Evol - Dies Irae CD

  • クリックで画像を表示

イタリア Iron Goat Commando
ロゴは何度も見たことありますが、恥ずかしながら初めて聴きました。
ガリガリに90’sブラックメタルで、白塗りでがっちりキメてるし、キーボードの導入、シケシケな暗黒さ、どこを切ってもおっさんが号泣する要素ばかりです。
こんなシケシケなの、今の若者にはどう聴こえるんでしょうか?
もうRotting Christだ、Nebirosだの比じゃ有りません。
グダグダのシケシケ、スカスカのこの感じ、まさにカルトとしか言いようが有りません。
まぁ今初めて聴いた私が解説しなくても、反応する人はすでにビンビンでしょうけど(笑)
アルバムもこんな感じなんすかね?
Sighと共通する部分もかなり多く有ります。
Tracks 1 to 4 taken from demo tape I "The Tale Of The Horned King" 1993.
Tracks 5 to 9 taken from demo tape II "The Dark Dreamquest, Part I" 1994.
Tracks 10 and 11 are bonus Live tracks.
@Metal-Archives

1,600円

在庫あり
注文数:

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索