Sadomortuary - Consecrated in Rot & Blasphemy CD

  • クリックで画像を表示

イタリア Tenebrous Aberrations Prod
2019年のSadomortuaryデモ、2020年のFestering Evil Worshipデモ、2020年のRehearsal Abominationsデモを収録した編集盤
初めて聴いたバンドですが、これがバンド名とかから想像するとーりのスタイルで、先入観無しで聴いたら完全に南米かタイあたりのベスチャルブラックメタルにしか思えません
まず最初のデモは音質も若干こもり気味だし、スタイルや楽曲はいいけど少々もっさいけど、これがいいという病的な人も少なくないでしょう
2020年以降のは基本的には同じなんだけど、レコーディングの具合とおそらく演奏自体も少しアップデートされてるかな?
重さを増していて、あーこれは切れ味じゃなくてこういう重さとか鈍さを押して行った方がいいよね、というやつです
違うスタイルだけど、例えばデスメタルってテクニカルとかブルータルとかオールドスクールとか色々有りますよね?
このSadomortuaryはベスチャルブラックメタルとかウォーブラックメタルの中でも、デスメタルでいうところのCianide的な位置付けと言いますか、
例えばDeath Worshipみたいなカミソリエッジスタイルとは真逆になりますね
今後できればsplitとか連発するんじゃなくて、単独作品をやってみて欲しいなぁと思います
@Metal-Archives
Facebook


1,600円

在庫あり
注文数:

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索