Darkthrone - Goatlord CD

  • クリックで画像を表示

ノルウェー Peaceville
実はDarkthroneで一番好きな音源がこのGoatlordです
せっかくなのでおさらいしておくと、テクニカルデス期Soulside Journey(’91)、ブラックメタル期の3部作A bLaze in the Northern Sky ('92)、Under a Funeral Moon (’93)、Transilvanian Hunger (’94)を経て、Panzerfaust (’95)、Total Death (’96)の次にリリースされた本作ですが、実はSoulside Journey(’91)とA bLaze in the Northern Sky (’92)の間に録音され、94年にボーカルを加えて完成させたというもので、リフやドラム、曲展開は非常にテクニカルかつ難解なんですが、それと音質、そしてボーカルが合間って、とにかく邪悪!邪悪!!邪悪!!!
知ってる音源で最も邪悪なものは何?と聞かれれば、これとAbruptumのDödsapparaten (De Profundis Mors Vas Cousumet)と答えています
昔買ったCDで聴いていたので、ジャケット新装で再発と言われても特にビビッと来ていなかったんですが、このバージョンはボーナストラックが入ってるんですね!
ボーナストラックはA Blaze in the Northern Sky (曲)のインストバージョンで、おそらくこのGoatlordと同じ(頃)の録音なんでしょう
アルバムのバージョンとの違いに驚きますが、このボーナストラック聴いてから再度A Blaze in the Northern Sky(アルバム)を聴いてほしいなぁ!
感動というか、世界が暗黒に包まれる瞬間を目撃できるというか、ロード・オブ・カオス(本)とか読んでたら、こういうことか!と鳥肌間違い無しでっす!
@Metal-Archives
Facebook

1,600円

在庫あり
注文数:

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索