お知らせ

2024/01/13新入荷!!!! Nuclear Winter Records便!!!

20240113-1.jpg
Anticreation - From the Dust of Embers LP 3000円
ギリシャ Nuclear Winter Records
メンバーのNecro氏はBurial Hordes、Deathrash ArmageddonからのリリースもあったEnshadowed、the Plague、Vomit church、Merciless Crucifixionなどのメンバーでも有ります。
その辺のバンドはいつもチェックしていただいている方はいくつか持っていると思います。
2024年1月現在でこのバンド唯一となる2022年1stアルバムで、アメリカのSentient Ruin Laboratoriesとの共同リリースです。
内容はぶっちぎりのレイジングさと、サタニック/オカルト具合の驚異的なブレンド具合でこれは燃えますョ!
Dead Congregation、Irkallian Oracle、Portal、Pseudogod、Grave Miasma、Kryptsなどが好きな方、完全必聴です!
これはこれ以上やりすぎたら小難しくなってまた別次元に行っちゃうと思いますが、そういう小難しい要素は無しである時はレイジングに、
そしてある時はダルダルのドス黒い感触になるのが非常に高ポインツでっす!
@Metal-Archives



20240113-2.jpg
Cruciamentum - Convocation of Crawling Chaos 10"MLP (スワンプグリーン盤)  2300円
イギリス Nuclear Winter Records
1stアルバム以降はProfound Loreからのリリースとなり、日本でもデスメタルファンには結構な知名度だと思いますが、
これは2009年2ndデモ音源!!
デモ音源と言ってもレコーディングも演奏も世界観もこの頃から相当にガッチガチ!
出だし1発でこーれはもう素人不可の業務用、完全プロ仕様というのがわかりますわ(汗)
真っ黒でガッチガチのデス・ファッキン・メタルで、この2ndデモから1stアルバムまではドラムがGrave MiasmaのDBHさんなんですね!
Incantation、Grave Miasma、Dead Congregation、Dismaなどと比較研究したい完全死亡金属!!
@Metal-Archives



20240113-3.jpg
Dead Congregation - Graves of the Archangels LP 3000円
ギリシャ Nuclear Winter Records
2008年1stアルバム!
Nuclear Winter RecordsオーナーでもあるAnastasisさんのバンドで、人脈的にも90年代後半から2000年以降のギリシャのデスメタルのキーパーソン、キーとなるバンドと言ってもいいでしょう。
Incantation、Immolation、Cruciamentum、Grave Miasmaなどのような真性死亡金属!
@Metal-Archives



20240113-4.jpg
Dead Congregation - Purifying Consecrated Ground 10”MLP 2300円
ギリシャ Martyrdoom Productions/Nuclear Winter Records
Dead Congregationの最初のリリースとなる2005年の5曲入りミニアルバム、今回はNuclear Winter Recordsのサブレーベル、Martyrdoom Productions盤10インチで入荷!!
というのは確か前もCDで入荷していたし、なんと言ってもNuclear War Now!がLPというか12インチサイズで再発していましたので、
そっちでチェック済みの方も多いかもしれません
でも、なんと言っても内容がいいし、メンバー自身のレーベル、しかもギリシャ盤ということになるので非常にありがたみのあるアイテムとなっております。
2024年の今、改めてこの音源を聴くと、録音的には近年の作品の方が凄いけど、これくらいの方がアンダーグラウンド臭くていいという人もいるかな?
2000年以降のギリシャのデスメタル史の大切な1ページです。
@Metal-Archives



20240113-5.jpg
Embrace Of Thorns - Entropy Dynamics LP 3000円
ギリシャ Nuclear Winter Records
2022年6thアルバム!
今作からNWNやIron Boneheadではなく、Nuclear WinterからCDもLPもリリースされています
5thアルバムで驚異的な進化を遂げたEmbrace Of Thornsですが、5thの路線そのままに今作は若干レイジングさが増した感触です!
録音やマスタリングでのギミックに頼らずとも、ここまでの世界観で勝負出来るのは身を削ってやることやってる証拠ですね。
個人的に最も驚いたのはボーカルの表現力の凄さです。
前作であれだけ伸びたのに、まだ伸びますか!?
いやー、凄い、ちょっと凄すぎません?
初期のスタイルとは違いますが、こーれは本当に凄いです。
オススメ!
@Metal-Archives



20240113-7.jpg
Excarnated Entity - Stillborn in Ash 12”MLP (グレー盤) 2800円
Excarnated Entity - Stillborn in Ash 12”MLP (黒盤) 2800円
アメリカ Nuclear Winter Records
2019年1sでも音源!
各メンバー結構な数のバンドをやっているようですが、目につくのはTriumvir FoulやUnholy Crucifix、Mortiferumなどですね
さて内容はこりゃすげー!
レコーディングのテクニック的なものをちゃんとわかって世界観を作っていますね!
空間系の仕上げが絶妙です!
これでデモ扱いは非常に贅沢ですね!
ドゥームというかドゥーミーな感触のスロウパートを持ち味とするドヘヴィなデスメタルで、アンダーグラウンドデスメタルシーンの底深さとか充実ぶりを占める内容です。
体の奥底がザワザワするようなスロウパートと速くなる暴力的な対比が非常に素晴らしい!
@Metal-Archives



