
    @Metal-Archives

    20180511 - 11
    Ill Omen - Æ.Thy.Rift LP (レギュラー盤) 2500円
    オーストラリア  Nuclear War Now!
    2016年3rdアルバム。
    一昔前はこういうのはアトモスフェリックとか鬱系みたいなのに向いてましたが、今はエクスペリメンタルというかよりアートな方向に向いている印象です。
    専門外のスタイルのため、勝手なことを言わせてもらえば、シンフォニックなブラックメタルがプログレ好きな人に聴かれたりするように、こういうのはもっとメタルファン以外にもアート的な方向の人にもチャレンジしてほしいバンドですね。
    まぁそんなこと言われなくても、例えばChaos EchoesとMas Gustafssonのコラボ作品がUtechから出たりしてるので、当然そうなってるんだとは思いますが。
    こういう枠にとらわれないスタイルというのは、どこまで核を維持しながら遠いところまで行けるか?という部分に尽きると思います。
    例えばこのアルバムの次のリリースはSlaughtbbathとのsplitなんて、超硬質な面を見せたりもしてますし。
    バンドの出方も、レーベルの出方も非常に興味深いところです。
    @Metal-Archives

    20180511 - 8
    Barbatos - Straight Metal War LP (カラー盤) 2500円
    日本 Hell’s Headbangers
    スタジオアルバムとしては5作目となる2015年作品。
    カラー盤での入荷です。
    Abigailの〜とか、内容は〜とか、説明不要ですよね?
    最初からケツまでとにかくゴキゲンなFurious Metal Punk Thrash!!!の連打でっす!
    こういうの聴かないと、ジジイになっちまうぜ!
    @Metal-Archives

    20180511 - 10
    Power From Hell - Devil's Whorehouse LP 2500円
    ブラジル Hell’s Headbangers
    2015年の5thアルバムですが、黒盤なので2016年の2ndプレス盤ということでいいかな?
    2015年の初回盤はカラー盤ですね?
    中心メンバーのSodomic以外のメンバーチェンジがちょこちょこありますが、相変わらずクオリティの高いアルバム出してきます。
    音質もいい具合に進化していますが、世間でいうハイクオリティなサウンドとは全く別です。
    Bathoryの1stとかScandinavian Metal AttackのBathory、Venom、Hellhammerとかそういうのが大好きなんだろうな〜。
    コンスタントなリリース、気合の入ったアートワーク、そして中身の充実、バンドのやる気が見えます。
    出来ればこれ以上デカいレーベルとかオーバーグラウンドに行かないで欲しいな〜。
    @Metal-Archives

    20180512 - 3
    Demontage - Fire of Iniquity LP 2500円
    アメリカ Belial's Basement Recordings
    未チェックのバンドでしたが、今調べたら2ndアルバムはShadow Kingdomから出てたんですね。
    これは2016年3rdアルバムのLPバージョンです。
    かなり硬質なブラック・ヘヴィメタルで、演奏というかボーカル以外はSabbatに通じるようなブラック・ヘヴィメタルですが、ギターリフのクセが中々強いです。
    ボーカルはザラついた絞り出すような声質で、これが全体の極悪感を引き上げています。
    SabbatやDavil Lee Rotあたりが好きな真性鋼鉄マニアはぜひ聴いて欲しいアルバムに仕上がってます!
    @Metal-Archives

    20180512 - 4
    V.A.(Master Of Cruelty / Fetid Zombie / Nocturnized / Vomit Church) - Sepulchral Voices LP 2000円
    パラグアイ/アメリカ/シンガポール/Int. Locust Amber Recordings/Morbid Visions/Razorbleed Productions
    Mark Riddickによるジャケットがかっこいいオムニバスで、限定250枚のLPのみのリリースだと思います。
    Deathrash Armageddonでお世話になったバンドばっかりで、Master of CrueltyとFetid ZombieはDeathrash Armageddonからアルバム出してますね。
    NocturnizedはBattlestormとDamned Eternalのメンバーによるバンドで、これも各2バンド、Deathrash Armageddonからリリースしています。
    Vomit Churchはギリシャとメキシコのインターナショナルなプロジェクトバンドですが、ギリシャ側からのメンバーは元Enshadowedですから、これも一応Deathrash Armageddonとして関係有りとさせていただきましょう。
    みなさん気になるのは、Master of Crueltyが何を収録しているのか?だと思いますが、これは1stデモから2曲抜粋での収録となっています。
    ジャケットからインナーまで、Mark Riddickの気合の入ったアートワーク大盛りです。
    Fetid Zombie@Metal-Archives
    Vomit Church@Metal-Archives