20240113-8.jpg
Excarnated Entity - Mass Grave Horizon LP 3000円
アメリカ Nuclear Winter Records
1stデモでのあの実力とアメリカということで、レーベルの選択肢はいくらでもあったと想像しますが、2023年1stアルバムはNuclear Winter Recordsからということで、バンドの意図が非常に明白です!
もちろん大まかなスタイルなどは1stデモと変わらず、録音はさすがに一皮向けていますが、デモでも全然十二分だったのでやはりデモから続けてこの1stアルバムを聴いてほしいですね
ドゥーミーなスロウパートとデモで表現しましたが、この1stの頭はまるでフューネラルドゥーム的スロウネスとメロディで、こーれはやられます!
そしてそこからはい、ちゃんとデスメタルパートになるんですが、これはデモよりも明らかに演奏、楽曲が重くなっていますね。
私の多様する呼吸が深くなっているという表現がぴったりくる進化具合です。
この進化具合、この完成度でNuclear winterというのがここで効いてくるんですね
いやー、ファストパートも相当シブいんですが、スロウパートが鬼のようにカッコイイバンドですね!
オススメ!
@Metal-Archives



20240113-9.jpg
Infester - Darkness Unveiled LP (レッドビニール) 3000円
Infester - Darkness Unveiled LP (スプラッター盤) 3000円
アメリカ Nuclear Winter Records
このバンドは非常に懐かしくて、当時レコード屋であのシングルをひどいジャケのレコードだなぁと思って見てた記憶があります。
あのシングルはMoribund Recの最初のリリースなんですね
しかもあのシングルはデモからの抜粋だということを今知りました。
ということでこのLPが92年のデモ音源をLP化したものなんですが、デモの4曲に加えて93年のリハ音源2曲を追加した仕様となっておりまっす!
ボーカルのゴアな感触、時々聴こえるベースのビビンとした感じ、ギターリフの絶妙なグルーヴ感、明らかに早すぎるバンドですね
ただし、もしこれが今、現在登場してきたらちょっと違う界隈のものになっているかも?と思います。
やはりあの時代の、カルトなデモ音源、いや一番重要なのは狙ってるんじゃなくて天然モノだということかな?
そこが非常にかっこいいところだし、こちらの守備範囲内になっている要因かな?
Incantationとかよりも個人的にはNecrophagiaあたりと並べて比較研究したい感触です。
@Metal-Archives



20240113-11.jpg
Mythos - Moulded in Clay 10”MLP (カラー盤) 2300円
Mythos - Moulded in Clay 10”MLP (黒盤) 2300円
フィンランド Nuclear Winter Records
1993年1stデモ音源のアナログ化!!
95年の1stアルバムも凄いですが、この93年のデモも相当凄いですよ!
完成度はもうこの頃から完全に出来上がってるんですが、デモはアルバムよりもザラっとした暴力的な感触が大盛り、
そしてブラックメタル的感触がちょっと上かな?
このバンドの出身であるOuluはフィンランド全体で見ると南北で言う真ん中だけど、ヘルシンキやタンペレから500-600kmくらいかな?
フィンランドという北国の中でも北部に位置する都市ですね
かなり独自の進化というか、結果、結構ストレートな音楽性なのに何にも似ていないという驚異的な進化を遂げたものか?と想像してしまいますね
ものすごーく強引な例えをするとThergothonを普通の速さのデスメタルにするとこんな感じになるんじゃないか?という印象も有ります。
覚悟して聴きたまえ、凄いぞっ!
@Metal-Archives



20240113-12.jpg
Pestilength - Basom Gryphos LP 3000円
スペイン Nuclear Winter Records/Sentient Ruin Laboratories
すいません、不勉強で今回の入荷で初めてチェックしてるんですが、Iron Bonheadからデモをリリースしたり、
自主でCD作ったり、あとはデジタルでの発表を結構しているんですね
それで最新作はDebemur Mortiですか?
ほー!
まずこの2022年の2ndアルバムですが、これがまた相当に一筋縄ではいかないやつで、これはなんと表現したらいいのでしょうか?
正直この手をガッツリ聴いているわけではないので、あれですが、私が聴くと近年のプログレッシブなデス/ブラック、コズミックでサイケデリックなデス/ブラックなどからそのプログレッシブな部分、コズミックでサイケデリックな部分を抜いたようなと言ったら何のことかわかりませんが(笑)、
大枠はデカくて深いブラックホールのようなブラックメタルというかこれはどっちかというとデスメタル寄りですね?
変拍子とか不協和音でそういった世界を積み上げていくタイプではなく、大枠はシンプルなんだけどスケールがデカくて普通の入れ物には入らないやつです。
ついでなのでDebemur Mortiから出てる次のアルバムもちょい聴きしてみましたが、そっちも相当ヤバそうです。
@Metal-Archives



20240113-13.jpg
Phrenelith - Chimaera LP 3000円
デンマーク Nuclear Winter Records
2021年2ndアルバム!
Undergang、Wormridden、Necrotなどのメンバーによるデスメタルバンドで、1stはMe SacoやDark Descentでしたがこの2ndはCDもアナログもNuclear Winterからとなっています!
この段階でもうこれ以上説明要らないっしょ?と思っちゃうくらい、以上の名前から想像出来るようなバシッとしたデスメタルで、
当然ガリッガリの仕上がり!
Incantation、Undergang、Hyperdontiaなどを思わせる完全に職人技デスメタル!!
@Metal-Archives

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索